「SBIFXトレード」の記事一覧

SBIFXトレードのスプレッドは業界ナンバーワン。取引量の多いトレーダー向き。

人工知能(AI)によるFXのカスタマーサポートをSBIグル―プが2017年5月から開始予定

人工知能(AI)の活用に時代は沸いています。その中で、SBIリクイディティ・マーケット&SBIFXトレードそして日本マイクロソフトは、AIによるカスタマーサポートを2017年5月から始める予定です。

FXは24時間取引ですから、カスタマーサポートも24時間してくれた方が便利。

しかし、人件費そして実際の問い合わせ件数を考えると夜間は省力化したいと経営側は考えます。その点、人工知能をカスタマーサポートに使えるといいですね!

AIによるFXカスタマーサポート

FXカスタマーサポート

SBIFXトレードでの顧客問い合わせは多岐にわたるはず。FXそのものやどうすれば勝てるかというノウハウ、トレードシステムの操作やFXの勉強方法。

それらの質問に有人で対応するのも大変ですし、教育コストもかかります。そこで、ディープラーニング機能を搭載したチャットボットで、問い合わせにリアルタイム対応することを目的とするとのこと。

まず、お客様からの為替や取引に関する定型的な質問回答を行い、いずれは、個別口座・取引状況を理解して対応できるレベルを目指します。

さらに、将来的には、FX取引のリスク管理やトレードにAIを活用していきたい方向とのこと。この取引に活かせるレベルまで進むのは期待大。

SBI&マイクロソフトのプレスリリースでは、両建の必要証拠金をチャットで質問して、AIが回答する事例を示しています。

このレベルであれば、すぐに実装できるのではないでしょうか。その内容をヒトが監視しておき、問合せと回答がチグハグな場合に人が出ていけばOKですからね。一社が導入すれば、夜間のカスタマーサポートに悩む各社がこぞって導入しそうです。

ソフトバンクのAIロボット「ペッパー君」は、2016年3月時点で1万台を超える販売台数。これから、カスタマーサービスの分野にAIがどんどん進出してくるでしょう。

その分、人の仕事が減る訳ですが・・・カスタマサポートの仕事が減る分、顧客サービス・情報サポート・教育・売買方法開発などに力を注いでいただきたいと思います!


トルコリラ・韓国ウォン・香港ドルなど通貨ペアを大幅増加したSBIFXトレード

あのSBIFXトレードがやりました。一気に通貨ペアを12から26と倍以上に増やす英断。

その中には、トルコリラ・韓国ウォン・香港ドルなどのマイナーな通貨ペアも含まれています。トルコリラはスワップポイントが高いので、日本のFXトレーダーに人気の通貨。

そして、ユーロ/ポンド、ユーロ/スイスフランなど、玄人筋で人気の通貨ペアも登場。ご存じ、英国はブレグジットでEUを離脱・・・そして、EUは、ドイツと他国の経済格差からユーロの将来性が危ぶまれています。ということは、FXで売買するチャンスが増えるということ。2017年は、EUで選挙が相次ぎますから、その前に、ユーロ関係の通貨ペアを増やしてくれたのかもしれません。


初期設定の注文数量を頻繁に売買する通貨単位に固定する方法

毎回、同じ取引数量で注文を出すので、先に注文数量を固定して設定しておきたいと思いませんか?

FXトレードに慣れてくれば、少しでも早く注文を出したい場面が訪れます。いつも5万通貨単位でトレードしていれば、その度に注文数量を設定しなおすよりも、デフォルトの注文数量を5万通貨にしておきたい。

デフォルトの注文数量を自分の好きな数量に固定しておくことは簡単にできます。

私の良く使うSBIFXトレードを例に出して設定方法を解説しておきます。


スピードクライミングワールドチャンピオン「ダニエル・ボルディヤフ選手」のサイン入り色紙

SBIFXトレードのキャンペーンは、スピードクライミングワールドチャンピオン【ダニエル・ボルディヤフ選手】のサイン入り色紙。

第一回はユーロ/ドルを取引すればOKとキャンペーン条件は簡単。色紙は抽選で毎月2名様。取引量が多いお客様1名はサイン入りシューズが貰えます。

スピードクライミングワールドチャンピオンキャンペーン

FXとはあまり関係のないスピードクライミングですが、約定スピードの速さ・確実さをCMで訴えたいのでしょう。


3周年記念でユーロ/ドルのスプレッドを縮小

スプレッド最狭にチャレンジし続けるSBIFXトレードは、3周年を記念して、ユーロ/ドルのスプレッドを縮小しました。

これまで、ギリシャ問題も絡みユーロの弱さが目立っていましたが、デフレが落ち着く傾向を見せていることもあり、ユーロ安の流れが変わってくるかも。そのタイミングでスプレッド縮小は面白い試み。

ユーロ/ドルを0.59pipsから0.55に変更

ユーロ/ドルのスプレッド

ユーロドルのスプレッド


SBIFXトレードの複数チャート表示は画面保存と呼び出しをワンクリックで可能!

プロやセミプロのFXトレーダーは、複数の時間軸・通貨ペアのチャートを表示します。SBIFXトレードで複数チャートを表示するための方法を簡単にお伝えします。

●SBIFXトレードで4分割してチャートを表示した画像

さまざまな時間足チャートを表示

ドル/円チャートを4分割して表示。一つの時間足だけでなく複数を同時に見ることで相場観の偏りが無くなります。長めの時間で大まかなトレンドを決めて細かな時間足で実際のトレードを行う方法がプロトレーダーの技法。

SBIFXトレードをはじめ多くのFX会社はスプレッドやスワップポイントの良さだけではなく、チャートの使いやすさを競っています。実際に為替差益を上手に得られるかどうかはチャートの利便性にもかかってきますから。

なお、一台のモニタでは、複数表示すると小さくて見難いため複数のパソコンやマルチモニタを利用する方がほとんど。


中国の通貨、SBIFXトレードが人民元/円を12月16日から取引開始予定

人民元を取引したいと考えている人に新しいニュースです。SBIFXトレードが2013年12月16日からサービス開始予定

SBIFXトレードが人民元/円(CNH/JPY)の取引を開始!

  • 人民元を1通貨単位から取引可能!
  • ワンショット(1回あたりの注文数量)最大1,000万通貨単位まで!

の人民元(CNH)は、中国本土外で取引できる人民元です。
人民元には、中国本土でのみ取引可能なオンショア人民元(CNY)と中国本土外で取引されるオフショア人民元(CNH)があります。

SBIFXトレードが提供するCNHは、香港市場で取引されておりFX会社を通して自由に取引できます。

嬉しいのは、人民元も他の通貨と同様に最低取引単位が1通貨から

スプレッドやスワップポイントはこれから発表とのこと


為替相場の混乱でスプレッドがSBIFXトレードで0.29銭に広がるも再び縮小開始

一時、0.1銭までドル/円のスプレッドを縮小していたSBIFXトレードですが、金融市場が2013年の春以降に混乱したため、残念ながら2013年7月16日(火)6時より、スプレッドを変更(拡大)しています。

ドル/円は、0.1銭⇒0.29銭に広がることになりました。

しかし、2013年10月7日からまたもドル/円のスプレッド縮小スタートです。

SBIFXトレードのスプレッド

SBIFXトレード


テクニカル分析の具体的なデータ表示が便利なSBIFXトレードのチャート

いくらスプレッドが狭くても操作性が低くて取引に時間がかかったりしては利用しにくいもの。その点、SBIFXトレードは心配ありません。見やすい配色のSBIFXトレードチャートの特徴を見ておきましょう。

●ユーロ/ドルチャート

配色が見易い

。得意分野はスプレッドの狭さだけではなくチャートも使いやすくおススメです。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ