「スプレッドの情報」タグの記事一覧

価格差を示すスプレッドは、スキャルピングやデイトレードを行う取引量の多いトレーダーに最重要項目。

基準値の為替レートが提示された割合を示すFX配信率

FX会社をスペックで選ぶときの重要基準の一つがスプレッド。この値が狭い程、取引コストが安くなる。そのため自社で口座開設と取引してもらおうと狭くなっています。

ただし、広告で表示されている基準となるスプレッドが実際に提示された割合を示す数値が配信率

●SBIFXトレードのドル/円取引レート

ドル円のスプレッドは0.27

業界でもナンバーワンの狭さで人気の会社。米ドル/円の1万ドル取引を行う時にスプレッドは【0.27銭】(2014年11月9日)


牛丼の値下げ競争並のスプレッド引き下げが9月に激化

サービス競争のなかで、スプレッドは戦争と化しています。後年、あの時期の戦いが天下分け目の戦いだったと言われる位の時期になるかもしれません。

今回のスプレッド競争の引き金は、やはり2012年5月に参入した「SBIFXトレード」がきっかけです。SBIホールディングスの北尾吉孝氏の号令のもと、サービス提供以来、縮小に次ぐ縮小で勝負をかけています。

2012年9月のスプレッド引下げ競争

各社は、9月に入り、次々にスプレッドを狭くして、値下げ競争。宣伝も非常に多かったのでFXトレードに入門された投資家も多かったのでは。

SBIFXトレードの縮小

9月3日にも引き下げを行っていますが、さらに引き下げを発表しています。

それも、「SBIFXトレードの引き下げ⇒他社の引き下げ⇒サービス向上のためにさらに引き下げ」と宣言しての縮小です。


最新トレードスタイル別の口座開設におすすめのFX会社

FX会社は、数十社あるうえにサービス向上のスピードが速くどの会社を選べば良いのか分からない方が多いと思います。特に初心者の方は何を基準に選べばいいか迷ってしまいます。

そこで、当サイトで実際に口座開設・利用したおススメFX会社をトレードスタイルや取引の目的別に分類してみました。口座を選ぶポイントは、スプレッドやスワップポイントなどのスペック。そして取引システムの使いやすさや会社の信頼性などを基準。

トレードスタイル(目的別)のおすすめFX会社

おススメのFX会社

トレードスタイルや目的別におすすめFX会社を分類してみました。実際に利用して評判の良い会社や人気の会社で口座開設&取引できると安心ですね。

会社名をクリックすると詳細ページで確認できます。

更新日(2012年7月30日)


驚きのスプレッドでSBIFXトレードが新規参入:最低取引コストが特徴

新規参入のFX会社:SBIグループのFX会社が、最も狭い水準のスプレッドを引っ提げて登場です。

1ドル=1通貨の取引が、0.19銭で出来る上に、運営会社はSBIグループですから安心してFXができます。その後もスプレッドが狭くなり続けており、2013年3月時点ではドル/円0.1銭です。その特徴をお伝えします。

SBIFXトレードは、スプレッドが狭く業界最安値が最大の特徴

新規参入だけに、そのスプレッドが注目されていましたが、なんと、米ドル/円は0.19銭(原則固定)と、一番、狭いスプレッド(2012年5月)を提供していたFXブロードネットの0.3銭より狭いレベルで売買可能!

SBIFXトレードの0.29

こんなに狭くて会社に利益が出るのだろうかと心配になる程で、新規参入しただけに顧客をあっと驚かせました!私もびっくりしました。ただし、このスプレッドは、1万通貨の取引までです。ドル/円の1万通貨~5万通貨だと0.29=これでも充分狭い!

初心者もベテランも文句なくメイン口座に利用できるレベル!

次々に縮小し続けていますので最新のスプレッド一覧をご確認ください。

2013年9月現在、ドル/円のスプレッドは「0.29銭」です。2013年に為替相場が大きく乱高下したことで広がりました。


スプレッド最安値のFX会社を比較した調査結果

取引手数料無料のため、どの会社が優れているかを測る基準として最新各社のスプレッドを調べてみました。(2014年2月4日調査)

外貨預金や外貨MMFより低コスト・高利便性で人気の外貨投資がFX(外国為替証拠金取引)。 FXの手数料はFXCM社が先鞭を付けて以降はゼロが当たり前となり、売値と買値の差であるスプレッドがお客様の支払うコスト(手数料)です。その幅はますます狭くなってきています。狭い=取引コストが安くなる!

ただし、2013年の為替相場が荒れ模様だったために広げている会社も増えています。


売値と買値の差がスプレッド(取引コスト)ですから狭いほど有利

手数料無料が当たり前となっているFXは、スプレッドがコスト(費用)です。

スプレッドは、年々、狭くなり10年前のドル/円「5銭~10銭」が、今では、「0.4~1銭」まで縮小しています。外貨預金や外貨MMFなどの他の外貨投資商品が、50銭~2円などと比較すると恐ろしく低い水準。今ではインターバンクと呼ばれる銀行間市場並かそれ以上の低い取引コスト。

取引コストとなるスプレッドの例と意味

●FX会社の価格表(ライブスターFX)の例

ライブスターFXの為替レート表

上記は為替レート表で、この価格で取引を行います。

赤線で囲った「Bid」「Ask」の差がスプレッドになり、FXを取引するには、Bidの価格で売り注文、Askの価格で買い注文。そのため、Askの79.530で買った場合には、Bidの価格が、79.530以上になれば利益です。


FXの取引コストは手数料無料が当たり前でスプレッドだけ

他の金融商品に比較してFXトレードは低いコスト・少ない資金で売買可能。せっかく利益幅を取れても手数料負けをしていてはトータルで利益を出せませんね。

特に売買ごとに取られる取引手数料は無料で、売値と買値の差となるスプレッドだけがコスト。

総合的に必要となるコストを理解して実際の取引に臨みましょう。


FX会社のスプレッド掲載ページを調査

売買回数が多くなる程、コストの重要性は増してきます。FX会社の歴史は取引手数料やスプレッドを低くしていく競争でもありました。オンライントレードの利点を生かして何十回・何百回と取引する方にとって、少しでも取引コストの安い会社を探すのは当たり前のことです。どの業界でも成長産業には人も資本も入り薄利多売になってしまいます。

本ページでは、FX会社のスプレッドページを探しやすいようにリンクしておきます。主要通貨ペア以外のマイナー通貨はウェブサイトの奥深くに潜んでいることもありますので。

スワップポイント調査の一覧ページもあります。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ