「自動売買・シグナル」の記事一覧

テクニカル分析を元にしたプログラム売買。MT4やトレーデンシーが有名な自動売買システム。

著名な為替ディーラー達が執筆するFXブログで情報収集しましょう

数多くの為替ディーラーが、銀行を退職して証券会社や銀行・商品先物会社に参加しました。その方々の努力が、現在のFXトレード業界の一端を担ったと言えます。そして、今でも、個人投資家向けの情報配信をブログやメルマガで行っている著名なFXディーラー達は数多くいます。

初心者の方はもちろん、ベテランの方も情報収集や売買シグナル・ポイントの参考にできると思います。好きなトレーダーを見つけて、コピートレード的に売買してみるのも一興でしょう。

為替ディーラー達が銀行統合でFX業界に登場

ユーロ統合前は、通貨の数だけ為替ディーラーの人数も必要でした。ところが、ユーロ統合・銀行の合併が相次いで起きてしまいます。日本でも三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などメガバンクが続々と誕生。すると銀行ごとに存在したディーラー達は職を失うことに。いわゆるリストラですね。

その時に、外為法改正やパソコン・インターネットの進化で普及したのがFXです。スタート時は人材不足が著しく、同じ為替を扱うビジネスということから為替ディーラーやブローカーを次々に採用して業績向上を目指しました。FXは銀行以上にスプレッドが狭く、外貨預金以上にスワップポイントが貰えるため、あっという間に普及したため為替に詳しい人材を募集中。

外為ディーラーたち


コピートレードとは何?FXで利益を上げている人を真似して取引

初心者の方は、売買ポイントの判断に迷うはず。そこでコピートレードという方法を覚えておきましょう。

為替レートやチャートを見てもどこで売買していいのか分からない。そういう時はデモトレードで売買練習。それでも不安な時は上手な人を探して真似るのも一つの手。

●ユーロ/ドルの日足チャート:SBIFXトレード

ユーロドルのチャート

さて、あなたなら、ここからどう売買しますか?


外国為替レートの過去データ(四本値)を入手する方法

為替相場の予測をするため、何らかの分析をするために過去の外国為替相場をデータとして手に入れたい時に重宝するFX会社が「外為どっとコム」。

ヒストリカルデータをチャート画像ではなく、簡単にCSVやエクセルに落とせるデータとして利用できます。

為替レートの過去データ(四本値)を入手方法する

外為どっとコムの取引システムにログインし為替のチャートを開きます。

●今回、豪ドル/円の月足チャートを選択しました。

豪ドル円の月足チャート

※外為どっとコムの週足チャート

左下にある、CSVダウンロードマークをクリックすると、表示している通貨ペアのヒストリカルデータ(四本値)をダウンロードできます。


自分で判断して取引する裁量と自動でコンピュータに任せるシステムトレードの比較

裁量トレード対システムトレードはどちらが有利?ん、自分で判断しないで取引をする方法もあるのかと初めての方は思うかも。

FXを取引するには自分で売買判断を行わずプログラムに任せる「システムトレード(自動売買)」という取引方法と自分自身で買いおよび売りのタイミングを判断する「裁量トレード」の二つの方法があります。


メタトレーダーを勉強できるおすすめ本:利用方法から作成方法

システムトレードとチャートとを使ったテクニカル分析で人気のツールが、メタトレーダー(MT4)です。使い方が少し他のFXツールより難しいことから、書籍などで勉強してから取り組むことをおすすめします。

FX会社のサービス向上競争は激しくトレーダーとしては少しでも有利な会社で取引をしたいもの。でも取引会社を変えたらチャートの使い方も一から覚えなければいけませんね。同じメタトレーダーを扱う会社であれば、複数の口座を持とうがサービスに不満で会社変更しようが戸惑わずに取引できることもメリット

なお、メタトレーダーに力を入れているFX会社は、フォレックス・ドットコムアルパリジャパンなど外資系の会社が中心ながら日本の会社でもトレードできます。


メタトレーダー4(MT4)とはFXチャートが自慢の世界標準システム

メタトレーダーは、オンライントレードをプロに近い環境で取引するために開発されたチャートソフトで、世界中のFXトレーダーから高い評価を得ているチャートソフトです。

海外のFX会社は、独自の取引システムではなく、顧客にメタトレーダーを利用させる方法で事業を運営している会社が多くあります。代表的な例は、アルパリジャパン

メタトレーダーの魅力

メタトレーダーは、無料で使うことが出来る上に、日本語で取引できるソフトでいくつもの魅力(メリット)があります。チャートソフトとして非常に優秀なソフトです。


決められたルールに従うFXシステムトレード(自動売買)の利点と注意点

システムトレードは、裁量(個人の考え)ではなく、あらかじめ定められた売買ルールに従って売買を行う方法。

利益が出る勝てるトレードであることをバックテストで確認した上で取引。過去のデータをもとに検証を繰り返して使えるシステムトレードが生き残っていくことになります。

シストレ24の売買履歴

シストレ24の売買履歴

自動で売買を行ってくれる!


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ