長年のFX経験を生かして、米ドル・円・ユーロを中心に為替相場の分析と予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. FX業界ニュース
  2. 92 view

117億円の被害額:詐欺常習の伊藤正明氏の高配当FXファンド【シンフォニー】

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

年36%の配当が出ると顧客を勧誘していたFXファンドのシンフォニー。伊藤正明容疑者と石井真人容疑者の詐欺事件。シンフォニーという投資セミナー会社を窓口にコムズジャパンでFXファンドを運用するというスキーム。

集めたお金はなんと117億円、そのうち配当金として47億円を顧客に支払っているようで、使途不明金は約60億円。被害者は約3000人。

伊藤正明容疑者は、横領などで過去に7回告発されたとのこと。

集まった資金を私的流用して約7千万円を脱税したとの容疑が逮捕時の容疑で、国税はさすがというところ。

こういう詐欺事件は度々起きています。


シンフォニーは年利36%の高配当で顧客を勧誘

FXや株の専門家・プロというふれこみで私に預けたら、年利10%以上の高配当で運用しますよと甘い言葉で顧客を勧誘。最初は実際に配当を渡します。

これが、運用していないか失敗していて、新規顧客から預かったお金を旧顧客に支払うタコ足配当。それでも、高配当を貰った顧客が新規顧客を紹介するなどで、新規顧客が入ってくれば、会社として資金繰りは回ります。

いつか、新規顧客がストップするか、今回のように捜査のメスが入るまで続きます。

今回の伊藤正明容疑者は、シンフォニー以前にも様々な横領をしていたことから、こういった事件の常習犯の確率が高い。今回の高配当FXファンドも最終的な受け皿は、株式会社ワールドインフォーメーション、グローバルサポートが絡んでいる模様。代表は鑓水庸次氏。スキャルピングであろうとアービトラージであろうと損失が出るリスクはあります。アービトラージで大損したLTCMというファンドは、世界の金融システムを壊しかけた程。

株式会社ワールド・インフォメーション(代表取締役:鎗水庸次)、株式会社グローバルサポート(代表取締役:鎗水庸次)、Business Synergy Limited(ビジネスシナジーリミテッド)、Capital Works Investment Limited(キャピタルワークスインベストメントリミテッド)等が関与したW・Iシステム等と称した集団投資詐欺による被害が広がっています。

FX取引等で月利3%(年利36%)の配当が出る、スキャルピングトレードなので大損をしない、アービトラージなので理論上負けないシステムなどと謳って直接・間接に海外に送金させておいて、その後、突然、資金のほとんどが消失したなどとして出金要請に応じなくなるというもので、近時頻発している手口です。金融取引ドットコム

FXで一時的に勝てる方法を見つけたとしても永遠にその方法で勝てるとは限りません。常に改良改修を加えていかなければいけません。FXで儲かっているならば、わざわざ、自分以外のお金を預かり、様々な手続きを経て、顧客勧誘・サポートをする苦労をする人がどれほどいることでしょう。そんなことをするよりも自分のお金でFXトレードをしていればいいんですからね。

かつては、スワップポイントで確実に儲かるからと金利差収益を配当するFXファンドが流行しました。これも為替差損で損するリスクがあります。これからも、このような投資詐欺事件は無くならないと思います。

極端な高配当を約束するようなFXファンドはほぼ100%詐欺だと思ってください。なぜ、赤の他人にそんな美味しい話を勧誘しなければいけないのでしょうか。美味しい話を聞いたら、欲望に負けず、冷静に判断を行ってください。

所得税約7千万円の脱税容疑で逮捕されたのは、インターネット関連会社「シンフォニー」(名古屋市東区)社長の伊藤正明容疑者(47)と、資金を管理していた石井真人容疑者(43)。特捜部は18日午後、2人を所得税法違反罪で起訴する方針。捜査関係者によると、2人は3年以上前から投資家に「年利30%超」「利益を配当金で還元する」などと呼びかけ、100億円以上を集めたとされる。FXでの運用はなかったとみられ、投資家に返金した一部を除くと、約60億円が残っているはずだった。

ところが、捜査当局が確認できたのは石井容疑者宅などにあった現金約2億円と、国内の銀行口座の預金約6億円しかなかったという。海外の口座にも数億円あるとみられるが、捜査当局は「出資金が全額戻る可能性は低い」とみる。朝日新聞デジタル

海外のタックスヘイブンに関する機密文書【パナマ文書】が2016年4月3日に公表されましたので、こういった詐欺事件の流れが解明しやすくなるかもしれません。

参考サイト

FX業界ニュースの最近記事

  1. FX会社を標的にした大規模なサイバー(DDos)攻撃で、各社の取引システムがダウン

  2. 2016年1~6月にFXで儲けた人は3割未満と前年から大きくダウン。

  3. 日本で人気のあるFXポータルサイト

  4. FXの情報収集におすすめのポータルサイト:英語版

  5. 英国の国民投票実施の6月23日はFXのスプレッド拡大や窓開けリスクあり

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

FXスプレッドランキング

FXの予想&分析ニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ