長年のFX経験を生かして、米ドル・円・ユーロを中心に為替相場の分析と予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. 米ドル及び米国ニュース
  2. 75 view

トランプ大統領が弾劾・辞任となれば・・・為替・株式市場はどうなる?

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

トランプ大統領のロシア疑惑事件で、辞任や弾劾の可能性が出ています。ロバート・ミュラー特別検察官の任命を魔女狩りだと発言するなど戦闘的な姿勢を崩さないトランプ大統領。

5月17日の株式市場は、この問題で大きく下げました。もし、本当に弾劾や辞任という事態が生じたら金融市場はどう動くのでしょうか。専門家の意見を確認してみましょう。

現役大統領の辞任ということになれば、ニクソン大統領の時以来。後世の人間からすると、ニクソン大統領はヒーローとなったケネディ大統領のライバルだったときの対比による暗さ。ウォーターゲート事件での失脚といいイメージを持っていません。

ただ、冷静にニクソン大統領の実績を見ると為替相場が変動相場制に移行するきっかけとなったニクソンショック・ベトナム撤退と力のある大統領でした。トランプ大統領とニクソン大統領の違いなどは広瀬隆雄氏の記事を参考にさせていただきました。

トランプ大統領が辞任した時に株価・為替はどうなる

さて、もし、本当に辞任まで話が進めば、金融市場はどう動くのでしょうか、FX・株を売買する人にとっては、とても気になります。まず、辞任までの為替・株価の動きが気になるところ。一時的にポジションの巻き戻しが起きるでしょうか、それまでのトレンドと逆方向に市場は動くでしょう。それからは、後継大統領の資質・政策が試されることに。

●NYダウ:GMOクリック証券 2017年5月19日

米ダウは上昇

リーマンショックで下落して以降は、ほぼ一貫して上昇。

「株式投資の未来」で、配当や生活必需品を重視した投資を奨めるジェレミー・シーゲル教授は楽観論!

株価がトランプ勝利後に上昇したのは、減税をはじめとした共和党の政策によるもの。ほとんどの人は、トランプ氏よりもマイク・ペンス氏を大統領として望んでいる。そのため、トランプ大統領が辞任すればNYダウは1000ポイント上がるだろうとの予想。

「ドナルド・トランプが明日辞任すれば、ダウ平均は1,000ポイント上がるだろう。マイケル・ペンス大統領と共和党こそ人々が望むものだ。」。熱く語るジェレミー・シーゲル

強気路線のシーゲル教授。トランプ氏個人のパワーを軽視しているような気がします。まだ政策が実現されていないにせよ、彼の剛腕があったから共和党の打ち出している政策があるような気がいたします。

デニス・ガートマン氏は、ドル安の原因はユーロの政治が選挙というハードルを無事乗り越えたことで、マネーがユーロに流れ込んでいるためのユーロ高こそが原因。そして、トランプ大統領が辞任すれば、市場は好感する。マイク・ペンス副大統領を信頼している様子。

ルペン候補が勝てば、ユーロ離脱すら言われていたフランス大統領選挙を超えて、為替相場はユーロ高へと変化。

●ユーロ/ドルの週足チャート:GMOクリック証券のFXネオ 2017年5月19日

ユーロは上昇

「(もしも辞任すれば)市場は好感するだろう。閣僚は極めて優秀であり、マイク・ペンス(副大統領)は手堅い仕事をするだろう。」あくまで楽観的な米株式市場は、一分ですでに大統領辞任を好材料とさえ考え始めている。デニス・ガートマン大統領辞任について

野村証券の為替ストラテジスト、池田雄之輔氏は、トランプ大統領弾劾リスクは低いと言う。弾劾には下院の過半数と上院の2/3の賛成が必要とハードルが高い。さらに、もし、辞任してもペンス副大統領の後継による政権は安定すると予想。

第2に、仮に辞任となった場合でも、ペンス副大統領が後継となるはずであり、政権運営はむしろ安定するとの見方に説得力がある。例えば、バノン首席戦略官やナバロ補佐官(国家通商会議委員長)といった過激思想を持つ一派がホワイトハウスから排除されれば、共和党はより強固な一枚岩になれる可能性がある。ロイター:トランプのロシアゲート疑惑

トランプの言うアメリカの本質はビジネスである。【政治家では絶対にアメリカは偉大にならない。ロビイスト・大口寄付者・利益団体にコントロールされているためである】という言葉を少なくとも半数近くの米国民がなるほどと思ったはず。マイク・ペンス副大統領で既得権益の廃止に進むことができるのでしょうか。

強気派の市場関係者は、共和党は減税とできる範囲での規制緩和だけしてくれて、外交・貿易は自由・グローバルに進んでくれればと楽観的に考えているような気がいたします。米国にはオバマケア廃止法案で影響力を行使したように、トランプ以上の強硬派がいることを忘れてはいけません。

米ドル及び米国ニュースの最近記事

  1. FRBは6月利上げで、2019年に金融引き締めになるシナリオ。いよいよ、景気後退&円高トレ…

  2. フェイスブックとファーウエイに見る米中貿易戦争の本気度!

  3. 2018年に米国株式市場は、弱気入りか?米ドルや新興国通貨がその兆候を示す!

  4. 米ドル高トレンド継続は、トランプ政権の好評価&世界経済の鈍化が理由?

  5. トランプ政権の減税&財政政策で双子の赤字登場懸念が強まる

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

FXスプレッドランキング

FXの予想&分析ニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ