「おすすめのFX取引口座」の記事一覧(2 / 3ページ)

<スポンサーリンク>

初心者向き・ベテラン向きなどおすすめの口座をご紹介します。複数の会社に口座開設をしてリスク回避を行いましょう。

GMOクリック証券は自社開発メリットを生かして操作がしやすい

GMOクリック証券のFX(外国為替証拠金取引)は、近年、特に人気が高く勢いのあるFX会社です。米ドル/円のスプレッドが0.3銭原則固定、ユーロ/米ドル0.6pips原則固定、ユーロ/円が0.7銭原則固定と取引の多いトレーダーが最も評価するスプレッドが狭く、取引システムが使いやすいことが人気の理由です。

GMOクリック証券のFXは、世界 第一位を獲得

GMOクリック証券は、世界のFX会社の中で取引高第一位を獲得しました。日本だけではなく世界一です。

GMOクリック証券の取引量は世界一


なんと、1ドルから外国為替を取引できるSBIFXトレード誕生。おすすめです。

新しくサービスを開始したSBIグループのFX「SBIFXトレード」は、最低取引単位が「1ドル=1通貨」からできる少額投資家に嬉しいサービスを用意。

これまでのFX会社は、最低取引単位を千ドル(千通貨単位)もしくは1万ドル(1万通貨単位)に設定していましたから、SBIFXトレードの1ドルから取引できることは英断さらに狭いスプレッドで提供している事は驚きです。

1ドル(通貨)の必要証拠金は3円~5円

1ドルでFXを取引する際の必要証拠金は、ドル/円レートが100円の時は、わずか「4円」です。(ドル/円の取引)

現在は、ドル/円が78円前後のため、ドル/円の必要証拠金は、「3円強」で済みます。

●1通貨で取引した時の必要証拠金表示画面

SBIFXトレードの必要証拠金

これなら、FXを初めて取引する方・初心者の方でもリスクを恐れずに取引できますね。


驚きのスプレッドでSBIFXトレードが新規参入:最低取引コストが特徴

新規参入のFX会社:SBIグループのFX会社が、最も狭い水準のスプレッドを引っ提げて登場です。

1ドル=1通貨の取引が、0.19銭で出来る上に、運営会社はSBIグループですから安心してFXができます。その後もスプレッドが狭くなり続けており、2013年3月時点ではドル/円0.1銭です。その特徴をお伝えします。

SBIFXトレードは、スプレッドが狭く業界最安値が最大の特徴

新規参入だけに、そのスプレッドが注目されていましたが、なんと、米ドル/円は0.19銭(原則固定)と、一番、狭いスプレッド(2012年5月)を提供していたFXブロードネットの0.3銭より狭いレベルで売買可能!

SBIFXトレードの0.29

こんなに狭くて会社に利益が出るのだろうかと心配になる程で、新規参入しただけに顧客をあっと驚かせました!私もびっくりしました。ただし、このスプレッドは、1万通貨の取引までです。ドル/円の1万通貨~5万通貨だと0.29=これでも充分狭い!

初心者もベテランも文句なくメイン口座に利用できるレベル!

次々に縮小し続けていますので最新のスプレッド一覧をご確認ください。

2013年9月現在、ドル/円のスプレッドは「0.29銭」です。2013年に為替相場が大きく乱高下したことで広がりました。


約定力に力を入れ約定拒否なしが自慢のマネーパートナーズ

約定力を一番のセールスポイントにしているFX会社がマネーパートナーズFXが!

スプレッドを狭く見せても実際に注文が約定しなければ何もなりません。ほら、スーパーの目玉商品が行ってみれば売り切れており仕方なく他の商品を買ってしまうことなどが似た事例。

FXトレードでもそんなことを心配するのは嫌なもの。約定力重視派はここがおすすめの会社です。

約定力第一位

矢野経済研究所の調査では5年連続の第一位


IT系参入の草分け会社となった外為オンライン

それまでは、商品先物取引会社、証券会社、短資会社と金融や資産運用を行う会社が主体だったFX業界に対してIT会社が殴り込むきっかけの一社が外為オンライン。

外為オンラインが人気の理由:4年連続でFX年間取引高第一位

外為オンラインは、2007年から4年連続でFXの年間取引高第一位に輝いています。

使いやすさ・低コストの両方が揃うからこそお客様に愛される外為オンライン。
取引手数料0円やドル/円スプレッド1銭固定を他社に先駆けて実施することで人気を集めました。

今でも低コストはもちろん、常に取引システムの改善により使いやすいシステムをリリースしています。
各社のスプレッド比較はこちら

デイトレも外為オンラインで

2012年12月には、AKB48の大島優子さんをCMキャラクターに起用しています。


フォーランドオンラインは、FXCMジャパン証券に買収されて完全に一体化

スワップポイント狙いの方はフォーランドオンラインと言う位に、長期運用派の注目を集めて預りを増やしていた会社です。他社のスワップポイントを調査・比較して他より高いスワップポイントを付けるのは某電気店にも通じるスワップポイントナンバーワンを目指す気概を持っていました。

2011年10月13日、FXCMジャパン証券はフォーランドフォレックスの買収を完了し、その後、取引システムの統合も行ったことで完全に一体化しています。

なお、2012年6月19日に、フォーランドオンラインのグループ会社であるFXCMジャパン証券において証券取引等監視委員会による行政処分の勧告が行われましたので、ご注意ください。


老舗の安心感を大切にする信頼のセントラル短資FX

セントラル短資FXは、証拠金総額で500億円を超える金額を預かる業界最大手の一つ。元々、金融機関の短期資金取引を仲介する短資会社が元になっているだけに信頼感と安心感を会社のキャッチコピーにしています。

その根拠となる一つがFX会社の中でもいち早く格付けを取得していること。

レーティングはBBB、見通しは安定的と株式会社日本格付研究所から取得し公表しています。


マネーパートナーズは、「PFX」と「nano」という二種類の取引ツールを用意

経験を積んだベテラントレーダーも投資が初めての初心者も同じ舞台にのぼって取引を行うのがFXや投資の世界。マネーパートナーズFXは、初心者向け・ベテラントレーダー向けに取引ツールを二種類用意しています。

スポーツや囲碁・将棋といったゲームであれば、初級・ユース・シニアといった年齢や能力に合わせたクラス分けがされており、初心者とプロが競い合うことはありません。五輪フィギュアの浅田真央選手と始めたばかりの選手とはレベルが違い過ぎて勝負になりません。

でもFXは経験の有無にはお構いなしに利益を狙って競い合うのが醍醐味でもあり悩みの種でもある。


GMOによる買収で生まれ変わったFXプライム:約定率100%と情報ツールが強い

大手商社の伊藤忠商事グループの一員として事業をスタートしたFXプライムは、2012年にGMOインターネットに買収されました。

1株410円でTOB(株式公開買い付け)を行い買収額は約30億円。これによりGMOクリック証券と共同で事業を行う形に変化。グループが大きくなったことでユーザーメリットを期待できます。

低スプレッドと約定率100%:まじめにFX

生まれ変わったFXプライムの最大の売りは約定率100%。マネーパートナーズFXもそうですが受けた注文を確実に執行することを重視。

さらにスリッページもなしということで、為替相場が嵐の時も凪の時も同じように取引できる安心感。

会社としてのキャッチコピーは昔から「まじめにFX」で変わらず。

そして、GMOが買収した最大のメリットは低スプレッド化に成功したことでしょう。この水準で約定率&スリッページも良いとなれば、とにかく口座開設してみるべき。

主要通貨ペアのスプレッド

  • ドル/円:0.5
  • ユーロ/円:1.1
  • 英ポンド/円:1.4
  • 豪ドル/円:1.2

2014年2月18日


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ