長年のFX経験を生かして、初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。米ドル・円・ユーロを中心に為替相場の分析・予想も充実。

  1. ユーロと欧州
  2. 0 view

ついにECBが2016年12月の理事会でテーパリング?を緩やかに始める

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

2016年12月8日のECB理事会で、テーパリングへの第一歩を踏み出しました。現在月額800億ユーロの債券買い入れ額を2017年4月から月額600億ユーロに縮小。

現在の量的緩和政策あ、2017年3月に終る予定でしたから、期間を2017年末まで延長した上で月200億ユーロ減少させることになります。

政策金利の方は従来通り、主要政策金利を0.00%、中銀預金金利をマイナス0.40%に据え置き。

●各通貨ペアの日足チャート:GMOクリック証券のFXネオ

各通貨ペアの動き

ユーロは、買われた後に、すぐに下落しました。1.08746まで上昇した後に、ドラギ総裁のハト派より発言で1.060近辺まで下落。(FXネオ)

●ユーロ/ドルの月足チャート

ユーロドルの月足チャート

ECBはテーパリングに気を使う

ECB及びドラギ総裁はテーパリングではないことを強調。テーパリングは、ゼロに向けて段階的に減らすことを指すと会見で話しています。

中央銀行の量的金融緩和(QE)による毎月の資産購入の規模を徐々(段階的)に縮小していき、最終的に資産購入額をゼロにしていくことを指します。また、「tapering」という用語は、細長いロウソク(taper candle)と語源を共有し、ロウソクが徐々に燃え尽きていくように、活動や力などが先細りになっていくことを意味します。iFinannce:テーパリング

ろうそくの炎が燃え尽きるさまが、テーパリングの語源。

インフレや経済状況次第で、資産買入れ額拡大する可能性はあります。とはいえ、今後、縮小に向かう第一歩を踏み出したと言えるでしょう。

10月5日に、報道されていたニュースでは、テーパリングの必要性が、非公式に議論されており、月に100億ユーロずつ減額するという内容でした。今回は、この本格的なテーパリングを選ばず、600億ユーロでの継続を選択。

米国の金利が上昇傾向にある中、ECBと日本が緩和策でマネー供給することで、影響を相殺しながら、緩やかなインフレを世界的に起こす。米金利が落ち着いたあたりから、日本とECBが本格的なテーパリングに入るシナリオが理想的なのでしょう。

ECBドラギ総裁の会見

  • 月額600億の買入れを継続する理由は、デフレリスク脱却方向に進んでいるから。800億から600億に減額することで、買入れ縮小が起きないようにしたい。
  • 買入れの増額は可能
  • 一年間の選挙日程を見れば、不透明情勢の要因。新興国経済も不透明。
  • 改革が必要な国は、改革を実行すること。成長や雇用を回復させて、雇用を作り出すこと
  • テーパリングの意味=買入れが段階的にゼロに向かう政策を意味する。それは、議論されていない
  • テーパリングについては協議していない
  • イタリアの銀行には、脆弱性が存在する。
  • デフレリスクはおおむね、解消したが、先行きの不透明性が残る。
  • 買入れベースを月額600億としたプログラム開始当初の大きく変わらない
  • 2017年のインフレ見通しを1.7%とした。2%目標達成に向けて、継続する
  • 資産買入れプログラム(APP)の元、預金金利をし下回る水準での買入れは必要な範囲で可能
  • ユーロ圏の全ての国で、構造改革が必要。
  • インフレは、エネルギー価格の上昇を反映して、見通しを引き上げた。基調インフレの上昇兆候は見えない
  • 原油価格の上昇により、年末年始のインフレ率は上昇する可能性がある
  • ユーロ圏の成長見通しリスクは下方向のまま
  • 世界経済の回復は強まる兆候。ただ、ユーロ圏は構造改革の遅れ・バランスシート調整で遅れている
  • 今後の情勢試合で、規模拡大や買入れ期間の延長を行う

ドラギ総裁会見要旨

2017年のユーロ圏は、フランス・ドイツなどで選挙が相次ぎます。今の状態だと反EU・ユーロ側の勢いが強く、ECBとユーロにとって正念場の年になるでしょう。その中では、安易なテーパリングを行えません。実際に減額に向かうのは、選挙が終わってからになりそうです。

FXを始めたい方・勉強している方、2017年はユーロの年です。

ユーロと欧州の最近記事

  1. グローバル経済の政治的なトリレンマ:ユーロという実験で通貨同盟の困難さが判明

  2. ギリシャへの第三次金融支援は2018年8月に終り、好調な経済が続くかに運命が委ねられた

  3. トルコリラは金利を上げたい中央銀行と下げたくないエルドアン大統領で通貨安ダンスを踊る。

  4. イタリア総選挙(2018年3月)の結果と債務・難民・南北分断という課題

  5. 金融正常化に向けて、ユーロ高牽制発言がECB副総裁はじめ登場。

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

FXスプレッドランキング

最新FXニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ