「為替相場の予想情報」の記事一覧

<スポンサーリンク>

為替相場の先行き予想。現在値より円安・円高どちらに動くのか情報を集めて予測しましょう。

ゴールドマンサックスの2018年FX・金利・株の推奨トレードは的中するのか?

2018年にゴールドマンサックスが、推奨するトレードは、サイクル後半の楽観主義と題されており、アメリカファーストではなく新興市場やユーロ買い。

ゴールドマンサックスのアナリスト「フランチェスコ・ガザレッリ」氏がブルームバーグに語っています。


2018年の米ドル/円はドルも円も弱くてレンジ相場と佐々木融氏が予想

いよいよ2017年も押し迫り、2018年の相場予想がいくつか出てまいりました。JPモルガンの佐々木融氏は、米ドル/円のレンジ相場とクロス円の円安を予想。

ロイターで佐々木融氏が語ったところを見てみましょう。

2017年の米ドル/円の変動幅は9.6%程度、年間平均レンジは17.7%と狭いレンジで推移。


2017年10月の衆議院選挙後に米ドル/円は120円を目指して上昇とみずほ証券のチーフFXストラテジスト鈴木健吾氏は予想

しばらく、112円~113円台で動いてきた米ドル/円、衆議院選挙明けには、為替相場を動かす材料が多いため、上下どちらかに抜ける可能性があります。

みずほ証券のチーフFXストラテジスト、鈴木健吾氏はロイターにて115円を超えて120円を目指すと予想中。


米ドル/円のミライは?2017年上半期をSMBCフレンド証券の岩下真理氏が振り返る

米国の9月FOMCが終り、本格的な秋相場の始まり。SMBCフレンド証券の岩下真理氏は、米ドル/円の2017年上半期を振り返る記事をロイターに寄稿

岩下真理 SMBCフレンド証券 チーフマーケットエコノミスト


世界経済の安定で新興国に資金が流入しているのが米ドル・日本円の弱い理由と佐々木融氏が語る

2017年の米ドルが弱い理由を佐々木融氏がロイターで語っています。

米ドルは、ユーロ圏の経済が好調に推移していること・選挙でユーロを維持する側が勝利したこと・ECBのテーパリングが近いことを材料にユーロ高ドル安の動きが出ています。

そして、日本円やスイスフランに対しても弱さを見せています。その理由を佐々木融氏の説明から見てみましょう。ロイターの記事


波紋広がるグリーンスパンの債券バブルのリスクに備えた動きが広まる

元FRB議長として有名なアラン・グリーンスパン氏は、債券市場はバブルであり金利上昇リスクについて話をしました。

もし、債券バブルが破裂すれば、株式などの資産価格に大きな影響を与えることになります。特にFRBのバランスシート縮小&ECBのテーパリング開始が起きることによるリスクがFX・株式市場で心配されています。


日銀の金融政策&好調な世界経済に潜むブラックスワン:佐々木融氏と田巻一彦氏の懸念

日銀は7月20日の金融政策決定会合で、金融政策を維持。そして、インフレ目標の達成時期を先送りしました。

欧米は、経済が好調維持しており、金融引締めへと動いています。その中で、佐々木融氏と田巻一彦氏の考えるリスク・ブラックスワンをまとめてみます。両氏ともロイターへの寄稿。


ロシアゲート事件で初夏にかけての米ドル/円の動きはどうなる?

トランプ政権のロシア疑惑「ロシアゲート」事件を受けて円高方向へと進んだ米ドル/円。今後は、このロシア問題&米FOMCでの利上げに注目が集まりそうです。

佐々木融氏&斉藤洋二氏がロイターにロシアゲート絡みの為替相場予測を寄稿しています。


ムーディーズが中国の格付けを「A1」に引下げ!今後の債務増加を指摘

米国の格付会社「ムーディーズ」は、2017年5月24日、中国の格付けを「Aa3」から「A1」に引き下げました。1989年以来の出来事で中国の債務問題がクローズアップされていくきっかけになるかもしれません。発表直後は、リスクオフで米ドル/円が売られました。また、中国と関係の深い豪ドルは大きく売りが出ています。

ムーディーズは、改革が進めば、経済と金融システムを改革できる可能性はあるものの、債務の増大を阻止する公算は小さく、政府の偶発債務が増えるだろうと指摘。

当然、中国側は反論。債務急増・改革難航・力ずくの成長維持の三点は誇張にすぎない。構造改革の取り組みを見くびっていると批判。スターウォーズでアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーもオビワン・ケノービとの決闘で「「僕の力を見くびるな!」と言ってから、敗北しました。さて、中国政府対格付け会社のバトルはどうなるでしょうか。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ