長年のFX経験を生かし、為替の市況と分析予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. 米ドル/日本円の朝(JPY)
  2. 1 view

2019年6月4日の米ドル/円予想:ブラード連銀総裁の利下げが近い発言あり

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

ブラード米セントルイス連銀総裁が、「近く利下げが適切になる可能性あり」との発言から米ドル/円は108円割れ。ユーロも上昇。

米株式は、反トラスト法違反の疑いによりフェイスブック・アマゾン・アルファベットなどが大きく売られました。一方、利下げが早まるとの見方から相場が支えらています。

【スポンサーリンク】

5月のISM製造業PMIは、52.1と前月及び市場予想を下回る数字で景気減速懸念が深まりました。

CMEグループのフェドウォッチによると、金利先物市場に織り込まれた7月の利下げ確率は60%と、1週間前の18%から上昇。さらにあと1回の利下げが12月に実施される確率は82%と、30%から上昇した。今日6/4は、米中貿易戦争・メキシコ関税への警戒感は引き続く中、上値は重そう。NYサマリー

豪中銀(RBA)は、政策金利を1.5から1.25%へと引き下げ予想が強く、追加での利下げが示唆されると、豪ドル/円での売りが出て、米ドル/円も上がりにくくなる場面があるのではと思います。

米中貿易交渉もまだまだ厳しい。

本日の米ドル/円は、売られすぎの反動と引き続きのリスクオフムードでの動き。

パウエルFRB議長が本日22:45から予定されている講演にて「ハト派的な見解」を滲ませた場合、米年内利下げ観測の一段の高進→米長期金利低下の経路で、ドル円が、1/10に付けた安値107.77を割り込む展開も想定されます。米国債利回りの低下に伴う「ドル売り圧力」と、リスク回避ムードの高まりを背景とした「円買い圧力」FX羅針盤

米ドル/円は、昨日の安値107.883円が支えられるかどうか。1/3(ドル/円の正月クラッシュ)につけた104.87円から4/24の高値112.40円の押し目となる107.75円(61.8%)のレベルでもあることから注目。

 

<国内>
08:50 マネタリーベース(5月)  3.1%
10:00 営業毎旬報告(5月31日現在、日本銀行)

<海外>
10:30 豪・経常収支(1-3月) -25億豪ドル -72億豪ドル
10:30 豪・小売売上高(4月) 0.3% 0.3%
13:30 豪・オーストラリア準備銀行(中央銀行)が政策金利発表 1.25% 1.50%
17:00 ブ・FIPE消費者物価指数(5月)  0.29%
18:00 欧・ユーロ圏失業率(4月) 7.7% 7.7%
18:00 欧・ユーロ圏消費者物価コア指数(5月) 1.1% 1.3%
18:30 南ア・GDP(1-3月) 0.9% 1.1%
21:00 ブ・鉱工業生産(4月) 0.5% -1.3%
23:00 米・製造業受注(4月) -0.9% 1.9%
23:00 米・耐久財受注(4月)  -2.1%

米・ニューヨーク連銀総裁が講演

韓・GDP(1-3月)

フィスコ

 

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

FXスプレッドランキング

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ