<スポンサーリンク>

スプレッド最安値のFX会社を比較した調査結果

取引手数料無料のため、どの会社が優れているかを測る基準として最新各社のスプレッドを調べてみました。(2014年2月4日調査)

外貨預金や外貨MMFより低コスト・高利便性で人気の外貨投資がFX(外国為替証拠金取引)。 FXの手数料はFXCM社が先鞭を付けて以降はゼロが当たり前となり、売値と買値の差であるスプレッドがお客様の支払うコスト(手数料)です。その幅はますます狭くなってきています。狭い=取引コストが安くなる!

ただし、2013年の為替相場が荒れ模様だったために広げている会社も増えています。


SBIFXトレードがスプレッド最安値で新規参入!

2012年5月30日に、取引を開始した新会社「SBIFXトレード」は、ドル/円のスプレッドを「0.27」で提供。

証券会社・銀行などあらゆる金融サービスを提供しているSBIグループが、スプレッド最安値で参入してきました。

普通は大口を優先し取引条件が良くなりますが、SBIFXトレードの場合、大口取引だと広く少額取引だと狭いというように一般的なFX会社とは逆のシステムです。

なぜ、SBIFXトレードのスプレッドが狭いかも書きましたのでごらんください。SBIFXの最安値参入に刺激されて、2012年8月・9月に大手FX会社の引き下げ競争が起きています。

一番はどこ?FX会社のスプレッド比較

会社ごとの最新比較表

FX業者名

ドル円

ユーロドル

ユーロ円

豪ドル円

ポンド 円

NZドル円

SBIFXトレード

0.27

0.59

0.69

0.77

1.19

1.79

DMMFX

0.3

0.6

0.7

0.8

1.2

1.8

GMOクリック証券

0.3

0.6

0.7

0.8

1.2

1.8

FXブロードネット

0.3

0.5-0.9

0.8-1.2

3.6

4.7

4.8

外為ジャパン

0.3

0.6

0.7

0.8

1.2

1.8

みんなのFX

0.4

0.9

0.6

1.9-2.5

1.6

2.2-2.8

ヒロセ通商

0.4

0.7

0.9

1.2

1.4

1.7

JFX

0.4

0.7

0.9

1.2

1.4

1.7

サイバーAFX

0.4

0.8

1.0

1.2

1.8

2

マネパFX

0.5

0.8

1.1

1.2

1.9

2.4

FXプライム

0.5

0.7

1.1

1.2

1.4

1.7

外為どっとコム

0.4-0.6

0.5

0.9

1.9-3.9

1.1

1.6

FXCM証券

0.6

0.9

3.0

5.0

4.0

7.0

アイネット証券

0.8

0.8

1.8

2.4

4.0

3.8

上田ハーローFX

0.8

1.0

1.8

1.8

2.8

3.0

FXTF

0.8

1.0

1.5

2.0

2.2

3.0

ライブスターFX

0.9

1.4

1.9

3.2

3.4

3.6

SBI証券

0.8-1.2

1.0

1.8-2.2

1.8-2.2

2.8

3.8

外為オンライン

1.0

1.0

2.0

3.0

3.0

6.0

セントラル短資FX

1.0

0.8

2.0

3.0

4.0

4.0

インヴァスト(FX24)

1.0

1.1

1.6

2.0

2.4

2.5

ひまわり証券

1.0

2.0

3.0

4.0

6.0

7.0

フォレックスドットコム

1.1-1.6

1.5-2.0

1.7-2.5

2.1-3.0

2.3-4.0

3.1-5.0

マネックスFX

2.0

2.0

3.0

4.0

5.0

6.0

外為どっとコム

0.4-0.6

0.5

0.9

1.9-3.9

1.1

1.6

SBI証券

0.8-1.2

1.0

1.8-2.2

1.8-2.2

2.8

3.8

※スプレッドは原則固定です。
※上記はキャンペーン期間限定の数字も含めています。(2013年2月4日調査)
※1万通貨単位取引時

調査した24社の17社がドル/円スプレッドが「1銭未満」とインターバンク市場を上回る水準です。ユーロ/円やユーロ/ドルも1銭(1pip)以下のFX会社が増えています。

一番、スプレッドの安いFX会社

一番スプレッドが狭い現在(2013年2月4日)に、ドル/円のスプレッドが一番、狭いFX会社は、「SBIFXトレード」の0.27銭でした。

1銭以下で提供している会社も、大手FX会社の半数以上を占める程となり、ユーロ/円やユーロ/ドルについても縮小し続けています。

FX会社を比較・選ぶときの重要なコストとなるスプレッドは通貨ペアごとには異なりますので、自分が良く取引する通貨ペアに合わせてFX会社を選びましょう。

また、トレーダーの関心が高い最新の「スワップポイント」についても調査しておりますのでご確認ください。

スプレッド最安値FX会社の口座開設

口座開設は、各FX会社ともオンラインでカンタンにできます。下記バナーをクリックすると各社公式ホームページが開きますので必要事項を入力して口座開設を行ってください。

他の比較ポイントを知りたい方はトレードスタイル別のおススメFX会社もご覧ください。

●ドル/円スプレッド最安値ナンバーワン!:SBIFXトレード

SBIFXトレード

●ドル/円が狭い:FXブロードネット
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ 

●ドル/円が安くて使いやすい:DMMFX

 

FX取引の実質的なコストとなるスプレッドは、大手の新規参入会社が入ってきて、競争が激しくなるごとに狭くなっています。

一年に数回しか取引しない長期投資家にとって、取引ごとのコストはあまり気になりません。しかし、一日に何回も取引するデイトレーダーやスキャルピングトレーダーにとって売買するごとにコストが積み重なっていくため重要なポイントです。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ