「為替相場の基礎知識」の記事一覧

外国為替相場を予測するために必要な基礎知識。米ドル・ユーロなど通貨の特徴、外国為替市場の参加者やインターバンクの事などをお伝えいたします。

【ユーロ】の問題点、単一通貨・単一金融政策ゆえに調整機能が働かない!

欧州の通貨【ユーロ】で、次々に問題が起きる理由は、単一通貨・単一金融政策にも関わらず、国によって経済状況や財政政策がバラバラなこと。

ユーロは通貨を統一して、ECBという中央銀行の元に一律の金融政策が実施されています。これによって、ユーロ圏内では、為替リスクがなく、貿易や人の行き来がしやすく、様々なメリットが生じます。ところが、為替相場がない分、調整機能が働かず、ユーロは多くの問題を抱えてきました。

FX・外貨預金で、ユーロ/円やユーロ/ドルを取引する人は、この弱点を知っておきましょう。


FXの時間帯別値動きについての特徴:24時間変動を続ける為替相場を知る!

FXトレードは、24時間売買できます。でしかし、時間帯によって値動きの特徴が違います。その特性を知った上で仕掛けていきましょう。

為替相場の世界三大市場は東京・ロンドン・ニューヨーク。この3つは具体的な市場があるわけではなく、電子・電話のバーチャルな市場で、時間帯別に分けているだけ。

為替相場の値動きには特徴あり

時間帯ごとに特徴のある為替相場。もちろん通貨ペアによっても異なり、早朝のオセアニアから午前中は豪ドルやNZドルが動きやすい。スキャルピングをするなら、相場が動く時間帯がベストですし、中長期投資ならじっくりと検討できる時間に熟考すべし。


巨額な資産を持つ投機マネー:政府系ファンドや年金基金の動きをFXトレーダーは掴んでおこう

巨額な投機マネーの考え方を参考にしましょう。個人でFXトレードを行っているとニュースで投機マネーやヘッジファンドなどの大金で市場が動いている現象を見ます。

ついつい、自分も同じような事をしたいと妄想してしまいがち。でも彼らの考えや動きをトレードに利用することはできるはず。

もし何百・何千億円の資産があったらどうするか?


東京・ロンドン・ニューヨーク:FXと為替の三大市場とその特徴を理解しておきましょう

為替市場は24時間ずっとネットワークでつながれています。オセアニア(NZ・豪)から一日が始まり東京・ロンドン・ニューヨークと主要市場が移り行く中で市場(時間帯)ごとに特徴を持ちます。

自動取引が増えていても人間の生活リズムに合わせて会社や市場が動いていることを覚えておいてください。日本のFXトレーダーが活発な時間は為替市場も活況な時間です。


タイヤキの頭としっぽはくれてやれ。為替相場で大底と天井を見極めることは難しい

為替相場の天井と底を見極めることは難しい。格言の中にも「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉もあるほど。

元モルガン銀行のディーラーとして活躍し、ジョージ・ソロスのアドバイザーを務めていた「藤巻健史氏」は、「タイヤキのしっぽはマーケットにくれてやれ」という本を書きヒットしました。外資系銀行で成功した日本人ディーラーの一人。

藤巻健史氏の話は分かりやすいて面白い


織り込み済み・噂で買って事実で売る・材料出尽くし。FX初心者を戸惑わせるセオリー破り

米国が金利を上げたからドルを買ったら下がってしまった。後でニュースを読んでみたら「織り込み済み」「材料出尽くし」と書いてある。これってどういうこと。

FXを始めたばかりの方がぶつかる壁の一つです。

学校の勉強は、質問に対して必ず回答が用意してあります。特に近年のマークシート方式では、必ず解が一つあります。ゆえに「金利が上がればその国の通貨は上がる」などという確実な正解(セオリー)を求めがち。

ところが、現実世界は、いつも法則がきちんと働くとは限りません。時にはセオリーと逆の動きを見せます。


予想が外れた!FXで保有ポジションの含み損失が増える時の対応方法

相場の上昇を予想して買ったのに下がっていく。予想が外れてがっかりする瞬間です。

保有ポジションの損失が膨らんでいくのをじっと見ているのは精神衛生上も良くありません。人間が最もストレスに感じるのは選択肢がいくつか有り、どれにするか迷っている状態だといいます。ましてやそれが損失や利益に繋がるとなると胃潰瘍にでもなりそう。

●外為オンラインの取引画面

損失をどうするか


FXの両建ては損益が固定されるため考える時間ができます。

FX規制の一つで物議をかもしたのが相場のポジション管理方法の一つ「両建て」。同一通貨ペアの買いポジションと売りポジションの両方を持つこと。

FXは買いポジションだけでなく売りポジションも持つことが出来ることを生かした手法です。

両建てを金融庁とFX会社はおすすめしていない

証拠金に関する規制の一つとして、FX会社は取引説明書に欠点を記載することになっています。

金融先物取引業協会の証拠金規制


FXの塩漬けポジション:含み損を持ち続けるネガティブな方法

相場が予想と反対方向に動いた場合に損切りをせずにポジションを保有し続ける方法が塩漬け。損失が膨らみもういいやとポジションを放っておくイメージ。FXは取引期限がないため、それこそロスカットされるまでずっと保有し続けることもできます。

野菜や魚を塩漬けにすると長持ちしますよね。食べ物だと後で美味しくいただけますが、FXで塩漬けをすると大体はどうしようもなく腐ってしまいロスカットされがち。

レンジ相場だとFXの塩漬けポジションでも問題ない。

ポジションが小さくFXのスワップポイントを狙っての長期保有ならば多少の塩漬けをしても問題ありません。スワップポイントもどんどん増えますし、もともと長期保有を目的にポジションを持っているので、少々の値下がりには耐えられるはず。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ