<スポンサーリンク>

ピボットポイントを利用した売買判断ツールが充実:3種類を活用して分析しましょう

外国為替相場の動きを見ていると、自分の予想通りに動くような気がしても、実際にFXトレードを行うと、どこで買う・どこで売るという売買判断が上手くできません。

上田ハーローFXのトレード判断ツール

大正7年の上田商店の創業からはじまった上田ハーローのFXでは、FXトレーダーが売買判断を行いやすいように「トレード判断のツール」が充実しています。

ツールは、それぞれを単独で利用することも組み合わせて利用することもできます。

テクるのピボットポイント

テクるは、テクニカル分析から具体的な数値をあなたの代わりに「テクる」が計算してくれるツールです。第一弾として人気の高いテクニカル分析ツールの「ピボットポイント」をリリースしています。

●テクるのリアルタイムピボット

テクるのピボット

ドル/円の現在値が83.957、S1がピボットのサポートになります。ピボットポイントも具体的な売買ポイントをそのまま発注することができます。
新規買いエントリー:83.416
リミット:84.391
ストップ:82.441

ピボットポイントのチャート


フォーキャストチャートで未来を描く

上田ハーローFXの人気ツールがフォーキャストチャート。過去のテクニカルを見ると簡単に見えても将来の方向性を確実に読むことは難しいもの。

フォーキャストチャートは、過去のチャートパターンから似たチャートを表示してくれます。そして、複数のチャートが類似した場合には、上昇または下降の確率が高いと考えられるため、アラートでお知らせをしてくれます。

●ユーロ/ドルの5分足の例

類似する過去4本のチャートが上昇傾向だったことから上昇確率が高いと考えられます。「買い」のポイントです。

これだと売買の判断をしやすいですね。

フォーキャストチャート

マット今井のMATT売買シグナル

外為ディーラーとして、1987年から為替市場で活躍し、17年間プラスの成績を上げ続けた常勝トレーダーが、今井雅人(マット今井)氏です。上田ハーローFXのMATT売買シグナルは、今井雅人氏のマットキャピタルマネージメント提供のシグナルです。

オシレーターとトレンドの二つの分析方法により売買シグナルが発信されますので、シグナル通りの売買・他の分析ツールと合わせての売買など、活用しやすいシグナルです。「買決」の下の数字133.2や「買」の下の数字75.4は、その月(当月)にシグナルで得られた損益です。

マットシグナルオシレーターマットシグナルトレンド

今井雅人氏、2012年の衆院選で当選!

今井雅人氏は、前回の選挙は民主党から出馬して比例で当選、今回(2012年12月16日)の選挙は、日本維新の会から出馬して比例で当選と、選挙でも常勝を続けています。

小選挙区は、岐阜4区(飛騨・高山・下呂など)、有名な下呂温泉などのある地区です。

勝率向上のために複数の判断を利用したFXを

フォーキャストチャートだけMATT売買シグナルだけを使うのも良いのですが、FXトレードの勝率を上げるために複数の分析方法を使う方法もあります。もともと、FXトレードは1回の取引で全てを決めるものではなく、何回も売買を繰り返してトータルの損益をプラスにすることが目的です。

勝率向上のために、フォーキャストチャートの上昇(下降)とMATT売買シグナルの買(売)が一致した時にだけ売買を行う。フォーキャストチャートとテクるを組み合わせて、フォーキャストチャートが上昇傾向のときは、テクるのピボットポイントで「買」からエントリーなど組み合わせて利用する方法が考えられます。

上田ハーローFXの公式サイトで分析ツールを確認しましょう!為替情報とセミナー充実の上田ハーローFX

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ