長年のFX経験を生かし、為替の市況と分析予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. 日足のペンタゴン分析
  2. 4 view

2019年6月17日週の米ドル/円予想分析:FOMC&G20での米中首脳会談待ち

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

米ドル/円は、レンジ相場の動き。

FOMCが、18-19日に開催される予定のFOMCは、利下げへの地ならし。7月に利下げがメインシナリオ。

【スポンサーリンク】

米ドル/円の今週予想:6/17

米ドル/円は、利下げスタンスが確実視されれば、動きが出る可能性あり。そうなるとドル売りに動きやすくなる。

香港の大規模デモは、逃亡犯条例改正延期となるも水面下での反動が心配。

中東でのイランを巡る対立は、しばらく続きそう。安倍首相の訪問も今ひとつでしたし。

米中貿易摩擦は、G20に向けて米中首脳階段が実現されれば、リスクオン。開催されなければリスクオフ。開催されても合意するとは限りませんが、開催されること事態がプラス要因。

●通貨別日足チャート GMOクリック証券のFXネオ 2019年6月17日

2019-06-16 12-37-00

 

ユーロ/ドルは、ユーロ売りドル買いの動きが強まる。米ドル/円は横ばいのレンジ相場。

●米ドル/円の日足チャート アイネットFX

2019-06-16 12-34-37

 

108.60円あたりをピークにレジスタンス。

108.14円あたりを底にサポート。108円から107.80円あたりは固め。

テクニカル的には、レンジの上方部にあるため、売りで仕掛けたいところ。レジスタンスを上に抜ければ上に抜けるリスクあり。

 NYサマリー

朝方発表された米小売売上高が堅調だったことで、ドル指数が約2週間ぶりの高水準を付けた。来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米経済が急速に減速しているとの懸念が和らいだ。NYサマリー:6/14

【スポンサーリンク】

これらを踏まえて、来週(18日-19日)の米FOMC(含むドットチャート及びパウエルFRB議長記者会見)でハト派的な見解が示されれば、「米インフレ鈍化→年内利下げ観測再燃→米長期金利低下→ドル売り」の流れが強まり、ドル円が108円割れを再トライする展開も想定されます。FX羅針盤

●FOMCでの米利下げスタンス

●G20での米中首脳会談が実現するかどうか

ツイッター

来週の予定

■来週の注目スケジュール:フィスコ

6月17日(月):トルコ失業率、ニューヨーク連銀製造業景気指数、米NAHB住宅市場指数、欧外相理事会、通商代表部(USTR)の中国製品3000億ドル相当への関税計画を巡る公聴会など
6月18日(火):欧貿易収支、米住宅着工件数、英保守党党首選、米連邦公開市場委員会(FOMC)(19日まで)など
6月19日(水):貿易収支、Sansanが東証マザーズに新規上場、英消費者物価コア指数、米FOMCが政策金利発表、パウエルFRB議長が記者会見など
6月20日(木):黒田日銀総裁が会見、米経常収支、ユーロ圏消費者信頼感指数、欧首脳会議など
6月21日(金):独PMI、ユーロ圏PMI、米PMIなど

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

FXスプレッドランキング

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ