<スポンサーリンク>

東京日本橋タワーに本社を移したDMM.com証券

破竹の勢いで、業績を伸ばすDMM.com証券。スプレッドの狭さ・取引システムの使いやすさで人気のDMMFXもその一員。FXのブランドとしては、「DMMFX」と「外為ジャパン」の二つを保有しており、大手の一角を占めています。

そんなDMM.com証券は、2017年4月15日にオフィスを東京日本橋にある「東京日本橋タワー」の26階に移転しました。

公式の発表による旧住所と新住所はこちら。

【旧住所】
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-11 日本橋セントラルスクエア2階
【新住所】
〒103-6026 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー26階

同じ日本橋ですから距離はそんなに離れていません。ただ、東京日本橋タワーは、2015年に竣工した超高層の近代ビル。住友不動産を中核に建設した基幹ビルですから、立地・セキュリティ・信頼度は抜群。地下鉄日本橋駅直結。

オンライン証券・FX会社ですから顧客が訪問することは、ほぼないと思います。セミナーなどをここで開催してくれたら便利ですけどね。

DMM.com証券が移転した東京日本橋タワーに行ってきました

●東京日本橋交差点にそびえる超高層ビル

日本橋のシンボルとして建てられました。施工は大林組。住友不動産の地域開発の主役を担う地上35階建てビル

日本橋交差点の角にそびえるビル

東京日本橋タワーの玄関。1階には三井住友銀行などが入っていますから目印になります。向かいは、コレド日本橋。

東京日本橋タワーの玄関

26階にDMM.cm証券が入居していますね。ここで、DMMFXの業務を行っているということが分かりました。

もとは、大正11年創業の老舗証券会社だった赤木屋証券。長らく、この日本橋で証券業を営んできましたが、証券業務が対面からオンラインに移る中、証券業務を終えてコーヒー店及び不動産賃貸へと業態変換しました。それが赤木屋証券改め赤木屋ホールディングス株式会社。

かつて、この交差点に立ち、赤木屋証券の看板を何度も眺めたことを思い出しました。

3駅20路線利用可。羽田・成田空港へもダイレクトアクセス。都内のみならず、全国・世界へ抜群のアクセス。

東京日本橋タワー公式サイト

DMM.com証券が入居しています。

DMM.com証券は、大手証券会社などに比べると知名度は劣ります。そのため、取引先とすることに不安を感じる人もいると聞きます。信頼度確保の面もあって一等地の高層ビルにオフィスを構えたのでしょう。

DMFXは、スプレッドの狭さ・取引システムの使いやすさ・スワップポイントなどFXトレーダーの求める要素を満たした【おすすめの会社(DMMFX)】です。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ