中国製造業PMIが予想より良い:習近平政権の権力基盤

一部メディア(↓)が、ドル円の97.50円にある本邦機関投資家の大口買い注文について記事を書いてます。
一部海外勢は、97.50円にSLを置いて、97円台後半からドル円を断続的に買っていました。

ドル円の8時間足

2013年8月1日:16:50:GMOクリック証券チャート

●ドル/円の8時間足チャート:チャート上も良い抵抗&支持になっています。

一部メディア記事一部抜粋:
『ドル・円は、東京と上海株式市場が強含みに推移していること、97円50-60銭の本邦機関投資家のドル買いオーダー、97円50銭のオプション・バリアーの防戦買いで強含みに推移している』

●市場予想を上回る中国の7月中国製造業PMIを受け、日経平均株価が一時100円超上昇し、ドル円も堅調推移しております。

本日の中国の経済指標に関しては、10時45分に7月HSBC製造業PMI(市場予想平均は47.7)が発表です。

●7月HSBC製造業PMI:47.7←市場予想平均は47.7

本日発表された7月中国製造業PMIが市場予想平均を上回ったことや、今週、人民銀行が、中国短期市場で170億元(約2700億円)の資金供給をした事を受け、上海総合指数も大幅高で大引けました。

←米国のFOMCがハト派的な声明を発表したことも効いているんでしょうね。 ロンドン市場に入り、ドル円は上昇幅を拡大しています。

上海総合指数は前日比35.27ポイント(1.77%)高の2029.07で大引けました。

次に、中国共産党の概要です。


中国の歴代最高指導者:現職は習近平氏

1、毛沢東(Mao Zedong):1949年10月1日-1976年9月9日   
2、鄧小平(Deng Xiaoping):1978年12月22日- 1992年10月12日   
3、江沢民(Jiang Zemin):1992年10月12日-2004年9月19日   
4、胡錦濤(Hu Jintao): 2004年9月19日-2012年11月15日
5、習近平(Xi Jinping):2012年11月15日-現職

中国共産党の権力構造

日本や米国などと違い分かり難い権力構造です。

国家主席より共産党の党首である総書記の方が力は上です。
(兼務の時もあります)

1.政治局常務委員会(総書記を含む9人)
随時開催

2.政治局(政治局員は常務委員を含む25人)
ほぼ毎月開催

3.中央委員会(中央委員は政治局員を含む204人)
年に少なくとも1回開催

4.党大会(全国から党代表約2300人)
5年に一回開催

中国共産党全国代表大会が中国共産党の最高機関となっていますが、5年に一回ですから、中央委員会のメンバー選出や報告を聞いての決議しかできません。

中国政局の三大派閥

太子党:代表は習近平氏

中国共産党結成以来の高級幹部の子弟(二世・三世)で作るグループ

共青団派:代表は胡錦濤氏

共産党の下部組織、共産主義青年団出身者で構成するグループ

上海閥:代表は江沢民氏

上海で力をつけた江沢民氏の元部下や息のかかったグループ

この3つのグループが権力闘争を繰り広げている上に太子党&上海閥的な人物もいます。もちろん、派閥内での争いもありますので外から見ていると難しいですね。

習近平氏が権力の座についたのは、前任の胡錦濤氏からの指名ではなく、江沢民氏を中心とした上海閥と既得権益を持っている太子党の協力関係という説が有力です。

江沢民氏の意向として、「共産党政権の維持が大切で、ソ連のゴルバチョフのようになってはならない。」「習氏は父親が共産党の元大幹部(習仲薫)だから意志を継ぐ」ということがあったそうです。

また、中国経済の特権階級や高級官僚へメスを入れて完全に腐敗をなくすことは、習政権にとって自らの権力基盤を壊す可能性があり難しいとの見方が強い。

中国の最高指導者となった習近平氏の家族

父親は、共産党および建国の英雄である「習仲勲氏」。ただし、文化大革命時代には拘束されたため習近平氏も農村下放れを経験。

妻は人民解放軍の総政治部歌舞団団長で歌手の「彭 麗媛」

兄弟は、不動産会社経営などで成功している事業家。

中国の対日姿勢について

近年の中国における三人の指導者が持っていた対日姿勢です。

1.江沢民政権:中国国内で愛国主義教育を展開し反日教育(1989~2003年)を行い、歴史問題で謝罪を求め続ける強硬派。ただし経済分野では交流拡大。

2.胡錦濤政権:対外政策で「調和のとれた世界」を指向し、対日交流を行う緩和派

3.習近平政権:強い中国弱い日本を経験し愛国主義教育を受けた世代が力を持つことによる対日強硬姿勢が心配されている。

習近平―共産中国最弱の帝王

新品価格
¥1,470から
(2013/8/1 16:56時点)


やがて中国の崩壊がはじまる

新品価格
¥1,785から
(2013/8/1 16:58時点)

内側からは経済的なバブルや腐敗問題。少数民族問題や貧富の格差。

外側には領土問題や友好国作りの問題と習政権には問題が山積みです。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ