<スポンサーリンク>

驚きのスプレッドでSBIFXトレードが新規参入:最低取引コストが特徴

新規参入のFX会社:SBIグループのFX会社が、最も狭い水準のスプレッドを引っ提げて登場です。

1ドル=1通貨の取引が、0.19銭で出来る上に、運営会社はSBIグループですから安心してFXができます。その後もスプレッドが狭くなり続けており、2013年3月時点ではドル/円0.1銭です。その特徴をお伝えします。

SBIFXトレードは、スプレッドが狭く業界最安値が最大の特徴

新規参入だけに、そのスプレッドが注目されていましたが、なんと、米ドル/円は0.19銭(原則固定)と、一番、狭いスプレッド(2012年5月)を提供していたFXブロードネットの0.3銭より狭いレベルで売買可能!

SBIFXトレードの0.29

こんなに狭くて会社に利益が出るのだろうかと心配になる程で、新規参入しただけに顧客をあっと驚かせました!私もびっくりしました。ただし、このスプレッドは、1万通貨の取引までです。ドル/円の1万通貨~5万通貨だと0.29=これでも充分狭い!

初心者もベテランも文句なくメイン口座に利用できるレベル!

次々に縮小し続けていますので最新のスプレッド一覧をご確認ください。

2013年9月現在、ドル/円のスプレッドは「0.29銭」です。2013年に為替相場が大きく乱高下したことで広がりました。


最大の特徴:ドル/円スプレッドは最強!(抜粋)

スプレッド基準表

2013年9月23日データ

※スプレッドは固定されたものではありません。市場の急変、及びその他外部要因により提示以外のスプレッドになることもあります。

なお、この一覧表を見るとスプレッドの特徴はすぐに分かります。なんと取引量が少ない方が、有利なスプレッドで取引が可能。

サービススタート時の0.19からは少し広がりましたが1万通貨以下のドル/円0.29はまだまだ狭い。さらにユーロ/円0.69、豪ドル/円0.99の狭さはもちろん、5万通貨以下は特に他社よりも有利です。

メリット多数のSBIFXトレード:口座開設は、下記バナーをクリック!

SBIFXトレード

SBIFXトレードの特徴とメリット一覧

SBIFXトレードの主な特徴

5つのメリットをご紹介します。

特徴1. スプレッドが業界最狭水準

最大の特徴としてスプレッドの狭さを紹介しましたが、少額取引において、このスプレッドは驚異的です。 毎月のようにSBIFXトレードは縮小し続けています。

他のFX会社は、大口顧客に対してキャッシュバックキャンペーンなどで、優遇することが多いのですが、SBIFXトレードは逆に取引額の少ないお客様を優遇したサービスになっています。

なぜ、ここまでスプレッドを縮小できる理由について、考察してみました。

特徴2. 日本初、提示レートが小数点以下4桁表示

これも大きな特徴の一つ。当初、FXで提供していたレートは、少数点以下が2桁でした。スプレッド競争が激化するにつれ、三桁が標準となりましたが、ついに4桁表示。ただし慣れるまでは少し為替変動の感覚が狂うかも。

三桁標準の理由:ドル/円スプレッドが、1銭以下になると2桁では表示しきれないためとわずかな為替変動を敏感に反映するために三桁になりました。

四桁表示の実際例
ドル円レート ユーロ円レート

特徴3. 1ドルからの取引

スプレッドの設定から、少額取引を優遇していることが分かりますが、SBIFXトレードは、1ドル(1通貨単位)からの取引が可能です。

実際に1ドルの取引を体験してみました。

デモトレードはありませんが、1ドルから取引できれば問題はありませんね。1万ドルだと約100万円の取引になりますが1ドルだと約100円です。

最低取引単位を千~1万ドル(通貨単位)に設定している会社が多い中、少額取引は、SBIFXトレードが一番です。

特徴4.未成年・学生でも取引可能(満18歳以上)

FXトレードは、投機的要素が強いことから、成人している20歳以上から口座開設可能と未成年者の取引不可のFX会社が多いのですが、SBIFXトレードは、満18歳以上から取引可能です。(約125万のポジション上限)

特徴5. 使いやすい取引画面

国内外金融機関で経験を積んできた為替ディーラーがデザインを担当、正真正銘のプロ仕様。真剣に為替と向き合ってきたプロフェッショナルがデザインしました。長く付き合う取引システムだからこそ、真剣に選んで欲しい、そんな想いがこもっています。

SBIFXトレードの取引システムと特徴

出典:SBIFXトレード株式会社

この辺にも新規参入会社が、他社のトレードシステムを徹底的に研究した上で「絶対に勝つ」「インパクトを与える」という点が見えてきます。

SBIFXトレード株式会社とは

北尾吉孝氏率いるSBIホールディングスのグループ会社です。 グループ内には、SBI証券・住信SBIネット銀行・SBIリクィディティ・マーケットなどの金融関連会社を持っています。

もともと、SBIリクィディティ・マーケットで、外国為替証拠金取引のマーケットメイクやシステム開発を行っており、このSBIリクィディティ・マーケットの100%子会社としてFXをスタートしています。

新規参入企業とはいえ、十分な資本力とサービス・経験を積んだ会社と言えるでしょう。代表取締役社長は尾崎文紀氏。

おススメの理由

何と言っても、少額取引でのスプレッドの狭さには驚き。

スペックの特徴として、1ドルからの取引、18歳~口座開設可能と5万通貨以下のお取引が中心の方に最適のFX会社です。

SBIFXトレードの口座開設は、下記のバナーをクリックすると開く公式ページからお申込みできます。

SBIFXトレード

口座開設キャンペーン!

SBI FXトレード オープニングキャンペーンといたしまして、7月31日のニューヨーク・クローズ時間(日本時間8月1日 5時30分)までのお取引を累計して100万通貨(南アフリカランド/円については1,000万通貨)のお取引(反対売買含む)をされたお客様に対し、8月末頃にお取引口座に5,000円をキャッシュバックいたします。
対象者:5月30日~6月15日23時59分までに口座開設をされた方
SBIFXトレード株式会社

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ