<スポンサーリンク>

2019年6月7日の米ドル/円予想&チェック:結局、メキシコ関税はどうなるの?

米株は、上昇。ドルは下落。ECBは、利下げを明確化しなかったことで、ユーロ/ドルは上昇。米ドル/円は少しレンジ水準を切り上げ。

●メキシコ関税先送りを検討:108.56円まで反発

●ECB;金利据え置きを2019年末から2020年上半期に延長

●トランプ大統領:G20に合わせて米中首脳会談

注目のECB理事会は、明確な利下げの意思表示が無かった。FRBの利下げモードに対して、日欧が現状維持ならば、ドル売りユーロ円買いへと市場は動くことになります。

欧州中央銀行(ECB)同日開催の理事会で、少なくとも来年半ばまで金利を据え置く方針を決定する一方、利下げを明確に示唆しなかったことへの失望感が広がった。トランプ米大統領は6月下旬に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて米中首脳会談を行い、中国からの輸入品ほぼすべてに追加関税を拡大する「第4弾」の発動を判断すると表明。NYサマリー

●米ドル/円の指値

107.80円及び108円に厚めの買い
108.70円に売り。

グーグルやアマゾンの独占禁止法問題も気になる要因。

米国とメキシコの関税交渉は、合意する可能性が高まっています。市場は、メキシコ政府の歩み寄りで合意するのではという予想が増えています。もし、合意に至らない場合は、リスクオフの株安やドル安に動くリスクがあります。

●米ドル/円の15分足 アイネットFX 2019年6月7日 9:00

2019-06-07 8-45-50

●サポート:108.32~35円、30円、20円

●レジスタンス:108.50円、108.55円

[<国内>本日の為替関連スケジュール]
・08:30 4月家計調査・消費支出(前年比予想:+2.6%、3月:+2.1%)
・08:30 4月毎月勤労統計・現金給与統計(前年比予想:-0.7%、3月:-1.3%)
・12:50 黒田日銀総裁講演
・14:00 4月景気動向指数・先行速報値(予想:95.8、3月:95.9)
[<海外>本日の為替関連スケジュール]
・13:00 デーリー米サンフランシスコ連銀総裁講演(シンガポール経営大学)
・14:45 スイス・5月失業率(予想:2.3%、4月:2.4%)
・15:00 独・4月鉱工業生産(前月比予想:-0.5%、3月:+0.5%)
・15:00 独・4月貿易収支(予想:+195億ユーロ、3月:+226億ユーロ)
・16:30 英・5月ハリファックス住宅価格(前月比予想:0.0%、4月:+1.1%)
・21:30 米・5月非農業部門雇用者数(予想:+18.0万人、4月:+26.3万人)
・21:30 米・5月失業率(予想:3.6%、4月:3.6%)
・21:30 米・5月平均時給(前年比予想:+3.2%、4月:+3.2%)
・21:30 カナダ・5月失業率(予想:5.7%、4月:5.7%)
・23:00 米・4月卸売在庫改定値(前月比予想:+0.7%、速報値:+0.7%)
・04:00 米・4月消費者信用残高(予想:+130.00億ドル、3月:+102.81億ド
ル)
・中国、香港休場(端午節)

フィスコ

<スポンサーリンク>
 

関連記事