中国のGDP7.7%増と8%を下回る。ドル/円は急落し97円台に:4月15日

為替市場は円高傾向!

・黒田東彦日銀総裁(日銀支店長会議で)「日本経済は下げ止まっており、持ち直しに向かう動き」「物価目標を2年念頭にできるだけ早期に実現する」←日銀支店長会議での挨拶です。

中国のGDP

・中国国家統計局が、11時に発表のた1-3月期の国内総生産(GDP)が前年同期比7.7%増と市場予想平均の8.0%増を下回ったことを受けて、ドル円は97.55円まで急落しました。本日のオセアニア市場でつけた97.60と面合わせですね。 日経平均株価も、円の急騰を受け、下落幅を拡大しています。

中国の実質経済成長率の推移

実質経済成長率の推移 - 世界経済のネタ帳

中国は2012年の成長率が7.8%と13年ぶりに8%を割り込んだ。

ボアオ・アジアフォーラムの発言

2013年5月7日の倉都氏の記事「日経ビジネス

先月市場を揺さぶった7.7%成長という水準は、それほど悲観するような数字でもないように思えるが、市場は「恐らく実態はもっと悪いのではないか」という懸念を抱いたに違いない。ウィキリークスに拠れば、今般中国の新首相に就任した李克強氏ですら、2007年に「中国のGDPは信用できない。自分がデータとして活用しているのは電力消費量と鉄道貨物輸送量そして銀行融資の三つだけだ」と述べていたという

ドル/円チャート

ドル円チャート

ドル/円の一時間足チャート:上田ハーローFXのフォーキャストチャート

4月12日に100円手前の99円台後半をつけてからドル/円相場は下落傾向にある。

下げ幅も拡大しつつあるので、今週はどちらに動いても不思議ではない。

今週の為替相場材料もお読みください。

ドル円の日足チャート

ドル/円の日足チャート:フォーキャストチャート

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ