「為替で儲けるとは」の記事一覧

金融商品の一つとして大人気のFX。外貨預金より手数料が格段に安く為替に関する情報提供・レバレッジ・24時間変動するレートで取引できるなど有利すぎて爆発的なブーム。DMMグループやGMOクリック証券・SBI・楽天など多くのIT・金融グループが取り扱っています。

外国為替取引は実需の経常・資本取引と投機の3つに分けられる。

外国為替取引を行う理由として、企業の輸出入や、外国株式への投資、外為取引そのものから利益を狙う投機など様々なものがあります。

まず、取引を大きく3つに分類して見て行きましょう。ややもすればゼロサム取引・投機的と言われかねないFXです。

利益を得るためには孫子にならって敵を知り己を知れば百戦危うからず!

外国為替取引を3つに分ける。

大別すると以下の3つの取引があります。


FXの損益計算方法:全て取引システムが自動計算してくれる

米ドル/円など外国為替取引で為替相場が動くと利益か損失が生じます。その利益をFXトレーダーは狙って売買します。その計算方法をマスターしておきましょう。

FXの損益計算方法

基本的な原理は、株式取引や不動産取引と同じで、相場が予測通りに動くか逆の動きをするかで、利益を得たり損失を被ったりします。

ここでは、FXトレードの損益計算についてご説明します。

ドル/円など対円ペアの「クロス円」の計算式

米ドル/円やユーロ/円・豪ドル/円など右側に日本円が付いているクロス円と呼ばれる通貨ペアでの計算方法です。米ドルは世界の基軸通貨で最も取引が多く、米ドルと他通貨の取引を「ドルストレート」と呼びます。

また、米ドルを取引相手としない通貨ペアを「クロス通貨」と呼び、その中でも対円のペアを「クロス円」と呼びます。日本はこのクロス円での取引が多い市場。


FXのスリッページや自動売買の規制による制限!

金融庁と金融先物取引業協会は、FXトレードに新たにバイナリーオプション・スリッページ・自動売買の規制を導入します。2013年5月31日の日経新聞に詳しく掲載されました!

新しい法規制としてスリッページを制限

2013年の為替相場は、円安傾向により取引高が増えており、4月の取引代が443兆円と2008年11月の統計取得開始以来最大とのこと。

今回の法規制は下記の3点中心。

約定システム(スリッページ)の法規制

外国為替市場で投資家が注文を出すと値動き次第で、注文価格と約定価格にズレが生じることがあります。このズレがスリッページです。


今後の為替相場が上か下かを予想して売買するFX

FXは、今後の為替相場が上=高くなるか、下=安くなるかを予想する取引。利益を得られる可能性もあり、ヒリヒリする面白さもある人気の取引!

今後の為替相場を予想して売買を行うFX

基本はカンタン、賢い商人のように上がると思った時に安いうちに買う!

1. ある通貨ペアが安い時に買って高くなれば売る

2. ある通貨ペアが高い時に売って安くなれば買い戻す

予想を逆から読むと「うそよ」になりますが、経験を積んで、パターンをマスターすれば、売買できる可能性はあるのではないでしょうか?


ユーロ/ドルなど日本円が絡まない外貨同士の利益計算方法

ドル/円やユーロ/円以外の通貨ペア、ユーロ/ドルや英ポンド/ユーロなどに着目している方はも多いと思います。しかし、外貨同士の場合、利益や損失の計算方法が分かり難く、トレードしない方も多いとか。

外貨預金では外貨同士の取引はできませんからFXだけの取引です。スプレッドも外貨預金・MMFより、狭くユーロ/ドルやユーロ/英ポンドなどは、ベテラントレーダーに人気があります。

ドル/円などクロス円の損益計算方法もご確認ください。

●多彩な通貨ペアを少ない取引証拠金で取引可能(外為オンラインの画面)

外為オンラインの取引レート画面

2014年2月3日の為替レート


店頭に対して税制で有利だった取引所FXのくりっく365は税制改正により取引量が急降下!

FXの取引所取引「くりっく365」の取引量が2011年12月以降落ち込み続け、かなり危ういところまで減りつづけています。

お客様と取引会社が一対一(相対)で行う「店頭取引」と証券同様にまとめて一か所で取引を行う「取引所取引」の二つに分かれます。元々、FXは店頭取引で始まったこと・スプレッドなどのサービスが優位なことから店頭取引の方が顧客の数や預り資産といった事業規模ははるかに上。

取引所FXは先発の東京と後発の大阪にあり

取引所取引は、東京金融取引所(金融取)の「くりっく365」と大阪証券取引所の「大証FX」の二つがあり、東京のくりっく365がスタート時期も早く東京と大阪の比較で圧倒的な人気を集めています。

くりっく365の取引量が低下中


外貨預金とFXの比較:手数料や利便性の点ではるかに有利な資産運用。

米ドルや豪ドルに資産を移したいと考えている方は多いと思います。外貨預金もいいのですが、レバレッジ1倍で運用すればFXの方が手数料や利便性でお得!

外貨預金とFXの比較

外貨預金と比較するとFXは、圧倒的に有利ですので、外貨預金を解約してでも代替することをおススメします。誤解されがちですが、投機的に売買を繰り返すためだけの金融商品ではありません。 (レバレッジ1倍でも取引できます)


外国為替証拠金取引=FXは、為替差益を狙う個人投資家向けの金融商品

資産運用手段の一つとしてすっかり定着した「FX」。投資の初心者が始める入門編としてはもちろん、個人投資家として活躍している専業トレーダー利用するケースも多く、一般の雑誌や新聞にも記事が掲載される程の人気がある金融商品です。

その人気の秘密を見ていきましょう 。基本は、安く買い高く売ることで為替差益を狙います。逆方向に動くと損失が生じる点など株式と同じような仕組み。

GMOクリック証券

●GMOクリック証券の為替レート画面

FXは、証拠金(保証金)を取引会社に預けて行う、差金決済による通貨の売買(外国為替取引)のことで、「FX」「通貨証拠金取引」「外国為替保証金取引」などと呼びます。為替レートの変動で生じる差損益やスワップポイントで利益を得ます。

1998年に外国為替及び外国貿易法が改正(FXの歴史)されて以降、多くの会社が手掛けるようになりオンライントレードの普及とともに外貨投資の手段として定着しました。


外国為替証拠金取引(FXトレード)の歴史は1998年の外為法改正に始まる

FX(外国為替証拠金取引)が始まり10年以上が経過しています。その歴史的経緯をご紹介。

歴史の始まり:日本初のFX登場

1998年10月に、外国為替証拠金取引をダイワフューチャーズ(現ひまわり証券)が開始したのが、日本のFXの始まりです。1998年に外為法が改正されたため、それまで金融機関(外国為替公認銀行)に限られていた為替取引が完全に自由化されたことがきっかけです。当時の商品先物業界は、従来の先物取引から脱したいという強い思い・不景気による人材採用の行いやすさが合わさって、新規ビジネスを起こしやすい環境。

⇒以前は外国為替取引は銀行のみに許可された業務で、一般の企業は扱えませんでした!


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ