「日足のペンタゴン分析」の記事一覧

<スポンサーリンク>

米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフランなどの通貨ペアに関する情報。

2019年7月8日週の米ドル/円分析:米6月雇用統計後のドル買いが続くのか?

米国の6月雇用統計は、非農業部門雇用者数が、+22.4万人増と予想以上の伸び。時給は、前月比+0.2%、前年同月比3.1%増と前月比はやや弱く前年比は強い。


G20&米中首脳会談で協議継続:2019年7月1日週の米ドル/円予想

G20は終了。中国国営新華社通信は、米中首脳会談で、協議継続を合意。米国は中国からの輸入品に対して新たな関税をかけず、具体的な内容について協議していくとのこと。


2019年6月24日週の米ドル/円予想:日米欧の緩和競争始まる

米ドル/円は、FRBの利下げ路線から、ドル安・円高トレンド。

FRBとECBの緩和競争が起きる中で、日銀が何らかの手を打ち出せるかどうかに注目が集まります。何もできない場合は、さらなる円高進行の可能性あり。


2019年6月17日週の米ドル/円予想分析:FOMC&G20での米中首脳会談待ち

米ドル/円は、レンジ相場の動き。

FOMCが、18-19日に開催される予定のFOMCは、利下げへの地ならし。7月に利下げがメインシナリオ。


2019年6月10日週の米ドル/円相場分析:メキシコ関税の停止で反発に期待

米ドル/円は、5月の雇用統計で、非農業部門雇用者数前月比7.5万人増加。予想は、18.5万人増加だったため、大幅悪化。

FRBの早期利下げ観測から、円買い/米ドル売り。米10年債利回りは、2.0517%前後まで低下する場面あり。


2019年6月3-7日の米ドル/円予想:タリフマンのメキシコ関税で暴落!

今週は、トランプ大統領のメキシコ関税引上げ問題で、一気にリスクオフ。株価は大幅に下がり、債券は大幅に買われて、米10年債利回りは、2.14%台に低下。米ドル/円は、108.26円へと下落。今までのサポートだった109.15~20円を大きくブレイク。


2019年5月27日週の米ドル/円予想:流れはリスクオフで円高方面

先週(5/20)の米ドル/円は、ファーウェイ問題を含む米中貿易問題に大きく振り回されました。当初、ファーウェイ向け禁輸措置を3ヶ月間(8/19)猶予するとの報道で、米ドル/円は上昇。そして、110円台後半からは下落へと変化。


2019年5月19日週の米ドル/円分析:1-3月期の日本GDP速報値や欧州議会選挙が材料

5月13日の109円を底に反発している米ドル/円。下落を続ける他通貨という動き。

欧州議会選挙や日本のGDP速報値に注目が集まります。


2019年5月12日週の米ドル/円分析:米中貿易交渉の行方は?

米中貿易交渉は、2000億ドル相当の関税引上げを実施。さらに、トランプ大統領は、3250億ドル相当の中国製品への追加関税発動を準備。

ライトハイザー米通商代表部&ムニューシン財務長官の劉鶴・中国副首相との会談は、建設的だったとの評価。


サイドメニュー1

GMOクリック証券のFXネオ

GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ