長年のFX経験を生かし、為替の市況と分析予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. 日足のペンタゴン分析
  2. 4 view

2022年7月4日週の為替相場:景気後退懸念で、米金利が大幅低下し円高

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

●ISM製造業指数の悪化で、米景気後退懸念が高まる
●リセッションへの警戒からマネーは、株式から債券へと。金利低下
●金利低下で、ドル安円高
●ドル円の137円は転換点になった可能性
●金利低下で株高
●FRBは、インフレ退治を優先とのことだったが、本当に景気後退を無視して、インフレ退治をできるのか

◆米ドル/円の日足チャート アイネットFX

●ボリンジャーバンドは、縮小
●高値更新の幅が小さくなりつつ
●ストキャスティクスは、下落方向に
●135円、134.30円のサポート
●137円が天井になる可能性

◆米長期金利の動向に要注意

 

FRBは、・・・どちらに向かうのか

【スポンサーリンク】

期待インフレ率は、少し低下


7/4
ドル/円の見通し:20日線(134.95円)の攻防:外為どっとコム
●9時すぎに134.87あたりまでの下攻め。攻めきれず。反発
●135.10あたりまでの上昇。株価上昇。
●下落。134.90円前後がサポート
●仲値は、134.98円
●10:30。3回目の下攻め:134.860割り込む


7/8にETF分配金のために日本株に大量の売りが、そのため、今週の株価は上値が重い可能性

7月は、夏の円高に貿易赤字の円安が挑む
今週は6月中旬の貿易統計と5月国際収支をチェックしたい。尚6月上旬の貿易収支は8174億円の赤字で前年同期の731%の赤字増となっている。長期的には貿易赤字の円安はまだ変わらないが、夏の円高調整が起きるかどうかだ。サハリン2の去就も短期的波乱要因だ。また日本の住宅金利も上昇し始めていることにも注意したい。日銀はあくまで金融緩和を続けるだろうが。実勢は実勢だ。テクニカルは円高気味

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

FXスプレッドランキング

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ