FXの初心者向けに為替相場勉強・分析を行う兵法サイト。スプレッド・スワップポイント比較もあり

  1. FXの基礎知識
  2. 74 view

FOMCの利上げ予想確率を公表するCMEのFF金利先物【FedWatch Tool】!

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

米国の金利を決めるFOMC(連邦公開市場委員会)。ここの利上げ確率を計算して予想しているのが、CMEグル―プのFF金利先物。利上げ予想を数字で表示してくれるために、重宝します。

FXニュースや経済ニュースで、利上げ確率予想が出てくる場合は、ほとんどが、この数字を利用しています。Fedの動向が世界経済を左右することから、マーケットにとって、最重要な情報になります。


利上げ予想確率を計算しているFedWatch Tool

FF金利先物の数字自体もCMEは公開しています。しかし、そこから計算するのは大変ですから、実際の利上げ確率を計算してくれている「FedWatch Tool」を見るのが一番早い。日々更新されていますから、最新の利上げ予想確率がすぐに分かります。

FedWatch Tool:CMEグループ公表の利上げ予想確率

fedatchtoolの見方

出典:CMEグループサイトを加工 クリックすると拡大します。

数字の元になるのは、CBOT(シカゴ商品取引所)のFF金利先物価格。政策金利の変更は、25bps(0.25%)刻みで実施されると仮定して計算。

FedWatch Toolの簡単な見方を図解しました。FXトレーダーは、重要なニュースで相場が動いた時にチェックしておきましょう。

かなり先のFOMCまで、Fedの利上げ予想確率を計算しています。目先の数字も大切ながら、先行きの状況を見ておくのも将来予想を見る上で重要です。

FF金利先物

FF金利先物は、FRBの金利目標となるFF金利を元にした商品で、シカゴ商品取引所で取引されています。

米国の民間銀行が、連邦準備銀行に預けている預金をフェデラル・ファンドといい、これを貸し借りする金利のことをFF金利と呼びます。FRBが決める金融政策の誘導目標として、このFF金利が使われており、金利面の重要な指標。

そして、これを上場しているFF金利先物は、投資家達の予想や思惑を加味して価格が決まります。つまり、先物価格が下落すれば=金利は上昇するため、市場が利上げをどの程度、織り込んでいるかの判断材料となるわけです。

画面下部には、将来のFF金利を予想したドットチャートも!

ドットチャート

FOMCメンバーが適切と考えている金利水準をドットでグラフ化したもの、先行きの金利動向を判断できるグラフ。2016年現在は、米国の金利が上がると予想されています。

参考サイト

FXの基礎知識の最近記事

  1. なぜ?FXのレバレッジ最大倍率を25倍から10倍に引き下げを検討中!

  2. 日銀の指値オペで金利コントロールの意思が明確に!米ドル/円は円安に動く。

  3. シムズ論を元にした財政・金融政策が日米でスタートすれば、将来はインフレになる?

  4. FOMCの利上げ予想確率を公表するCMEのFF金利先物【FedWatch Tool】!

  5. 2016年のジャクソンホールは、イエレンFRB議長が登場。混迷の金融政策を伺う指針を指摘す…

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

スポンサーリンク

FXスプレッドランキング

最新FXニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ