長年のFX経験を生かし、為替の勉強と分析予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. 米ドル及び米国ニュース
  2. 2 view

Fedが債券市場のコントロールを失う時に次なるリスクが到来する!

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

THE MACRO TOURISTのKevin Muir氏が自身のブログで語った債券市場の抱える大問題をお知らせしておきます。FX最大のイベント「雇用統計前」に読んでおいてください。

何年も量的緩和を行った結果、Fedのバランスシートは膨らんだ。FRBのオペレーションツイスト=短期国債を売却して長期国債を購入する手段を取ってきたことで、リスクが高まった。

FRBは巨額のヘッジファンドとなり、資金を融通してきた。FRBの利上げは緩やかで、信用危機以来、FRBは6000億ドルの米国債を購入した。

まとめると、

  • 金利は市場が考えているよりも上昇幅が少ない。
  • 利上げよりもバランスシートの縮小を選択するだろう。
  • 債券への再投資を中止する
  • 長期金利は短期金利よりも荒れる可能性が高い
  • ECBのテーパリングは次のサプライズになるだろう
  • 中央銀行が債券市場のコントロールを失った時が危機になる

少し、翻訳下手により意味が分かりにくいところもあると思いますが、債務が民間⇒政府・中央銀行へと移ってきた流れを理解すると似た内容であることが分かります。

膨らんだFedのバランスシート

Fedのバランスシートには、米国債・モーゲージ債が含まれており、満期を迎えれば再投資をします。FRBが、量的緩和を終わらせて債券市場を支配しなくなったとも考えられるが、モーゲージ市場では、まだその動きは強い。

バランスシート

Fed

次に起きる危機は、リスク資産からではなく、中央銀行が債券市場の支配を失った時に起きます。

私は、民間部門で行き過ぎた投機が起きているとは思いません。リスクは政府のバランスシートで起きている。リスク資産は高値を付けていますが、リスクフリーの国債程におろかな値段ではありません。

昨年夏の中央銀行は、壁に衝突したことを認めました。金融政策だけで経済を刺激することに限界がありました。日欧のマイナス金利は、不安定化しています。

そして、財政刺激策や財政緊縮化の必要性が出てきており、極端な経済政策の時代は終ろうとしています。

ECBは、すでにテーパリングをはじめており、次のサプライズは、テーパリングの速度・形になる可能性が高い。イングランド銀行はブレグジットによって、量的緩和を終了する予定で、新政府はバランスシートの拡大には進まないだろう。

そして、FRBは、すでに利上げを始めている。FRBのバランスシートの4.5兆ドルは非常に大きな数字。

FRBが、金利を引き上げていけば、バランスシートは損失を出します。FRBが破産するリスクはありません、すでに、その可能性は考えられており、それが起こらないようにルールを変更した。

中央銀行と債券市場

連邦準備制度理事会が金利を引き上げるにつれて、このバランスシートの利回りは、ある時点で実際には損失になるまで、ますます少なくなります。

私は連邦準備制度が破産した終焉のシナリオのいくつかのことであなたを怖がらせることはありません。それは起こっていない。連邦準備制度の当局者はすでにその可能性を考えており、数年前には、その可能性を表から外すようにルールを変更した。 FTから:

FRBの関係者は、「マイナス・エクイティ」を維持し続けることができると確信している。連邦準備制度がキャッシュフローのマイナスになった場合、ワシントン及び全米からの講義は激しくなるだろう。

だから、連邦準備制度理事会が、損失を引き起こすほどに金利を引き上げる可能性はかなり低いでしよう。

ならば、目標に達しているインフレ率と雇用をどのように減速させるでしょうか。

金利を上げる代わりに、貸借対照表のサイズを小さくします。財政赤字を撤回しながら、FRBのバランスシートに大きな損失をもたらすリスクを減らす。

最初のステップは、連邦準備制度理事会が満期を迎えた債券と利息について再投資しないことを発表することです。私はこれが市場が予想しているより早く起こるだろうと期待しています。

この再投資の停止さえも、債券市場に影響を与えるには十分です。FRBは現在、多くの住宅ローンを購入している。彼らが去ったら、民間セクターはこの買収を置き換えることになるでしょう。

これは、金利が上昇しているときに発生します。そして、私たちはすべて、金利が上昇している時に証券を担保にして何が起こるかを知っています。住宅所有者は借り換えをせず、期間も延長します。抵当権を保有することは、本質的にはボラティリティの低下の兆候です。

連邦準備制度が住宅ローンを購入していた時に、彼らは金利変動のローンを売っていました。FRBが買わなくなり、民間部門は、金利が上昇するにつれて債券をさらに売ることによってヘッジを余儀なくされるだろう。

連邦準備制度の行動の最終結果は何ですか?

短期金利は、市場が期待するほど上昇することはありません。すでに上昇は織り込まれています。Fedは、利上げによる悪影響に躊躇するだろう。

代わりに、連邦準備制度は貸借対照表のサイズを縮小する。これにより、長期金利の変動が生じます。

イールドカーブ上で、短期金利は人工的に安定しますが、長期金利は上がりかつ変動するでしょう。

私は、私は株式のボラティリティを買うのは好きではない。しかし、私は長期債券の変動率を買います。この偉大な金融科学実験(量的緩和)は、中央銀行が債券市場を支配しなくなると、ただちに停滞するでしょう。。

私は、市場が転落することを予想してヘッジをしています。

BONDMARKETの終り

FXにとって、債券と金利はとても大事です。また、この量的緩和の出口戦略が成功するかどうかは壮大な実験であることを意識しておきましょう。

米ドル及び米国ニュースの最近記事

  1. FRBは6月利上げで、2019年に金融引き締めになるシナリオ。いよいよ、景気後退&円高トレ…

  2. フェイスブックとファーウエイに見る米中貿易戦争の本気度!

  3. 2018年に米国株式市場は、弱気入りか?米ドルや新興国通貨がその兆候を示す!

  4. 米ドル高トレンド継続は、トランプ政権の好評価&世界経済の鈍化が理由?

  5. トランプ政権の減税&財政政策で双子の赤字登場懸念が強まる

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

FXスプレッドランキング

FXの予想&分析ニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ