<スポンサーリンク>

テクニカル分析の具体的なデータ表示が便利なSBIFXトレードのチャート

いくらスプレッドが狭くても操作性が低くて取引に時間がかかったりしては利用しにくいもの。その点、SBIFXトレードは心配ありません。見やすい配色のSBIFXトレードチャートの特徴を見ておきましょう。

●ユーロ/ドルチャート

配色が見易い

。得意分野はスプレッドの狭さだけではなくチャートも使いやすくおススメです。


SBIFXトレードチャートはテクニカル分析データを具体的に表示

●ドル/円チャート:クリックすると拡大します。

各種データが表示できる

過去および現在のテクニカル分析データをチャート上だけではなくデータとして見ることができます。この画像では移動平均線(15日と25日)そしてパラボリックを表示。

表示は四本値はもちろん、その日の移動平均線・パラボリックデータを数字で見られるのは相場分析の上で便利です。具体的に指値注文の価格を決める時などに使います。

チャート上に注文や保有ポジションを表示することもできます。さらにチャート上から注文変更取消や注文ウィンドウを呼び出すこともできるなど小さな使いやすさを組み込んであります。

チャート上に注文を表示

チャートを見ているといきなり価格が動き出して取引したい時に有効に使えそうな機能。

●テクニカル分析の設定画面

テクニカル分析の設定画面

豊富なテクニカル分析を使えますし、パラメータ設定も簡単。

チャートが使いにくいFX会社は、他のスペックに優れていても使わないもの。なぜなら、相場予測や分析がし難くて利益が上がらない方が問題だから。言い換えれば多少スプレッドが広くても利益の出やすい口座で取引したくなるもの。

SBIFXトレードの口座開設は下記バナーをクリックして公式サイトから行ってください。

 SBIFXトレード

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ