「ユーロと欧州」の記事一覧(2 / 4ページ)

<スポンサーリンク>

トルコリラは金利を上げたい中央銀行と下げたくないエルドアン大統領で通貨安ダンスを踊る。

このところ、トルコリラがどんどん下げています。2018年3月・・・対円では、26円台になるなど過去最安値まで下がりました。日本のFX投資家は反発を期待して買いが多い様子。トルコリラは金利高の影響でスワップポイントが多く、FXでは人気の通貨ペア。

経常収支の赤字やトルコの政局・隣国シリア及びクルド人との関係などの治安が弱気材料。

トルコリラが下がる下がる

◆トルコの経常収支 世界経済のネタ帳

トルコの経常収支

◆トルコのインフレ率

トルコのインフレ率

トルコのインフレ率は、2018年3月5日に発表された消費者物価指数の前年比で10.26%。11月は12.98%でしたから、それよりは低い状況。

一方、政策金利は、8.00%のままで、2016年11月から据え置かれています。トルコ中銀政策金利推移

エルドアン大統領の利下げ圧力

トルコのエルドアン大統領は、景気維持のために、低金利を中央銀行に指示しており、インフレが進んでも金利を上げられない事情があります。

エルドアン大統領は、金利を上げればインフレが進み、経済が悪化するために、国民の支持を失うと考えている様子。

それに対して、中央銀行は、インフレ目標5%が目的に達成するまで金融引締めを維持したい考え。できれば利上げしたい。インフレを利上げでとどめたいのにできないという壮大な実験が行われていることになります。

エルドアン大統領が利下げの口先介入をするたびに、トルコリラは下落しているので、今後も政治動向が大きな影響を与えるでしょう。投機筋は完全にトルコリラを狙い撃ちにしている感があり、エルドアン大統領か投機筋のどちらかが白旗を上げるまで戦いは続くのではないでしょうか。

トルコの政策金利は経常赤字拡大に歯止めをかけインフレを抑制するには低過ぎると指摘。しかし利上げによって成長が減速することを政府が望まないため、中央銀行が動くには「市場から通貨へのある程度の圧力」が必要だろうと記述した。ブルームバーグ

市場からの圧力、FXでおなじみの売り浴びせ。

いつか、限界がくると一気に政策金利を上げるのでしょうか。

2014年1月28日(火)深夜(日本時間では1月29日(水)早朝)、トルコ中央銀行は緊急開催した金融政策会合において、政策金利を大幅に引き上げることを決定しました。

【トルコ中央銀行の政策金利】
1週間物レポレート:4.50%→10%(5.50%引き上げ)
翌日物貸出金利   :7.75%→12%(4.25%引き上げ)
翌日物借入金利   :3.50%→8%(4.50%引き上げ)

ダイヤモンドザイ

以前にも、急激に引き上げた前科がありますからね。日本のFXトレーダーもこれを狙っている面はあります。

◆トルコリラの月足・週足チャート 2018年3月23日 GMOクリック証券のFXネオ

トルコリラのチャート

この時は、トルコリラが上昇しました。しかし、長続きせずに下落トレンドに転じました。

トルコ経済自体が悪いというより、いびつな金融政策・エルドアン大統領の進める政策やドイツ・米国との関係悪化が通貨安を招いている形。


イタリア総選挙(2018年3月)の結果と債務・難民・南北分断という課題

2018年3月4日のイタリア総選挙の結果は、レンツィ首相の与党が大敗。単独では、五つ星運動が勝利するも過半数を獲得できず宙吊り議会となりました。これにより、EU及びユーロに対する警戒感が増してくるでしょう。FXでのユーロは欧州の景気回復・ECBの金融政策変化に伴い上昇トレンドにありましたが、イタリア政局は大きなリスクになります。


金融正常化に向けて、ユーロ高牽制発言がECB副総裁はじめ登場。

このところ、ユーロの上昇が著しいため、ECB(欧州中央銀行)のコンスタンシオ副総裁は、ユーロ高への懸念とフォワードガイダンスの変更を急がないと回答。イタリアのレプブリカ紙のインタビューで、ファンダメンタルズを反映しない急激な動きに懸念。ファンダメンタルズを見るとインフレ率は12月に若干低下したと指摘しています。

2018年のFXで最も注目を集めているのは、ユーロ高ですからね。

ECBとしては、金融政策を正常化していく過程で、ユーロ高は困るというスタンス。なぜなら、ユーロ高は、インフレ率の低下や経済の悪化を招くため、ブレーキをかけておこうとの思惑でしょう。特に2018年のユーロ高は急上昇といっていいレベル。


2017年10月のECB理事会は、量的緩和の再調整・規模縮小でユーロ高にならないように工夫す

欧州中央銀行 (ECB)のマリオ・ドラギ総裁は、量的緩和政策の延長&縮小を決定。このことをテーパリングではなく「再調整・規模縮小」と呼び、量的緩和自体は継続していることを強調。

量的緩和(QE)を継続し、インフレ目標の達成に力を入れることを示しました。為替相場は、ユーロ安で反応。


ついに賛成多数!カタルーニャ独立の住民投票でユーロはどう動くのか?

スペインカタルーニャ州の独立の是非を問うための住民投票が2017年10月1日に実施。

カタルーニャ州政府は、独立票多数の場合には、独立に向けて行動をすると主張。

一方、スペイン政府側は、投票阻止にむけて、警官隊で投票所を封鎖するなどの対抗処置を取っています。


ドイツ総選挙は、メルケル首相の与党勝利予想でユーロも無風?

2017年の欧州選挙年、9月24日のドイツ総選挙は、オランダやフランスに比べて盛り上がりに欠けています。オランダ・フランスは、EU離脱派が勝てば、ユーロ相場の下落に繋がると、各国はもとよりFX・金融市場で大騒ぎでした。

しかし、今度のドイツ総選挙は、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の勝利が確実視されています。

一応、アイバルは、ドイツ社民党(SPD)のマーティン・シュルツ党首ながら、4選が確実なメルケル首相の対抗馬になりえません。おそらく、与党勝利に終わるでしょう。


ECB理事会は、ユーロ高によるインフレ見通しの引き下げを重視して動かず

注目の2017年9月のECB理事会では、テーパリングをスタートせず。ドラギ総裁は、最近のユーロ高がすでにインフレに影響をもたらしているとの話を行い、ユーロ/ドル相場の水準を非常に重要と指摘。

これを言ってしまうとドイツ経済の好調やトランプ大統領の通貨への指摘が正しいということを完全に認めることにもなります。FXファンならご存知の通り、為替相場は経済に多大な影響を与えますからね。

また、10月の理事会で、多くの決定がなされるとも話しており、次回の理事会がとても重要になりました。


2017年7月のECB理事会は、ドラギ総裁が忍耐&粘り強くを強調!

ECBは、7月20日の理事会で、現在の金融政策を維持。資産買入れ拡大の可能性も残したままにしています。

さらに、ドラギ総裁は、秋に今後の行動をどうするか検討すると話しており、期待されていた緩和縮小などを先送りにしました。FXトレーダーにとっても忍耐&粘り強くが大事。


ECBのマリオ・ドラギ総裁がデフレ圧力はリフレに変化と発言!ユーロ相場はテーパリングへと。

ECBのマリオ・ドラギ総裁は、6月27日のECB年次政策フォーラムで、金融政策の変更についてのシグナルを送りました。

すでに、2017年12月末で、現在のQE(量的緩和)は役目を終えて、新たなステージに行く形になっています。下落したいた物価や景気も回復を見せていることから、ドラギ総裁は、今後の欧州経済に自信を深めている様子。ECBの政策変更は、ユーロだけでなく日本円やドルにも影響を与えますからFXトレーダーには見逃せないニュースです。


サイドメニュー1

GMOクリック証券のFXネオ

GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ