「中銀と金融政策のニュース」の記事一覧

<スポンサーリンク>

FXトレーダーが注目すべき特別な情報。金融市場を動かすECB・FRB・日銀ニュースは特に重要度が高いので注目しておきましょう。

FRBのバランスシート縮小によって量的緩和の巻き戻しがはじまる。円安効果を鈴木健吾氏が指摘

ジャクソンホールでは、金融政策への踏み込んだ言及がなく、為替相場の次なる材料として、FRBのバランスシート縮小が視野に入ってきました。9月の縮小が確実視されつつある中、このバランスシート縮小が為替・FXや株式市場に与える影響が過小評価されているとの指摘が相次いでいます。

鈴木健吾みずほ証券のチーフFXストラテジスト「鈴木健吾」氏は、2兆ドルの縮小で、米ドル/円に10円近い影響があるとロイターコラムで指摘。


2017年ジャクソンホールでのイエレン議長の講演内容と米ドル/円を佐々木融氏が予想

イエレン議長のジャクソンホール講演を受けての米ドル/円の方向性についてJPモルガンの佐々木融氏がコラムを書いています。今回の講演テーマは、「金融の安定化」。テーマからも相場に大きな影響を与える内容ではないとの予想が大半。

佐々木融氏の予想はいかに?


ミステリー:弱いインフレと雇用拡大・株高の矛盾に苦しむFRB

7月25・26日に開催されたFOMCの議事録が、8月16日に公開されましたが、インフレが弱いことについて、悩んでいることが明らかになりました。

そのため、利上げを行うかどうかの意見は分かれており、年内利上げを行うかどうかすら疑問が出ています。9月利上げの可能性は弱く、早くても12月。

バランスシートの縮小に関しては、行う方向で一致。米議会の債務上限引き上げが頓挫しない限り、開始するでしょう。スケジュール的に、9月19・20日がFOMCなので、9月末が期限の債務上限問題とは微妙なタイミング。


英国・カナダが量的緩和から利上げ路線へと変更を示唆:中銀vsデフレの闘いは2017年に決着か!

英国とカナダで金融政策変更の可能性が高まっています。イングランド銀行のカーニー総裁は、2017年6月28日のECB主催の会議で、中銀の利上げについて言及。

カナダのポロズ総裁は、6月28日に、2015年に実施した利下げは役割を果たしたと説明。次回会合での利上げが予想されています。

米国に続きカナダ・英国の利上げが進んでいけば、日本円の大幅円安が実現していくかもしれません。FX・外貨預金の準備をしておきましょう。


米5月FOMCは現状維持で、6月・9月の利上げスケジュールを継続

5月のFOMCは、予想通りの現状維持でした。米1-3月のGDP速報値が前期比年率0.7%増と市場予想の1.0%より低かったこと。年3%成長を目指すトランプ政権は、期待だけを高めて、実際の経済成長に繋がらないのではという点が懸念材料。

GDPは、個人消費の落ち込みが大きい。この現象が一時的なもので終るかそれともダウントレンドに向かうのか判断が分かれるところ。


黒田日銀総裁は、出口戦略を語らず:2017年4月の日銀金融政策決定会合

2017年4月27日開催の日銀金融政策決定会合は、金融政策の現状維持となりました。

金融政策は、2%の物価目標をめざし、安定的に持続するために必要な時点まで、量的緩和を持続する方針。事前予想通りであり、米ドル/円に大きな反応はなし。


日銀とFRBの出口戦略:河村小百合氏が語る逆ザヤリスク

いよいよFRBは、資産買入れで膨らんだ資産規模縮小を議論しはじめました。そして、日銀は出口戦略を検討している段階であり、まだどのように進めていくかを公表していません。日本総合研究所の河村小百合氏が、週刊エコノミストで量的緩和の出口戦略を紹介しています。


2017年3月FOMCは、FF金利を0.25bp引き上げる。年内利上げ予想は3回のままでハト派的!

米FRBが2017年3月14-15日開催NOFOMCは、予想通り、FF金利を0.25bp引き上げて、0.75-1.00%に利上げを行いました。

そして、年内3回の追加利上げ予想は維持(今回利上げしたので、後2回)したためもあり、米ドル/円相場は大きく下落しました。

FX・為替市場においては、年4回利上げへと踏むこむ可能性も出ていたので、その分だけ下落した格好。


日銀は、すでにステルステーパリングにより緩和縮小を始めているのか

日銀の動きは、そろそろ緩和縮小に向かうかもしれません。それもはっきりと明言しない「ステルステーパリング」の形を取って。

ちなみに、2017年3月15・16日にある日銀金融政策決定会合は、現状維持が濃厚。

FRBは【3月利上げ】が濃厚。ECBはインフレ目標を達成しつつあり、テーパリングに手を付け始めています。日銀が何もしないとFXでもおなじみのキャリートレード(低金利通貨を売り高金利通貨を買う)のボリュームも増えてい為替市場の安定感も損なわれます。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ