<スポンサーリンク>

FXの専業トレーダーによるパソコン・携帯電話・マルチモニタの利用方法

オンライントレードに必須なツールがパソコンですが、どのような性能のパソコンがあれば良いのでしょうか。 デイトレ中心の方、中長期の方などトレードスタイル次第で必要なパソコンや機器はまったく異なります。

中長期・スイングトレード向きパソコン

1.中長期で月に1~2回トレード

売買の頻度が少ない方は高性能なパソコンを用意しなくても十分な対応ができます。普通のデスクトップPC・ノートPCなど動作速度に不満を感じない程度のPCで十分です。外出時には携帯電話(スマートフォン)で取引や状況確認をしましょう。

2.週に2~3回の取引

同じく、普通のパソコンで十分。システムトラブル等や情報入手のためにFX2社の画面を開いていもおおよそ最近のパソコンは快適に機能します。

⇒最新のパソコンではもちろん、数年前のパソコンであればFXは取引できます。

OS・ブラウザ・セキュリティソフトについて

OSは、ウインドウズ7がおススメ。8は評判があまり良くありませんが大丈夫です。

ブラウザはIE・Chorm・FIREFOXとありIEでしか動かない場合がありますのでご注意ください。 便利なのはグーグルのOSであるChorm(クローム)

セキュリティソフトは必須。大切なパソコンと資産を守るために導入しましょう。 ただし、ポップアップブロックやセキュリティのファイヤーウォールが働いて取引システムがうまく動かない事があります。 初めて取引システムを動かすときやアップデート時には、ブラウザのポップアップブロックやセキュリティソフトのファイヤーウォールに注意しましょう。

FXシステムのインストール時にセキュリティソフトのファイヤーウォールを外さないといけないことがあります。 終了後にはファイヤーウォールを戻すことを忘れずに。

コストパフォーマンスの良いパソコンをお求めの方には、IBMのパソコン部門を分離したレノボパソコンは低価格高性能でお勧めです。レノボのパソコンはこちら

デイトレーダーもしくは情報分析に力を入れたい方(スキャルピング)

FXや投資のプロとしてもしくは準じるような形を目指す場合には、しっかりと道具立てにお金を掛けましょう。

●外為オンラインとGMOクリック証券の画面:チャートを二つ表示

複数のFX取引を表示

複数のFX取引システムを表示するのはパソコンへの負荷がかかる。人間への負荷も大きく操作ミスも起きやすい。

パソコンは二台以上

デイトレーダーorトレーダーとして取引をしていきたい方は、PCを二台以上用意してください。

複数のFX口座を見る。チャートを複数使う、エクセル等で分析を行うなどはPCに負担をかけます。一台だけではフリーズ・操作ミス等が起きやすくなります。

モニタは3台以上あると有利

デイトレードは、リアルタイムレートにチャート、ニュース、トレード画面等、複数の情報を立ち上げます。情報を同時に確認するためにモニタが3台以上あると便利です。

プロのディーリングルームでも複数のPCに複数のモニタが接続されディーラーはそれらの情報を瞬間的に判断していきます。 外出時は、スマートフォン・タブレット・ノートパソコンを活用。

マルチモニタで合計3台用意した場合の使い方例

  • メイン取引会社の売買画面、分析用チャート画面
  • サブ取引会社の売買画面、複数通貨の分割チャート画面、
  • 市況ニュース、分析用チャート画面2

マルチモニタの注意事項!

パソコンのビデオカードがマルチモニタに対応していないと接続できません。 対応のビデオカードがない場合も。

本格的なデイトレ用パソコンが欲しい場合などは専門店にて相談・購入するのも良いかと思います。 デイトレ用のパソコン専門店として本格的な2画面~8画面のマルチモニタPCを用意している店舗がありますのでマルチモニターをお考えの方におすすめです。

葉那子のFX道!:専業トレーダー・おばらっちさんに聞いた

FXなどトレードパソコン専門店

FXや株式取引などを専門に取り扱っているオンラインパソコンショップをご紹介します。 それぞれ、長い経験を持つパソコンショップです。

ジャパンコモディティーズ

デイトレーダ様ご用達のマルチ4画面・6画面・8画面PC、デイトレパソコン専門店

BTOパソコンのVSPEC – BTOパソコン通販・比較購入・PC販売

パソコン周辺機器【マウス】はこちらから

ずっとモニタを見ていると目が疲れてドライアイや眼精疲労に。時折、目や体を休ませながら取引ください。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ