長年のFX経験を生かして、米ドル・円・ユーロを中心に為替相場の分析と予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. FX為替ニュース
  2. 1 view

南アフリカのズマ大統領とゴーダン前財務相のゴタゴタ続き、ランド安に動く

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

南アフリカランドは、ズマ大統領がゴーダン財務相を解任して、ギガバ内相を任命する政治的混乱を嫌気して下落中。財政不安や格付け懸念が出ています。おかげでスワップポイントを貰えるとFXで人気の通貨「南アフリカランド/円」は大きく下落。

与党のANC(アフリカ民族会議)からは、ズマ大統領の退任要望も出ており、ゴーダン氏もズマ氏と対立する姿勢を見せています。なんと、ゴーダン財務相は、英国の機関投資家向けに説明会を行うために、渡英していたところに帰国を命じられていました。

  • 3月27日:ゴーダン財務相に帰国命令
  • 3月30日:ゴーダン氏をはじめ9閣僚を入れ替え。ギガバ氏を財務相に任命
  • 4月3日:米格付け会社S&Pは、BBプラスに一段階引き下げ

せっかく、市場からの信頼が厚かったゴーダン氏を解任したことで、南アフリカ政府と与党(ANC)への信頼が弱まり、政府債務増加懸念が強まりました。

●南アフリカランド/円の日足チャート:アイネットFX 2017年4月4日

南アフリカランド円

ズマ大統領とゴーダン氏のゴタゴタ

2015年の12月にも同じような混乱を起こしており、ズマ大統領は大丈夫なんですかね。ゴーダン氏のことはライバルとして意識しており、財政に対する姿勢は正反対。

ゴーダン氏は、2009~14年にも財務相を務めており、方向性は緊縮財政。その点がズマ大統領と相いれないと言われています。大統領としては国内の不満を抑えて人気を得るためにも財政拡大を行いたいところかと。

しかし、ゴーダン氏解任に動くと市場から反発を受けて、ランド安や株安などに繋がるために、何とか我慢していたのが実情。不正会計疑惑問題などでゴーダン氏は攻撃されていました。ズマ大統領も不正疑惑の多い人物で、2016年4月1日には、自宅改修で公金を使用したとして、改修費用2億4600万ランド(約18億8千万円)の一部返還を求められています。

南アフリカのズマ大統領は13日、ゴーダン協調統治・伝統業務相を新財務相に指名したと発表した。財務相経験者であるゴーダン氏の復帰で、それまで急落していた通貨ランドは大きく反発したが、市場ではわずかな期間に2回も財務相を交代させた大統領の人事に不信感が残ったままだ。ゴーダン氏を再任

ところが、ゴーダン氏は、英国そして米国を回り、南アフリカへの投資を呼び込もうとしていたところ。これでは、海外投資家が安心して投資できません。ランド安に動くのもいたしかたありませんね。

南アフリカ共和国財務省は2月22日、2017/2018年度予算案(2017年4月~2018年3月)を発表した。財政赤字を前年度のGDP比3.4%から3.1%に縮小させる計画を示し、財政再建に取り組む姿勢を国内外にアピールした。歳入増に向けては、個人所得税の最高税率の引き上げなどが示された。また、2016年の経済成長率見通しは0.5%、2017年は1.3%と、依然として低成長を見込んでいる。JETRO

南アフリカ政治のビッグイベントとして、2017年12月のANC党首選が行われる予定で、ズマ大統領の後継選びになります。ところが最有力は元妻のドラミニ=ズマ氏とのこと・・・

南アフリカの政治家。アフリカ連合(AU)初の女性委員長に2012年に選出された(任期は4年)。医師でもあり、1990年代には故ネルソン・マンデラ元大統領のもとで保健相を務め、その後、外相、内相を歴任した。ヌコサザナ氏はまた、同国のジェイコブ・ズマ大統領の元妻でもある。ズマ大統領は、2019年の大統領選挙で、ドラミニ=ズマ氏を後継にしたいとの考えがあるともいわれている。ヌコサザナ・ドラミニ=ズマ氏

南アフリカランド/円の動き

●南アフリカランド/円の月足チャート:アイネットFX

ランド円月足

底値から上昇した南アフリカランド/円は、このまま下落基調になってしまうのでしょうか。

2016年6月の底値は6.262円(FXネオ)そこから上昇して、2017年3月には8.970円まで回復。上昇理由としては、ゴーダン氏の財政再建路線に対する信頼や資源価格の上昇があげられます。

南アフリカは、2017年4月4日の政策金利が7%と高く、南アフリカランド/円のスワップポイントも1万通貨で約150円貰えます。(※スワップポイントは変動します)

そのため、日本のFXトレーダーの人気が高い通貨の一つ。

ズマ大統領とゴーダン氏のゴタゴタはしばらく続きそうです。欧米はゴーダン氏を後押しするでしょうし、財政危機で、またまたランド安になるのか落ち着くのか注目しておきたいところ。

FX為替ニュースの最近記事

  1. サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、2019年も利上げ継続すべきと発言

  2. 長短金利差のマイナスはリセッション入りの兆候。2018年3月時点はまだ順イールド状態で安心…

  3. トランプ政権の貿易戦争激化で影響を受ける通貨は何?

  4. デベルRBA副総裁からの警告:金利とインフレ上昇を株式市場は織り込んでいない

  5. FRBのバランスシート縮小によって量的緩和の巻き戻しがはじまる。円安効果を鈴木健吾氏が指摘…

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

FXスプレッドランキング

FXの予想&分析ニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ