長年のFX経験を生かして、米ドル・円・ユーロを中心に為替相場の分析と予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. 米ドル及び米国ニュース
  2. 0 view

米議会は2017年度末までの予算案で合意し、米政府機関の閉鎖は回避

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

米議会は、2017年度末(9月末)までの1兆1千億ドルの予算案で合意し、米政府期間の閉鎖は回避となる見通し。2017年4月30日夜に合意。

合意は、民主党の意向に沿った内容となり、メキシコの壁建設予算は含まれず、また、医療関係の予算削減も拒否された。米国予算を成立させるには民主党の協力が必要だったため、与党の共和党が譲った格好。そうしないと米政府機関が閉鎖となるリスクもあるため、トランプ政権とそしては致し方ないところ。


2017年米政府予算案のポイント

<スポンサーリンク>



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-2652891809337851"
data-ad-slot="4051347008">

ロイターから主なポイントをピックアップ

  • 国防費は125億ドルの増額
  • IS対応策で25億ドル増える可能性あり
  • メキシコの壁建設費用などは見送り
  • 国境警備強化で支出を15億ドル増加
  • 米国家族計画連盟(ブランド・ペアレントフッド)への補助金は維持
  • 環境保護局の予算は大半が維持

民主党側は、満足できる内容だった模様。

民主党のシューマー上院議員は声明で「米国民にとって良い合意だ。政府機関が閉鎖される恐れがなくなった」と指摘。医療研究、教育、インフラへの投資拡大が含まれると説明した。ロイター

トランプ政権及び共和党が妥協した格好。短期的な政府閉鎖リスクも浮上していましたが、これでリスク要因が一つ減りました。為替相場にも安心感が広がりました。一部のFX関係者の間で注目されていたニュース。

ムニューシン財務長官が超長期債について、インフラ投資&税制改革を行う米政府の選択肢として、理に勝っていると発言しており、米ドル/円相場は112円台を回復しています。

これで、この問題は解決したかと思いきや、5月2日にトランプ大統領は、年内の政府閉鎖について、ツイッターで発言。

大統領はツイッターに「共和党と民主党が交渉したのは、上院で必要な60票がないからだ」と投稿し、「2018年に共和党が上院議席を伸ばすか、今ここで51%の単純多数決にルールを変更するかのどちらかだ。このやっかいな状態を是正するため、我が国には9月に良い意味での『閉鎖』が必要だ」と続けた。ブルームバーグ

議事妨害を阻止するための票数60票以上の議席数を得るかルール変更のどちらかが必要と話しており、9月に政府機関閉鎖問題が再燃しそうです。

米ドル及び米国ニュースの最近記事

  1. FRBは6月利上げで、2019年に金融引き締めになるシナリオ。いよいよ、景気後退&円高トレ…

  2. フェイスブックとファーウエイに見る米中貿易戦争の本気度!

  3. 2018年に米国株式市場は、弱気入りか?米ドルや新興国通貨がその兆候を示す!

  4. 米ドル高トレンド継続は、トランプ政権の好評価&世界経済の鈍化が理由?

  5. トランプ政権の減税&財政政策で双子の赤字登場懸念が強まる

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

FXスプレッドランキング

FXの予想&分析ニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ