<スポンサーリンク>

FXのスプレッドランキング

最新のFXスプレッドランキング表。FXの場合、取引手数料は無料がスタンダード。株式のように、日額・月額幾らではなく、売値と買値の差額をスプレッドと呼び【取引コスト】にあたります。

FXスプレッドランキング

ランキングの順位は、最も取引量の多い通貨ペアの米ドル/円を基準にしています。平均は調査した8通貨ペアの平均値。

FXのスプレッドランキング

ランキング調査日時:2015年12月14日更新:画像をクリックするとランキング表が拡大します。

現在、米ドル/円で最も狭いスプレッドを提供している会社は、SBIFXトレード。その取引コストは0.27銭と格安。1万通貨(約120万円)の取引をしても27円しか取引コストがかかりません。0.27銭位なら、数分~数十分で変動しますので、手抜けしやすく、デイトレードやスキャルピングなど短期トレードを中心に取引している方の満足度が高い口座。

●通貨ペアのレート画面:SBIFXトレード

SBIFXトレードの為替レート

 

通貨ペアごとに、リアルタイムで現在値が更新されます。取引システムを選ぶ際に重要なポイントがスプレッドランキング。

他の上位は、0.3銭で並ぶDMMFX・外為ジャパン・GMOクリック・ヒロセ通商・ワイジェイFXなど。

米ドル/円以外のスプレッドに注意

米ドル/円のスプレッドは、ほとんどの会社が狭くしています。ところが、英ポンド/円やカナダドル/円など、取引量の少ない通貨ペアは、かなり幅があります。通貨ペアによっては英ポンド/円やNZドル/円のように1.5銭前後から5銭程度まで幅があります。英ポンド/円やNZドル/円を頻繁に取引するFXトレーダーは、米ドル/円以上にスプレッドランキングを意識して口座開設する必要があります。

 

※基本的にスプレッドは固定ですが、時間帯や流動性の低下により拡大することがあります。特に雇用統計など重要経済指標発表時などはスプレッドが拡大しやすいのでご注意ください。

<スポンサーリンク>
 

関連記事

ランキング


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ