「FXのおすすめツール」の記事一覧

FXトレードで利益を上げるために必要なおすすめツールの紹介。チャート及びチャートやテクニカル分析を初心者でも扱いやすくしたツールが人気。

SBIFXトレードの公開日誌で、他人のFX売買結果を覗いてみましょう

他の人はどのようにFXを売買しているのか?

気になりますよね。取引通貨ペア・売買回数・取引高、そして利益・損失は出たのかどうか。それを参考にして勉強することもできますし、手探りでFXをするよりも参考になるはず。SBIFXトレードは、お客様のトレード状況を日々、公開しています。

口座開設したばかりで、FXの取引方法が分からない等、初心者の方は確認してみるのもいいと思います。


外為情報ナビのツールで、FXの注文情報や売買比率情報を確認

FXは基本的に出来高分析がありません。ただ、一部のFX会社が、自社の注文情報や売買比率・ポジション比率を公開してくれていますので、それを参考にすることができます。

代表的なツールが外為どっとコムの外為情報ナビです。この中の「ツール」に外為注文情報・ポジション比率情報をはじめ売買状況に関するサービスがあります。


不思議と当たるFXのペンタゴンチャートと使い方。

ペンタゴンチャートは、五角形の図をチャート上に描いて、相場予測をするテクニカル分析ツールの一つ。今回は、そのペンタゴンチャートの使い方を紹介いたします。

なぜ、為替や株式などマーケットの動きが、五角形を描いて上下動するのか明確な答えはありません。

当たる理由は、黄金分割比が、FX・株式を売買する投資家の心理を表しているかもと言えるくらい。黄金分割は、ご存知の方も多い、1:1.618などの比率。自然・人工とわず、最も美しいとされてている比率で、不思議とこの比率を金融マーケットは重視します。

もっとも自然科学の専門家には、フィボナッチや黄金分割で相場を的中させるのは難しいと思っている方もたくさんいます。しかし、生物の模様や貝や鹿の渦巻きはらせんによる回転であることも確かであり、人間の損益に対する心理をフィボナッチや黄金分割が示していると思ってもいいと思います。

FXで黄金分割を活用するためには、価格と時間の二つを利用してフィボナッチリトレースメントなどで描きます。

ペンタゴンチャートは、この価格と時間を一つのツールで判断できる優れた分析ツール。


【tradable(トレーダブル)】は、好きなアプリを購入してツールを作成するトレーディングソフト

トレーダーのニーズに合わせて開発が進むFXトレーディングシステム。マネックス証券提供の「tradable(トレーダブル)」は、世界中で買い月が行われるアプリを利用できるツール。

元々は、2012年に設立されたデンマークのトレーダブル社が開発したシステムをマネックスがライセンス契約。デンマークといえば北欧家具のデザインなどで有名。FXトレーダーならば、サクソバンクの名前を聞いたことがあるかもしれませんね。


為替相場の先行きを予想する形状予測ツールのブログパーツ

今後の為替相場を予測する形状予測ツール。外為どっとコム提供のぴたんこテクニカルのブログパーツ版。

形状予測ツールをこのままの状態で利用できます。

残念ながら、このブログパーツはサービス提供終了してしまいました。

利益を得るためには、将来の値動きを予測する必要があります。本ブログパーツは、過去のチャートから現在の形状に類似した形を探し出して一致率を確認します。開発元は浅草のシステム開発会社「センティリオン」。


外為どっとコムがぴたんこテクニカルと米ドル/円0.3銭を武器に本気モード

FXを一大産業に育てあげた代表的な会社が「外為どっとコム」提供の相場予想ツール「ぴたんこテクニカル」をご紹介します。

豊商事のe-kawaseが切り開いた親しみやすく気軽に取引できるオンライン為替取引を定着させて育て上げた会社。

笹子善充氏が辣腕を振るい、デモトレードコンテストで赤のアルファロメオをプレゼントとプロモーション活動に力を入れていました。その後、スプレッドとレバレッジ競争が主流になったFX業界で少し知名度を落としていましたが、ここにきて新サービスを次々にリリースしています。

お天気シグナルで売買判断を助ける「ぴたんこテクニカル」

初心者はテクニカル分析・チャートをどう予測していいか迷います。なぜなら、過去のセオリーが当たるとも限りませんし、見方自体が曖昧な面を含んでいます。トレンドラインの引き方やRSIなどオシレーター系の分析方法にも個人差があります。

そのため、口座開設したものの分からないから取引できない、売買するのが不安だという方も多い。

浅草蔵前にあるシステム会社「センティリオン」が開発した外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」は、視覚的にテクニカル分析を表示してくれるので初心者にも売買タイミングがわかりやすくて安心です。


トレーデンシー社の【ミラートレーダー】について基本画面と操作方法をご紹介

インヴァスト証券のシストレ24フイリップ証券のミラーFXとシステムトレードによる自動売買が人気化しています。

情報収集から分析・売買まで全て自分で行うのは時間がなくてできない方、自分でやってみたけど上手く行かない方、プロに運用を任せたい方などのニーズに応えて取引が増加。

トレーデンシー社システムを各社がカスタマイズして提供しているのであれば基本は共通です。いわばマックやケンタッキーフライドチキンのように同じ注文方法が通用します。ただ、用意できる資金がが少ない方には向いていません。


総合金融グループを目指すフィリップ証券のミラーFX

「ミラーFX」はフイリップ証券が提供するシステムトレード。インヴァスト証券の「シストレ24」と同じトレーデンシー社のものを利用。

世界中の売買戦略(ストラテジー)開発者が、知能の限りを尽くして売買のロジックを作成します。選択さえすれば、24時間自動で売買を行ってくれます。


新サービスとして広まった「バイナリーオプション」は、為替レートが上がるか下がるかを予想する取引

FX会社を中心に新しく提供が始まったバイナリーオプションは、為替レートが「上がるか?下がるか?」のどちらかを予想して選ぶ取引です。特定の日時に為替レートが「上がるのか、下がるのか」のどちらかを選び、予想通りに為替レートが動けば利益、予想が外れれば損失というシンプルな金融商品です。

短い期間で予想を行う上に、決まられた日時に予想レートに到達すればOKとシンプルさが評価され人気が高まる。

しかし、人気化に対して金融庁は懸念を抱き、2012年12月にバイナリーオプションの業界自主規制案を日経新聞が記事にし規制の網がかかりました。


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ