長年のFX経験を生かし、為替の市況と分析予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. 米ドル/日本円の朝(JPY)
  2. 17 view

2022年9月15日の為替相場:日銀の介入怖しドル買いにくし

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

●145円が目先の高値
●日銀のレートチェック
●日銀介入が怖くて、上値で買いにくい
●本当に介入できるのか?米国の意向は?
●FOMCでの1%利上げはありえるのか?

◆9時からは上昇・ゴトー日の買いは入るか
◆金利上昇。仲値前に下げたものの143円はキープ。仲値直前に一気に上昇

●米ドル円の1時間足チャート アイネットFX

CPIショックで行って来い。ペンタゴンの形は素直ではないイレギュラー形態。142.88あたりを中央線二上下どちらにブレイク。短期の流れは下落。9時からどう変化するか。


9月FOMCの焦点

日銀の単独介入はありえる。西原氏の語る今後の戦略。確かに、多くのアナリストが言うように、日銀単独介入で、円安を止めることは難しいかもしれません。ただし、西原氏が言うように、ドル高のスピード調整はできるため、介入の可能性を捨ててはダメだと思います。

(1)警戒感が高まったため145.00円を高値に上値が重くなり、しばらく140.00~145.00円のレンジに収束する。

(2)米ドル金利が高水準で推移している環境下では、米ドル買いをせざるを得ないため、本当に実弾介入が出るまで節目の145.00円や147.66円のブレイクを狙う展開。仮に実弾が出れば、最初の反応は5~10円程度の急落になる可能性があるため、その後一気に米ドルショート(売り)に転じる。
ユーロ円の戻り売りがチャンスかも

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

FXスプレッドランキング

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ