<スポンサーリンク>

米国より日本の方が上!FXの年間世界一をGMOクリック証券が達成!

2012年の上半期(1月~6月)に続き、下半期(7月~12)でもFXトレードの取引高第一位にGMOクリック証券が輝きました。上半期のデータ

もちろん、2012年の一年間トータルでもGMOクリック証券が第一位です。

GMOクリック証券のシェア

GMOクリック証券が作成したシェアの円グラフ

「より安く、より使いやすく」の理念を貫いてきたことが、取引高を高めた要因と語っています。

フォレックス・マグネイトのFX年間ランキング

年間ランキングの上位10社のなかで16.6%のシェアを持ち、年末の円安相場で大幅に取引を伸ばしています。

2012年年間取引高上位10社

1位:GMOクリック証券
2位:FXCM
3位:DMM.COM証券
4位:サクソバンク
5位:外為オンライン
6位:アルパリ
7位:IGグループ
8位:OANDA
9位:YJFX!
10位:Gain(Forex.com)

取引高増加は、スプレッドの狭さに加えて、初心者から上級者まで対応出来る取引ツールの独自性と使い易さではないかとフォレックス・マグネイトは分析しています。

そして、年末にかけての円安。2013年の円安進行で日本のFX会社はますます業績を伸ばしていきそうです。

GMOクリック証券

税制改正以後、取引量の減っていたくりっく365も増加しています。

くりっく365の取引数量は 6,743,539 枚(前月比 65.3% 増 、前年同月比 5.2% 増 )くりっく365

2013年2月7日更新

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ