「情報・チャート比較」の記事一覧

<スポンサーリンク>

テクニカル分析のチャート。GI24やFXWAVEなどの情報

ペンタゴンチャートが使える4つのFX会社

五角形=ペンタゴンチャートは、テクニカル分析の一つで五角形の図をチャート上に書きます。価格はその五角形に沿って動いたり、点でトレンド転換することから、上手に使えば、FXの予想をする際に、利用しやすいツールです。

このペンタゴンチャートを使いたい人に、無料で提供してくれるFX会社を紹介します。


DMMFX:初心者の方にもお勧めできる取引ツール付属チャートの利用方法

DMMFXは、取引量が多くて人気の会社。人気の理由がチャートシステムの使いやすさ。スプレッドが狭いだけではなくチャートの使いやすさにも力を入れています。

DMMFXのチャートを使う方法

●チャートの基本:ローソク足を表示

ローソク足チャート

それでは、DMMFXチャートの利用方法をご紹介していきます。

●テクニカル分析を表示する画面

変わったテクニカル分析としてはスパンモデル・スーパーボリンジャーなど。


トレンドラインを引きやすいFX会社はどこ?

もっとも基本的なテクニカル分析がトレンドライン。昔から使われている分析方ですが、今でも有効な方法です。FXトレードにおいて、トレンドラインは、為替相場予測・エントリーと決済のタイミングを測るのに最適だと思います。

そのトレンドラインを引きやすいFX会社をいくつかご紹介します。

●米ドル/円チャート:DMMFX

トレンドラインを引く

為替相場はジグザグに動きながら、じりじりと上昇・下落するか横這いの3パターンで動いていく。このジグザグ度合いと向いている方向を確認しながらトレードしましょう。

トレンドラインは、日足・1時間足・5分足と様々なチャートで引きます。また、時折引き直しますので、引きやすく確認しやすい方が、FXトレードに集中できます。


ダイヤモンド社のZAIとディーラー西原宏一氏が配信するメルマガ「FXトレード戦略指令」が1周年

マネー誌の中で、もっとも分かりやすく売れていると評判のダイヤモンドZAI。その別冊として人気のザイFX。

そしてシティバンクをはじめ外資系金融機関で活躍してきたディーラー、西原宏一氏。

両者がコンビを組んで、配信しているメルマガが、「ZAi FX! ×西原宏一 FXトレード戦略指令!」

高い人気を誇り、ついに1周年!


チャートで選ぶ人は多い!FX口座を選ぶ時の注目ポイント

FXトレードの最大の味方であり武器と言えるチャート。

各社それぞれ優れたチャートを提供しているため、最低水準は満たしています。そうはいってもプラスアルファや使い勝手の良いところを求める際には、どこがいいのか?

利便性が高く操作性が良いのが一番とはいえ、どういった点に注意して選べばいいのか分からない方向けに注目ポイントをピックアップ。

一応、前提として、スプレッドやスワップポイントの良い会社はサービス向上のため、良いチャートシステムを提供しています。人気のある会社を選べばまず大丈夫でしょう。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ