<スポンサーリンク>

2019年6月11日の米ドル/円予想:米長期金利上昇でリスクオンも上値は重い

メキシコ関税の停止に続き、米国のトランプ大統領は、中国との関係改善を示唆。G20に合わせて首脳会談を開くとの報道。G20は、6月28・29日に大阪で行われる予定で、合意できなければ、対中関税を発動するとのこと。

米中貿易交渉の行方は強弱まちまち。

NYダウは、6日連続で上昇。債券は売られて利回り上昇。

米中貿易戦争のほか、トランプ米政権が日本や欧州などに対しても関税を発動させる可能性があるとの懸念からリスク選好度が低下した状態が続くと予想されている。NYサマリー:6/10

●米ドル/円の15分足 アイネットFX 08:45

2019-06-11 8-47-03


米ドル/円は、上値重いとの予想がメイン。

米ドル/円の方向は、下向きだが、底入れの可能性がある状態。

「リスク回避ムード→リスク選好ムード」へのセンチメント転換を見越したドル買い・円売りは時期尚早と考えられます。本日発表される米5月生産者物価指数が伸び悩む結果となった場合、再び、米早期利下げ観測が浮上。FX羅針盤

レジスタンス:108.676円、108.40~50円、108.58円、108.62円

サポート:107.971円、108.30円

 <国内>

08:50 マネーストック(5月、日本銀行)
09:01 マンパワー雇用調査 (7-9月)  27
15:00 工作機械受注速報(5月)  -33.4%

<海外>
17:00 ブ・FIPE消費者物価指数(週次)(6月7日まで1カ月間)  0.08%
17:30 英・失業率(5月)  3.0%
17:30 英・ILO失業率(3カ月)(4月) 3.8% 3.8%
20:00 ブ・FGVインフレ率(IGP-M、1次プレビュー)(6月)  0.58%
21:30 米・生産者物価コア指数(5月) 2.3% 2.4%
25:00 米・ゲーム見本市「E3」で任天堂がビデオプレゼンテーション

フィスコ

<スポンサーリンク>
 

関連記事