長年のFX経験を生かして、米ドル・円・ユーロを中心に為替相場の分析と予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. FXトレードのノウハウ
  2. 74 view

FXで勝つために最も大事なのは売買を我慢すること

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

FXで勝ち利益を上げるために、最も大事なのは、トレードテクニックやマネーマネジメントではなく【我慢すること】。

これが出来ないと、幾ら良いトレードテクニックやノウハウを手に入れても水の泡。あっという間に投資資金を食いつぶすことになってしまいます。

私もFXを始める前は、売買せずに我慢することなんて簡単だと思っていました。でもね、これが意外に難しいんですよ。ついつい熱くなって売買するのが人間の性。


FXで利益を出すためには我慢が大事

ポジションを常に持ちたがるポジポジ病も損する典型的な症例。FXビギナーは絶好の売買チャンスを逃してしまうと、次に来たチャンスを逃したくないという思いが強すぎて、つい、売買しがち。

相場格言にある「休むべし」という言葉は本当に正しいなあと思います。どうしても我慢できない場合、デモトレードや1ドル~1000ドルの少額で取引するのが病を抑える一番の特効薬。

ポジションを持っている時は、楽しい以上に緊張感やスリルが強くて、人生そのもの、ヒリヒリする感じが味わえるはず。このスリルを味わう感覚でFXを取引している間は勝つことはできません。

ポジションを持つ時のメンタル

他のFXトレーダーの方で、最も大事なのはメンタルと言っている方もほぼ同じ意味合いです。それ程、売買せずに我慢するというのは難しいものです。上の図を見てもらうと分かるように、上級者になるに従いFXの面白さは減少していきます。

ゲームやスポーツもそうですよね。初心者でぐんぐん上達していくときがもっとも楽しいはず。

我慢できないのはどんな時

大事なことは、売買してはいけない時に我慢すること。リスクを恐れて売買しなければリターンは得られません。

こういう時に我慢することが大切です。

  • 取引で損失を出した後:損を取り返したい気持ちが強くあるため、安易に売買しがち
  • 絶好のチャンスを逃した時:取引していたら儲かったのに・・・この後が危険。大したことない売買シグナルで取引してしまい後悔しがち。
  • 軽い気持ちで売買した後:ちょっと取引してみようかと売買したら、思ったより儲かった・損したという時は危険。
  • レンジの逆張りで数回儲けた後:レンジの上で売り、下で買う、このパターンで利益を得た後は、慎重に売買判断しましょう。いつまでも同じパターンを繰り返して損を出すのは良くあること。

売買を我慢すると同時に、ポジション量にもご注意ください。1万ドルの取引で損したから取り返そうと2万ドル・・・・4万ドルと増やしていくとマーチンゲールの罠にはまり、大損してしまいがち。

大事なのは平常心。常にコツコツと同額を売買するのが先、利益が乗っている時にピラミッディングをするのはどんどん買い増していくより、買い増し量を減らしていく正三角形のピラミッドにした方が安全です。

解決策は、メンタルを鍛えること。といってもなかなか難しいでしょうから、ある程度、飽きるまで売買を繰り返しましょう。ドキドキする映画・ゲーム・ジェットコースターも何度も体験して慣れてしまえば平気なはず。場数を踏むのが一番良い解決方法です。

いかがでしょうか。FXで最も大事なことは、なんといっても売買を我慢すること。これが出来るようになれば、中級者になったと思っていいでしょう。

ちなみに、ファンダメンタルズ分析で最も大事なのは金利だと考えます。

FXトレードのノウハウの最近記事

  1. QUICK提供のドル/円建玉情報でFX投資家のポジションを確認

  2. オプションのNYカットとは:FXのニュースやオーダー情報に登場。

  3. FXで勝つために最も大事なのは売買を我慢すること

  4. 悪いニュースは買い、良いニュースは売る。という逆張り的なトレードスタイルを身に付けよう

  5. ゴトー日の仲値前は米ドル上昇しやすい!?FXで数十銭を狙うタイミング

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

FXスプレッドランキング

FXの予想&分析ニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ