「為替相場ニュース」の記事一覧

<スポンサーリンク>

昨夜の為替相場が変動した要因を朝のマーケットニュースとしてお届けいたします。

なぜ、インフレ率は上がらない?イーロン・マスクは、自動化でモノの値段が安くなると主張。

デフレの恐れは弱まったものの、なかなかインフレになりません。米国や日本は失業率が低くなっても賃金は上がらず、資源価格も石油ショック時のような高騰は見せません。もしかしたら、モノの値段は更に安くなるかもしれません。

電気自動車メーカー「テスラ」のCEOのイーロン・マスク氏は、今後、モノの値段が更に安くなると予想しています。

イーロン・マスク氏は、自動化で生産性向上するゆえ、モノの値段が下がると考える

ドバイのサミットで、ベーシックインカムについて語ったイーロン・マスク。

マスク氏は、政府支出でまかないきれないだろうというベーシック・インカムへの反対意見への解決策を語った。マスク氏は、自動化で生産性が上がれば経済が豊かになるので政府支出で対応できるという。 「商品やサービスの生産性が極めて高くなるだろう。自動化のおかげで豊かになると、ほとんど全てのモノの値段が極めて安くなりる。私は、普遍的なベーシック・インカムは必要になると思う」と、マスク氏は語った。 自動化社会とAI

自動化・AIの進化で生産性が上がれば、モノの値段が安くなる。

農業・工業どの産業でも人手がいらなくなりロボットで代用できるようになれば、生産コストは大きく下がります。コストの中で大きな部分を占める賃金が減れば、モノの値段は劇的に下がることになりますね。

まだ先の話とはいえ、もしも、AIによる自動化が進めば、経済はもちろん人類の歴史・文化的に大きく変わります。その未来を見越すならば、経営者は、賃金を上昇させたくはなくなります。

イーロン・マスク氏はベーシック・インカムの問題点として、生きがいをどうするかという問題を上げています。さらに、AIは、インフレ・デフレの概念を大きく変化させるかもしれません。

価格比較が購入の最大ポイント

すでに、インターネットの進化で、簡単に価格を比較する術を手に入れたために、高値の商品は売れなくなっています。高値で売れるのは趣味・嗜好品で大量生産できない品のみ。価格を比較できるような商品の場合、検討する最大のポイントは価格!

もちろん、品質は大切。ただし、品質すらすぐに比較・判断できる社会で、粗悪品をふるい落とせば、価格の重要性が増していると思います。FXや株式投資の世界なんてその典型ですね。取引する会社を選ぶ最大のポイントはスプレッドや取引手数料といったコスト面。

これでは、利益を上げてもすぐにライバルに追随されるため、参入障壁の高い業界でもない限り、賃金増加・インフレになりにくいのは当然でしょう。


北朝鮮がミサイルや核開発するための資金源の一つがFX?

北朝鮮が核開発やミサイル実験するために必要となるはずのお金はどこから出てくるのでしょうか?その資金源を調べてみました。

韓国銀行の発表では、北朝鮮の2016年成長率は前年比3.9%増。中国への輸出が増加。中国は石炭の輸入はストップしたものの、鉄鉱石などの鉱物資源の輸入は継続。トランプ大統領の怒りを買う原因の一つになっています。


ゴルディロックスの適温経済はまだ続くのか?エコノミストによる世界経済総予測2017年下期

世界経済は回復しつつあるのかバブルなのか?様々なリスクをはらみながら、ユーロからの離脱は英国のみにとどまり、欧州経済は回復傾向、米株価は上昇し続けています。エコノミストでは、ゴルディロックス経済をスーパー適温経済と表現しています。

熱すぎず冷たすぎずちょうど良いおかゆを少女が食べたことがゴルディロックスの由来。

なかなか、米国の長期金利は上がらずに、為替市場は円高に推移していることから、FXトレーダーはやきもきしている人が増えています。


不人気なズマ大統領の不信任案否決により南アフリカランド/円は下落。

南アフリカのズマ大統領は、議会での不信任案否決で何とか政権を維持しました。南アフリカランドは下落で反応。ズマ大統領は汚職疑惑を以前より抱えており、政治的な不安が通貨や経済状況にも影響しています。


南アフリカのズマ大統領とゴーダン前財務相のゴタゴタ続き、ランド安に動く

南アフリカランドは、ズマ大統領がゴーダン財務相を解任して、ギガバ内相を任命する政治的混乱を嫌気して下落中。財政不安や格付け懸念が出ています。おかげでスワップポイントを貰えるとFXで人気の通貨「南アフリカランド/円」は大きく下落。

与党のANC(アフリカ民族会議)からは、ズマ大統領の退任要望も出ており、ゴーダン氏もズマ氏と対立する姿勢を見せています。なんと、ゴーダン財務相は、英国の機関投資家向けに説明会を行うために、渡英していたところに帰国を命じられていました。


限界が近づく北朝鮮動乱のリスクシナリオ:問題は金正男事件だけではない

北朝鮮の暴発リスクが高まってきました。日本の報道では、金正男氏殺害及びその死因(VXガス)で盛り上がっていますね。

一部の報道の中でも、もっと大事なことがあるだろうと言われる通り、金正恩氏の暴走・クーデター・暗殺などのリスクを考えておいた方がいいでしょう。

シナリオ次第で、米ドル/円は、大きく動く可能性があります。FXを取引する方は、北朝鮮リスクに気を配っておくこと。

トランプ大統領の議会演説が終り、3月利上げ確率も上昇しているために113円台後半まで米ドル/円は上昇。


英国メイ首相は、EU単一市場から離れて「ハードブレグジット」となるシナリオを選択

英国が、EU離脱を国民投票で決めてから約半年が経過しました。ブレグジットは、ソフト路線ではなくハード路線に向いています。英国はEU単一市場から抜け、主権をEUから自国に取り戻す方向=国民投票の結果がそうでしたから、まず、その方向に進むでしょう。

英ポンドが今後、どのような動きを見せるのか不確定な部分が多すぎます。FXで、英ポンドは動きの激しさで有名な通貨でした。2017年以降も、荒い値動きが起きると共に、ユーロとの連動性が弱まるのではと思います。


本国投資法による米ドル高効果はいつ発揮されるのか?

トランプ次期大統領が推進する本国投資法は、米企業が海外に溜めている利益を米国本国に戻す法律。これが実施されると米ドル高になる可能性があり、FXにとって見逃せない内容になりそうです。

米企業が海外に置いている利益は、ロイターの報道では、2兆1000億ドルとも言われています。


2017年の金融市場・経済に関する予想:ブラックストーン・サクソバンク・GS

2017年は、トランプ大統領やインフレ率の上昇などに注目が集まりそうですね。どのような市場になるのかブラックストーン、サクソバンク、ゴールドマン・サックスの予想を並べてみました。

FXで取引できる米ドル/円をはじめ、ユーロや人民元の予想もあります。

●各通貨の動き:週足チャート GMOクリック証券のFXネオ

通貨ペアの動き

2017/1/5


サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ