<スポンサーリンク>

トレンドラインを引きやすいFX会社はどこ?

もっとも基本的なテクニカル分析がトレンドライン。昔から使われている分析方ですが、今でも有効な方法です。FXトレードにおいて、トレンドラインは、為替相場予測・エントリーと決済のタイミングを測るのに最適だと思います。

そのトレンドラインを引きやすいFX会社をいくつかご紹介します。

●米ドル/円チャート:DMMFX

トレンドラインを引く

為替相場はジグザグに動きながら、じりじりと上昇・下落するか横這いの3パターンで動いていく。このジグザグ度合いと向いている方向を確認しながらトレードしましょう。

トレンドラインは、日足・1時間足・5分足と様々なチャートで引きます。また、時折引き直しますので、引きやすく確認しやすい方が、FXトレードに集中できます。


トレンドラインを引きやすいFXチャートのポイント

  • ラインを見やすい
  • 複数のトレンドラインを引くことができる
  • 引いたラインの削除が簡単
  • 1時間足で引いたトレンドラインを他のチャートでも表示してくれる
  • 他のテクニカル分析と合わせて使うことができる。
  • チャートの安値・高値とトレンドラインのスタートを合わせやすい。

DMMFXのトレンドライン

●ユーロ/円の1時間足チャート

トレンドラインの使い方

DMMFXは、トレンドラインとフィボナッチリトレースメントを同じくくりにしているので使いやすい。

1時間足でトレンドラインを引いた後に、時間軸を5分足などに変更しても、トレンドラインは有効。時間軸を変えるごとに引き直さなくても良い。

トレンドラインは、できるだけ美しい形で引く方が良い。そのため良いラインを引くために様々な時間足で確認したいので、ここは大きなメリット。

●ユーロ/円の5分足チャート

image

欠点は、同じ起点から複数のトレンドラインを引けないこと。最安値から次の安値を繋いでラインを引いた後に、その次の安値に引くことができない。

下記のように、複数のトレンドラインやフィボナッチリトレースメントを引ければなお良いので、この点は残念。

複数のトレンドライン

DMFXは、スプレッドの狭さに加えて取引システム・チャートが使いやすい会社です。

SBIFXトレードのトレンドライン

SBIFXのトレンドライン

右側のメニュー欄に、トレンドラインやフィボナッチなどチャート上にラインを引くためのツールが揃っています。

ここの良さは、トレンドラインの引きやすさ。どこに引いていいか迷いがち&目で見て引くと少しずれている場合ありますね。その点、SBIFXトレードのチャートでは、安値や高値にラインを引こうとすると小さい四角マークが出て、ターゲットを合わせやすくしています。

さらに、ラインを引くと安値と高値が具体的な為替レートで表示されるのも小さい便利さ。同じ安値点から、何本でもトレンドラインを引けるのも嬉しいところ。

トレンドラインを引くことにかけては、かなり、使いやすいチャートではないかと思います。

SBIFXトレードはスプレッド最安値でもありますし、近年、シェアを伸ばしているFX会社です。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ