「FXトレードのノウハウ」の記事一覧

<スポンサーリンク>

利益を出す・勝つためには、ファンダメンタル・テクニカルなど、FXトレードならではのノウハウが必要。全部を知る必要はありませんので、得意技を徹底的に磨きましょう。

QUICK提供のドル/円建玉情報でFX投資家のポジションを確認

QUICKは、店頭FX・くりっく365(取引所FX)・CME日本円通貨先物「米ドル/円」建玉状況を公開中。これによって、FX市場の参加者が、マーケットをどう見ているかが分かります。

FXは、株式のように出来高が正式に公表されないため、リアルタイムでの分析はできません。

QUICKのドル/円建玉情報:FX&通貨先物

FX&通貨先物の建玉情報は以下の通り

●店頭FXのポジション状況

  • 店頭FXは大手8社
  • 前週末時点の売り建玉・買い建玉
  • 毎週第二営業日

●くりっく365(東京金融取引所のFX)

  • 前週火曜日終了時の売買別建玉
  • 毎週火曜日

●CME日本円通貨先物

  • シカゴマーカンタイル取引所の通貨先物
  • 米国東部時間・火曜日時点の投機筋持ち高
  • 毎週金曜日

店頭FXだけでなく、くりっく365及びCMEの通貨先物の建玉も見ることができます。

ドル/円建玉情報でFX相場の何が分かる

必ずしも、建玉情報で相場の先行きが予想できるわけではありません。しかし、日米のFX投機家が、米ドル/円の動向に対して強気・弱気のどちらを向いているのかを把握することができます。また、投機筋の場合、ポジションがどちらか一方に傾くと、反対売買によって決済する必要が生じます。

特に、相場の方向性と投機筋ポジションの偏りが反対方向だと、含み損を解消するために決済する動きがどこかで出てきます。そうなると、FX相場に大きな影響を与えて、トレンドを加速させる傾向を持ちます。

FXで投機筋の買いは決済

FXの建玉状況と特徴

◆ポジションの偏りが大きくなりすぎると反対に動きやすい:(例)ドル買いポジションが多くなり、決済の売りが出てドル安に動く

◆ポジションの偏り具合と相場の動きが逆方向が長く続くと決済売りが出る

◆急激にポジションの偏りが解消すると、相場の動きが反転しやすい:どこで反転するかは分かりません。スクエア(ポジションゼロ)まで戻るか、それまでに反転するか

◆ポジションの偏りがない場合、FX市場は中立でどちらにも動きやすい

◆日本のFX投資家はスワップポイントを重視するので、スワップポイントを貰えるポジションに偏りやすい

欠点は、上記に情報を集計するタイミングを記載している通り、リアルタイムの情報でないこと。ゆえに、短期売買の予想には役立たず、中長期的な展望向けの情報であること。

投機筋の建玉状況は、参考として、FXのファンダメンタルズ状況もあわせて確認してくださいね。


オプションのNYカットとは:FXのニュースやオーダー情報に登場。

FXのニュースやオーダー情報に登場する「NYオプションカット」。通貨オプションの権利行使の最終締め切り時間(権利行使期限)のこと。FXを取引する上で、意識しておいた方が良い言葉です。


FXで勝つために最も大事なのは売買を我慢すること

FXで勝ち利益を上げるために、最も大事なのは、トレードテクニックやマネーマネジメントではなく【我慢すること】。

これが出来ないと、幾ら良いトレードテクニックやノウハウを手に入れても水の泡。あっという間に投資資金を食いつぶすことになってしまいます。

私もFXを始める前は、売買せずに我慢することなんて簡単だと思っていました。でもね、これが意外に難しいんですよ。ついつい熱くなって売買するのが人間の性。


悪いニュースは買い、良いニュースは売る。という逆張り的なトレードスタイルを身に付けよう

悪いニュースで買い・良いニュースで売る。FXトレードをはじめて。毎日の市況をチエックしていると、いいニュースと悪いニュースが周期的にくるくると動いているように感じませんか。

悪いニュースが出た時に売り、良いニュースが出た時に買いというトレードスタイルで売買していると、為替相場が上がったところで買い、下がったところで売りという損ばかりするパターンにはまりがち。

ニュースが出た瞬間に誰よりも早く買うのは絶対無理。銀行やファンドの一部は、10億分の1秒というわずかな時間差を利用する超高速取引(HFT=High Frequency Trading)に取り組んで売買しています。

世界中で取引できるインターネットに、取引所や取引相手の立地にあわせて、より近い場所にサーバーを置き、時間差を利用して、荒稼ぎするファンドのトレードを名著「フラッシュボーイズ」で解明。

そんな相手とスピードを競い合うよりも、人の裏に花の道ありで売買する方がFXで成功する確率は高いでしょう。


ゴトー日の仲値前は米ドル上昇しやすい!?FXで数十銭を狙うタイミング

ゴトー日&仲値にドル買いが起きやすいことを利用して数pipsを稼ぐFXのゴトー日トレードというテクニックがあります。

5と10が付く5日や10日は、企業の支払い・資金の受け渡し日で為替の実需が生じやすい日。

お金の支払いが多い日

企業で実際に入出金するときに、1件1件バラバラにしているとお金の管理や手続きが面倒、そこで、請求書・入出金のタイミングをできるだけまとめます。その日に当たるのが5や10が付く日。給料の支払い日は20日や25日が多いでしょうし、請求書や入金の締日は、25日締めや月末が一般的。月末もゴトー日としてカウントしていいと思います。


NY・ロンドン・東京市場の傾向を生かしてFXトレード:NY市場でトレンドが出来た時はチャンス大

為替相場は、世界一、大きい市場かつインターバンクと呼ぶ銀行間取引で、多彩な投機・実需取引が行われています。そこで行う取引の癖・個人投資家のFXトレードの傾向を掴んでおくと、利益を出しやすくなります。

ここでは、為替の三大市場における取引傾向を紹介します。

東京市場の為替相場傾向

日本の東京。ここは米ドル/円が売買の中心。輸出入の実需がメインの市場に世界最大のFX取引量を誇る個人投資家の動きが大きい市場。


FXには板(オーダー状況)のような気配値・顧客注文を表示する仕組みがない。

FXでは、株式のような板がありません。証券会社で株式を売買する時は、板を重視します。板は買いたい人、売りたい人が自分の売買注文を出しておく場所。板には市場参加者の注文状況が表示されますので、板に表示されり注文の動きや変化を見ることで株価の動きが予測しやすくなります。

それこそ、超高速取引の世界では、複数の証券取引所間に生じるタイムラグから、大口の注文状況を察知し先回りをして大きな収益を上げている仕組みが問題化しています。サーバーをどこに置くか、回線スピードを考慮したゼロコンマの世界。

FXトレードは板はありませんが、顧客の取引状況を公開している会社がいくつかあります。


1月の動きと年間の為替相場のトレンド(円高・円安)が一致するという経験則は正しい?

1月の為替相場の動きが円高・円安どちらに動いたかで、年間の相場動向が分かるという経験則(アノマリー)は有名です。特に1970~90年代はその傾向がはっきりしており、1980~1999年間の20年間に限定すると17勝3敗と高い確率の経験則。

FXを取引する方・外貨預金の方、中長期で外貨運用を考えている方には知っておいて欲しい法則。

1月の動きで年間の為替相場のトレンドが分かる理由

なぜ、1月の為替相場が動いた方向に年間の相場が一致するのでしょうか?理由はいくつか考えられます。株式相場の格言として、「ジャニュアリー・エフェクト(1月効果)」という言葉が有名=1年の相場の方向性は1月で決まることが多い。


FXのミセスワタナベVS海外ヘッジファンドの攻防

日本のFX個人投資家は、ミセスワタナベの異名を取る程、海外で有名です。特にリーマンショック前のキャリートレードでは、多くのFX脱税者が出た程。

上手に売買を行い利益を得る時期もあれば、損失を出す局面も。2015年の5月末に、起きた円安の流れでは、ミセスワタナベVSヘッジファンドの攻防が起きたと日経新聞を中心に報道が行われています。

米FRBの利上げを巡る日本の個人投資家とヘッジファンドの戦い

FEBのイエレン議長は5月22日、ロードアイランド州のプロピデンス商工会議所で講演。経済回復の見通しと年内利上げ方針を示した。この発言をひとつのきっかけとして、為替市場は、ドル高円安に動く。


サイドメニュー1

GMOクリック証券のFXネオ

GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ