「金利差のスワップポイント」の記事一覧

スワップポイントを目的に売買する場合は口座選びが重要。金利の高い通貨を買う(ロング)すると、毎日、スワップポイントが入金されます。金融政策で金利は変動するため、高金利の通貨を買うのがポイント。

外為どっとコムはメキシコペソ/円の受取スワップポイントを期間限定で11円固定!

外為どっとコムの外貨ネクストネオは、「メキシコペソ/円」(MXN/JPY)の受取スワップポイントを11円固定で提供しています。

これは、1万通貨を保有していれば、毎日11円のスワップポイントを貰えるキャンペーン。2017年4月3日~6月30日の期間限定。そもそも、メキシコペソ/円を取引できるFX会社自体が少なく、外為どっとコム・ヒロセ通商・IG証券などくらいしかありませんから、マイナー通貨好きな方には良いニュース。

スワップポイントの基準となるメキシコの政策金利は、2015年12月に3%から3.25%に利上げしてから利上げ路線を継続しており、2017年3月30日に6.5%に上げました。


FX会社により買い売りで貰えるスワップポイントは、「同値タイプ」と「異なるタイプ」の二方式ある

金利差を得られるスワップポイントを目的にFXを始める方はとてもたくさんいます。日本の金利は低いため、外貨買いで資産が増えていく可能性があるのですから嬉しいですね。

日本は金利が低いためにほとんどの通貨に対してのスワップポイントの損益は以下の通り。

  • 買いポジションはプラス(利益)
  • 売りポジションはマイナス(損失)

しかし、買いポジションと売りポジションで貰える金額が違うことをご存知でしょうか?

買いと売りでスワップポイントの数値が違う

同じドル/円でも実は買いポジションと売りポジションで金額が異なるのが普通です。


人民元の金利差収益はくりっく365と店頭FXで違う理由がある!

人民元をFXで取引できる会社が増えています。2012年12月から上田ハーローFXが人民元の取引を開始。一方、取引所は、ボリュームが増えずにくりっく365は取扱いを中止しました。

その代わり(?)SBIFXトレードも人民元/円取引に参加。

くりっく365の人民元取引はスワップポイントが安定しない」ことから、人気が集まっていません。くりっく365で取引できる通貨ペアは26ありますが、その中でも香港ドル/円に次いで取引量は下から2番目です。

くりっく365の取引量

それに対して、店頭FX(上田ハーロー・セントラル短資)の「スワップポイントはレバレッジ1倍でも年率2.3%の利益が確保できる計算」になります。

人民元のスワップポイント:くりっく365

くりっく365で人民元(CNY/JPY)を取引した時のスワップポイントを見てみましょう。


一番スワップポイントが高いFX会社を探すために最新比較表を作成しました!

FXのメリットの一つ、スワップポイントについてトップ企業を比較しました。有利な通貨ペアを探したい方・高い値を提供している会社を比べるのにお役立てください。

長引く世界的な低金利の影響で、全般的に数値は低めながら「豪ドル/円」「NZドル/円」のように、先進国の中でも政策金利が高くスワップポイントが有利な通貨ペアもあります。

外貨預金に比べて外国為替証拠金取引の為替手数料・金利の代わりとなるスワップポイントは有利ですので、外貨預金派の方も乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

トレードスタイル別おススメFX会社は別ページでご覧ください。


過去のFX会社が提供していた金額比較:各国金利に合わせて変動します。

先進国の金利はなかなか上がりません。その中でも少しでも有利な金利を得たい方に各社のスワップポイントをまとめて比べてみました。

過去に高い数値を提供していた会社が分かる。最新の比較表も併せてご覧ください。


スワップポイントはポジションを保有していると口座に毎日入金:二国間の金利差で得られる収益

スワップポイントは異なる通貨間で生じる金利差のことです。

通貨間の価格変動を狙って収益を得るのがFXの特徴ですが、価格変動による差益以外で、スワップポイントを狙っての取引でも利益を得ることができます。

低金利通貨を売り高金利通貨を買って貰えるスワップポイント

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、その金利差が毎日の収益となります。

このスワップポイントは外貨預金の金利に相当しますが、外貨預金で金利を得るよりFXでスワップポイントを得る方が有利。

外為どっとコムのスワップ評価画面

外為どっとコムのスワップポイント

約1カ月金利の高い通貨ペアを保有し続けた結果

為替差益を狙う場合、為替相場の変動を予想しなければいけません。しかし、金利差収益はそれほど予測が必要なく初心者も取引しやすい。ただし、スワップポイント目的でポジションを持っていたのに思わぬ相場変動で損失することもあるのでご注意ください。

金利差が貰えるスワップポイント

日本は超低金利時代が長く続いたため、政策金利が0~0.1%の超低金利国です。

それに対して先進国の中で金利の高いオーストラリアは2.50%の政策金利となっています。(2014年1月現在)

主要国の政策金利一覧(外為どっとコム)

低金利国である日本円を売り、高金利国の豪ドルを買うと金利差によりポジションを保有しているだけで利益がえられます。(逆のポジションは支払うことになります)


スワップポイント最新比較【2011年8月調べ】

スワップポイントの最新比較

いよいよレバレッジ規制の上限25倍がスタートしたFX(外国為替証拠金取引)
FXを初めて取引する方は預ける資金を多めにするなど、資金管理を考えながら取引を行いましょう。

ドル/円レートを80円とした場合、1万ドルの取引に必要な金額は下記の通りです。
50倍から25倍になると二倍の資金が必要となります。
・レバレッジ25倍:3.2万円
・レバレッジ50倍:1.6万円
・レバレッジ100倍:0.8万円
さて、毎月恒例のスワップポイント調査を今月も行いましたので公表いたします。
スワップポイントとは(説明はこちら)

【スワップポイント比較表2011年8月2日調査】 クリックすると拡大します。
各社のスワップポイント8月

※各社HP等からデータ取得、数値は変化します。

スワップポイント派が最も重視する豪ドル/円のスワップポイントは「YJFX!」が119円と「フォーランドオンライン」以上の一番高いスワップポイントです。

前月に比べて数値が上昇しているのも嬉しいところです。

1日あたり119円のスワップポイントを貰うと1か月で3,570円、1年間で43,435円のスワップポイントがもらえますので美味しいですね。
この2社が競って良い数値を出すと他社も良い数字を出してくるでしょうし、健全な競争に繋がってほしいところです。

スワップポイント重視の方は相場変動や金利変化に注意しながら取引しましょう。

【主要各国政策金利表】

日本 米国 欧州 英国 豪州 NZ スイス 南ア
2011年7月 0~0.10 - 1.5 0.5 4.75 2.5 - 5.5
2011年6月 0~0.10 0~0.25 1.25 0.5 4.75 2.5 0.25 5.5
2011年5月 0~0.10 0~0.25 1.25 0.5 4.75 2.5 0.25 5.5
2011年4月 0~0.10 0~0.25 1.25 0.5 4.75 2.5 0.25 5.5
2011年3月 0~0.10 0~0.25 1 0.5 4.75 2.5 0.25 5.5
2011年2月 0~0.10 0~0.25 1 0.5 4.75 3 0.25 5.5
2011年1月 0~0.10 0~0.25 1 0.5 4.75 3 0.25 5.5

【YJFX!の口座開設はこちら】
サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】


スワップポイントが多く付与されるお得なFX会社で取引したい:調査結果

日本は、超低金利が長らく続いており、銀行に定期預金として預けてもほとんど金利がつきません。

一方、日本以上に金利が付く国も世界にはあるため、FXで上手に売買すると低金利国と高金利国の金利差をスワップポイントとして受け取ることができます。

このスワップポイント(金利差調整分)は、2国間の金利差から得られる利益のことです。 つまり、日本のような低金利通貨を売って、豪ドルのような高金利通貨を買うと、その金利の差額を受け取ることができます。

毎日付与されるので、大変魅力的な利益です。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、具体的にはどのようなものでしょうか?


頻繁に変わるFX会社のスワップポイント掲載ページを調査

スワップポイントを比較するために調査を行います。しかし、FX会社によってスワップポイントを紹介・掲載しているページはまちまち。そこでこちらに掲載ページをリンクしておきます。

スプレッドを調査するための一覧ページも用意ししました。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ