FXのデモ(バーチャル)トレードで仮想体験しよう。デモは実際の取引より利益が出やすいことに注意!

いきなり実際のお金を預ける・投資するのは不安という慎重派の方。その方が正しいと思います。FX初心者がいきなり実際に取引を始めるよりまずは腕試しをしておく方が賢明。

FX会社が用意している仮の取引(デモトレード・バーチャルトレード)を利用して操作や為替相場の動きを体験しておきましょう。デモもリアルもレート自体は同じ。約定速度や確率が違うだけ。


仮想資金を元に売買するデモトレードの目的

デモトレードは、仮のお金が数百万円入金されて、そのお金を元手に自由にFXの売買や操作を試すことができます。

数十万ドルのポジションを持ってみたり、新規~決済の流れを試してみたり操作の確認はもちろんのこととして、自分の相場観が通用するかどうかシミュレーション的に利用することも可能。

チャートや為替ニュースの閲覧もほとんどの会社で可能でしょうから、ほぼ、現実の取引と同じ環境。

●外為オンラインのデモチャート

FXの重要な武器であるチャートも使えます

デモトレードとリアルの違いは、入金されているお金が本当ではなく、仮想のものであるということ。だから、いくら損を出してもOK

仮のお金が入金

その会社の実際の商品設計、スプレッド(取引コスト)比較やスワップポイントが幾ら付くかという点も実際に確認できます。

FXデモトレードの注意点:利益を出しやすい

現実の取引と仮想取引においての違いや注意点をお知らせしておきます。

●外為オンラインのデモレートとニュース画面

外為オンラインのデモトレード画面

約定スピードが速い:デモトレードは、1万ドル、10万ドルなどポジション量にかかわらず瞬時に約定します。為替相場が荒れていても同じ。リアルの場合、相場が動いているとスリッページが生じて約定しないことが頻発します。

スリッページがない(少ない):上と同じく注文価格と約定価格に差が生じません。

心理的負担が少ない:利益が出ても損失が出ても仮の数字が増減するだけ。そのため、損切りや利食いが思い切ってできます。

大きなポジションを持ちやすい:現実世界で数十万円から数百万円は大きなお金です。競馬などでも100円の馬券を買うのと100万円の馬券を買うのとではプレッシャーが相当違うはず。選ぶ馬券も変わってくるでしょう。FXも同じです。

FX初心者をはじめベテランの方でも【デモトレードだと利益が出るのに実際に取引すると上手くいかない】という嘆きの声があがります。

その原因は、ほぼ同じ環境ながらわずかな違いとなる「約定」と「心理」「損切り」の3点!デモトレードだと、大損しても平気なためストップロスを入れない・幅を広く取ることになります。そのため、損切り回数が減り、利益が出やすい。

デモトレードのメリットを上手く生かそう

ポジションを持つ・決済する操作を覚えて為替相場の動きやチャートの使い方を身に付けることが出来る良いサービスです。ゲームで遊ぶときも慣れないうちは、誤操作や勘違いで失敗しますよね。

取引に失敗してお金が無くなった。期限切れになった場合は、再度申込を行うと何度でも利用できます。大事なお金を投資するわけですから満足できるまで使い倒しましょう。

そして、デモトレードで利益が出たから実際のFXでも上手くいくと調子に乗らずに慎重にポジションを持つことです。格言で「最初の損は最良の損」というように。

初心者は、まずルールを覚えよう!

焦って失敗する例が、デモで儲かった⇒リアルで上手くいかない⇒こんなはずじゃない。とのめり込んでいくケース。

デモトレードで売買する時は、先程の注意点を思い起こして取り組んでください。

デモトレードを用意している主なFX会社のリスト例

有名な会社では、SBIFXトレードは1ドルから取引出来る分、デモトレードを用意していません。

操作を覚える・値動きの癖を掴む・テクニカル分析をマスター・売買体験をするなどがデモトレードの目的!

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ