「佐々木融」タグの記事一覧

<スポンサーリンク>

米国の税制改革法案が成立した場合の株式やFXの動きを佐々木融氏が予測

米国の税制改革法案が成立した時の株式・FXへのインパクトを佐々木融氏がロイターで解説しています。

以前より、2018年の米ドル/円相場は、レンジになるとの予想を公表している通り、税制改革法案が成立しても米金利や米ドルの上昇要因にはつながりにくいとの結論。もっとも株価は上昇するとの予想。


2018年の米ドル/円はドルも円も弱くてレンジ相場と佐々木融氏が予想

いよいよ2017年も押し迫り、2018年の相場予想がいくつか出てまいりました。JPモルガンの佐々木融氏は、米ドル/円のレンジ相場とクロス円の円安を予想。

ロイターで佐々木融氏が語ったところを見てみましょう。

2017年の米ドル/円の変動幅は9.6%程度、年間平均レンジは17.7%と狭いレンジで推移。


なんと米ドル安は、これから1年以上続くとJPモルガンの佐々木融氏が予想

FRBの金融引締(利上げ&バランスシート縮小)にも関わらず、JPモルガンの佐々木融氏は、米ドル安予想を継続しています。

これまでの米ドル/円相場を見る限り、佐々木融氏の予想は当たりつつあり、2017年の米ドルはかなり安くなりました。佐々木氏は、更なる米ドル安を予想しており、考えていたよりも米ドル安のスピードは速いという程。

テレビ東京で語った内容をファイナンシャルポインターがまとめてくれています。


2017年ジャクソンホールでのイエレン議長の講演内容と米ドル/円を佐々木融氏が予想

イエレン議長のジャクソンホール講演を受けての米ドル/円の方向性についてJPモルガンの佐々木融氏がコラムを書いています。今回の講演テーマは、「金融の安定化」。テーマからも相場に大きな影響を与える内容ではないとの予想が大半。

佐々木融氏の予想はいかに?


世界経済の安定で新興国に資金が流入しているのが米ドル・日本円の弱い理由と佐々木融氏が語る

2017年の米ドルが弱い理由を佐々木融氏がロイターで語っています。

米ドルは、ユーロ圏の経済が好調に推移していること・選挙でユーロを維持する側が勝利したこと・ECBのテーパリングが近いことを材料にユーロ高ドル安の動きが出ています。

そして、日本円やスイスフランに対しても弱さを見せています。その理由を佐々木融氏の説明から見てみましょう。ロイターの記事


日銀の金融政策&好調な世界経済に潜むブラックスワン:佐々木融氏と田巻一彦氏の懸念

日銀は7月20日の金融政策決定会合で、金融政策を維持。そして、インフレ目標の達成時期を先送りしました。

欧米は、経済が好調維持しており、金融引締めへと動いています。その中で、佐々木融氏と田巻一彦氏の考えるリスク・ブラックスワンをまとめてみます。両氏ともロイターへの寄稿。


モルガンの佐々木融氏が語る2017年の金融政策の温度差による円安トレンドが終わる材料は何?

JPモルガン・チェースの佐々木融氏は、中長期的な円高路線を変えていない様子。このところ、続いていた円安トレンドについて、そろそろ円安の賞味期限ではないかとコメント。

FX・金融市場の分析で、佐々木氏は信頼度の高い方。


ロシアゲート事件で初夏にかけての米ドル/円の動きはどうなる?

トランプ政権のロシア疑惑「ロシアゲート」事件を受けて円高方向へと進んだ米ドル/円。今後は、このロシア問題&米FOMCでの利上げに注目が集まりそうです。

佐々木融氏&斉藤洋二氏がロイターにロシアゲート絡みの為替相場予測を寄稿しています。


2017年4月に114円を目標にした佐々木融氏が115.50円近辺での円安トレンド終了を予想

短期的な円安予想をしていた佐々木融氏。目標の114円を達成したために、次の予想をロイターで展開しています。元々、2017年末には100円割れの円高すら予想している方だけに、短期の円安予想には感心しました。

為替市場は、マクロン候補が第一回投票でトップになったことで、リスク要因から外しました。北朝鮮情勢も落ち着きを見せたために、GW前後からリスクオンが進行して114円を達成。

今後の予想はどうなるのでしょうか。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ