<スポンサーリンク>

デイトレード(FX・株)専用パソコンメーカーのVSPEC

FXや株のデイトレードを行う上で、もっとも必要な能力が、複数の画面を表示するマルチモニタ機能とスピードの両立です。

デイトレード専用パソコンメーカー(VSPEC)

トレード用パソコンに必要な機能

トレード用パソコンには、余計なソフトや機能が必要ない分、マルチモニタかつスピードが速く、フリーズしにくい性能を要求しましょう。チャートやレート・ニュースを複数表示するためには、マルチモニタが必要となり、取引する時や新たにチャートを開く時の動きが悪いとなるとせっかくのチャンスも逃してしまいます。

しかし、大型家電店に行ってもなかなか求めるパソコンはありません。マルチモニタに必要なビデオカードがなかったり店員に聞いても良い反応が返ってこないこともしばしばです。
家電量販店は、一般的なパソコンを数多く売るのが仕事ですから、それも致し方ありません。ゲーム専用パソコンの方が売れています。


デイトレード用のパソコンメーカー(株式やFXに最適)

そこで、デイトレード用のパソコンを専用に販売している会社で、購入するのも一つの方法です。

専用の会社として、ジャパンコモディティーズを紹介しましたが、もう一社、株・FXのデイトレードに向いたパソコンを販売している会社があります。

VSPEC「株式会社 ウィズテック」

デイトレード用パソコンモデル

東京都台東区上野にあるデイトレやゲームなどの高性能なパソコンを欲しいユーザー向けに「BTOパソコン」を販売しています。

BTOと聞くと少し不安になる方も多いのではないでしょうか?
ところが、レノボ(旧IBM)や東芝・パナソニックなどのパソコンを良く見てみると、CPU・メモリ・マザーボードなどの部品を組み合わせて作っており、メーカーごとの差は、大きくありません。付属ソフトや本体ケースなどでメーカーごとの特色が出ているくらいです。

最も重要な部品の一つであるCPUは、ほとんど「インテル」か「AMD」ですし、大企業以外でもこのインテルやAMDのCPUを買うことはできます。
このことは、ニアが自作パソコンを作って楽しんでいることからもお分かりになると思います。

BTOパソコン:BTOとは、「Build To Order」の略で、受注生産によるパソコン販売方法です。店頭で販売している完成品のに比べて、自由度が高く、ユーザーの用途に応じて、必要な機能を選択し作り上げます。一般的に高性能低価格なパソコンになります。

デイトレパソコンを探すには、VSPECホームページ左側の用途別ガイダンスから「デイトレードがしたい」を選択し、ページをご覧ください。

ガイダンス
vspecのホームページ

VSPCデイトレパソコンの特徴

・デイトレードに必要な機能を選択して組み立てられますので、ユーザーが設計する必要がなく、デイトレパソコンに必要な機能を探しまわらなくて済みます。

・インターネットで全てまとめて発注でき、店頭に買いに行く必要がありません。

・モニタやパソコン・ビデオカードなど部品をバラバラに買うと相性の問題等がでてきますが、まとめて買うことで、到着し組み立てれば、すぐに使えます。

・デイトレ専用パソコンとして、まとめて購入しているため、サポート窓口がVSPEC(株式会社ウィズテック)となり、問題が生じたときに相談しやすく、たらいまわしにならない。

○保証期間:保証期間は当店出荷日から以下の期間となります。

初期不良期間:2週間
修理保証期間:1年間
2012年4月23日現在(VSPC社ホームページ)

デイトレード向けパソコンの商品例

デイトレパソコンの商品例

 

リーズナブルな価格で手に入りますので、FX・株式トレードを専門的に行いたい方におすすめです。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ