長年のFX経験を生かして、米ドル・円・ユーロを中心に為替相場の分析と予想を行うサイト。初心者向けにFXの戦略・戦術(兵法)を紹介しています。

  1. FXの基礎知識
  2. 14 view

2016年の日銀・FOMC・ECBの金融政策決定会合スケジュール

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

日銀&FRBの2016年金融政策決定会合スケジュールが8月7日の金融政策決定会合で決まりました。日銀の金融政策決定会合開催数は年8回と米FOMCに合わせる形です。従来は年14回。

2015年から2016年にかけて、米国の出口戦略となる利上げ、それを受けての日銀とECBが量的緩和で支える体制を三者で組むということでしょう。会合が開かれる時は、FXトレーダー注目の日に。ECBは2015年12月3日の理事会とドラギ総裁の会見に要注目。

3月10日のECB理事会では、追加緩和の可能性が高いと市場は予想。


日銀金融政策決定会合と米FOMC・ECBの日程:2016年

  日銀 米FOMC ECB
1月 28~29日: レポート 26~27日 21日
3月 14~15日 15~16日: 議長会見 10日
4月 27~28日: レポート 26~27日 21日
6月 15~16日 14~15日:議長会見 2日
7月 28~29日: レポート 26~27日 21日
9月 20~21日 20~21日:議長会見 8日
10・11月 31~11月1日:レポート 11月1~2日 20日
12月 19~20日 13~14日:議長会見 8日

レポートは、経済物価情勢の展望レポート公表月

日米欧の金融政策決定会合の日程スケジュールは、ほぼそろいました。3つの中央銀行は以前より連携を深めて世界経済の安定と成長に寄与していくことになります。2016年2月のG20でも通貨安競争の回避や中央銀行の連携に言及あり。

米国の政策判断を見極めた後に会合を開いた方が良いとの意見を指摘している方も。まあ、実際は、お互いにとことん連絡を取り合っているはず。FX・外貨預金で運用している人は中央銀行の金利に大注目。

各中央銀行のウェブサイト(スケジュール)をご確認ください。

FXの基礎知識の最近記事

  1. なぜ?FXのレバレッジ最大倍率を25倍から10倍に引き下げを検討中!

  2. 日銀の指値オペで金利コントロールの意思が明確に!米ドル/円は円安に動く。

  3. シムズ論を元にした財政・金融政策が日米でスタートすれば、将来はインフレになる?

  4. FOMCの利上げ予想確率を公表するCMEのFF金利先物【FedWatch Tool】!

  5. 2016年のジャクソンホールは、イエレンFRB議長が登場。混迷の金融政策を伺う指針を指摘す…

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

関連記事

FXスプレッドランキング

FXの予想&分析ニュース

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ