<スポンサーリンク>

2019年5月17日の米ドル/円相場分析:レンジブレイクはどちらに?

昨日、119円台後半へと上昇した米ドル/円相場。その後、続いているレンジ相場はどちらにブレイクするのか。それともレンジが続くのかという相場です。

◆米ドル/円の15分足:2019年5月17日 08:55 アイネットFX

2019-05-17 8-55-19

 

9時の株価オープンと同時に売りが殺到。109.882から109.834あたりまで下落

  • レジスタンス:109.88円、109.90円、109.946円
  • サポート:109.827円、109.810円、109.795円

5分足:2019年5月17日

2019-05-17 9-06-33

下向きにブレイク。9:12頃を境に上向きに変化。(安値:109.810円)

4時間足

2019-05-17 9-20-18

米中貿易交渉の影響で大きく下落。109円をそこに反発基調。109円と110円の間で動きながら、下値を切り上げ中。

 

欧州議会選を控え、欧州連合(EU)の財政規律を連日批判しているイタリアのサルビーニ副首相は16日、自身が党首を務める「同盟」が欧州議会選で順調に票を集めれば、イタリアの「首を絞めている」規則を「破り裂く」と発言。

前日は、EUの財政規律は「欧州を飢餓状態に陥れている」とし、改正する必要があるとの考えを示していた

NY為替サマリー

<スポンサーリンク>
 

関連記事