<スポンサーリンク>

トレーデンシー社の【ミラートレーダー】について基本画面と操作方法をご紹介

インヴァスト証券のシストレ24フイリップ証券のミラーFXとシステムトレードによる自動売買が人気化しています。

情報収集から分析・売買まで全て自分で行うのは時間がなくてできない方、自分でやってみたけど上手く行かない方、プロに運用を任せたい方などのニーズに応えて取引が増加。

トレーデンシー社システムを各社がカスタマイズして提供しているのであれば基本は共通です。いわばマックやケンタッキーフライドチキンのように同じ注文方法が通用します。ただ、用意できる資金がが少ない方には向いていません。


ミラートレーダーの基本画面と操作方法

例としてシストレ24を利用してご紹介します。

取引システムにログインすると最初に見ることが出来るメイン画面。
ミラートレーダーのメイン画面

  • 画面上部に為替レート、画面中央にチャートが表示されます。
  • 画面右側から選んだストラテジーについての情報。
  • 画面下部にはオープンポジションが表示されます。

ストラテジー検索の画面

このシステムの頭脳となるストラテジーの検索画面です。

ストラテジー検索画面

ストラテジーを表示した画面です。

ストラテジー検索画面

この状態でストラテジーを選択できます。様々な要因(通貨ペア・損益・ドローダウン)などを基準にソートや検索ができます。

ストラテジーのフィルター選択

フィルタによる選択

ストラテジーの数は増えているため、全ての中から選ぶのは大変。そこで、好きな条件を選び適合したものだけを表示することができます。

各ストラテジーを詳しく見るためには、ストラテジーをクリックします。

image

詳細なストラテジーの紹介や解説を見ることができます。

  • パフォーマンス
  • 資産曲線
  • 過去のTスコア―
  • 現在のオープンポジション
  • 売買履歴
  • 開発者によるストラテジー開発

Tスコア:トレーデンシー社の頭文字のT、ストラテジーを評価して0~10点をつけます。基準は非公開ながら以下のような事が評価される。

  • 勝率
  • ドローダウンの少なさ(最大損失の少なさ)
  • 取引回数が少なすぎるより多い方が良い

ストラテジーの詳細

以前はかなりブラックボックス的要素が強かったのですが、詳細が詳しくなりつつあります。この例だと開発者はインドネシアのFXトレーダー。

レンジトレードに強く、MACDとRSIを使用していることが分かります。

ポートフォリオ画面

ポートフォリオの画面

選んだストラテジーはポートフォリオ画面に移動します。ポートフォリオには入れたいが、一時停止したい場合は、有効チェックを外します。

オープンポジション表示画面

ここから、注文変更や決済もできますので、ストラテジーのシグナル通りの売買だけではなく、セミオート的な売買もできます。

オープンポジション画面

さらに、ストラテジー通りの売買ではなく、レート欄をクリックすることで、普通のFX取引のように売買を行うことができます。

マニュアルによる売買

マニュアル(手動での取引) :自動売買だけでなく、早めにポジションを決済するなど、手動でも取引できるところも魅力の一つ。

いかがでしょうか?一通りの流れをイメージできましたら幸いです。FXを取引する上で時間的な問題やポジションを持つ・決済する上での迷いやプレッシャーを避けたい方は、システムトレードをご検討ください。

いきなり百戦錬磨のベテラントレーダーになることは難しくても、シストレなら経験を積んだトレーダーの開発したシステムで売買できます。

最もおすすめのミラートレーダーを提供している会社はインヴァスト証券のシストレ24です。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ