外為オンラインのオフセット注文は、損失が手数料だけのリスク限定取引

外為オンラインが新たに提供するサービスが「オフセット注文™」。2013年9月25日からスタートです。(特許出願済:特願2013-101231)

リスクを限定した特別な注文方法。いわゆるオプショントレードの一種。


オフセット注文のメリットと特徴

1.損失は手数料限定

決済期限までの間、どんなに相場が予想に反した方向に動いても支払うのは取引開始時の手数料のみ。
リスクを限定した取引です。

2.利益は追求できる

相場が、予想通りの方向に動いた場合はその分の為替差益を得ることができます。利益の方には制限がありません。

3.決済期限あり

1週間、1カ月の決済期限があり無限に取引継続することはできません。

これらの特徴から、オプション取引と似た取引になります。

オプション料を支払うことで買う権利(売る権利)を得ます。相場が思う方向に動けば利益を得られ、逆に動けば損失の最大額はオプション料。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

オフセット注文の取引手数料額は?

外為オンラインの公式ページを見ると、手数料や証拠金について下記の説明がありますのでご紹介します。

    • オフセット注文™は手数料が発生します。
      取引画面の手数料をご確認の上、お取引ください。
      手数料は相場状況、取引数量、期間によって変動します。
      手数料は新規注文時に発生します。
      オフセット注文™を行った場合でも、ロスカット、及び、証拠金判定(L25コースの場合)の対象となります。

また、手数料の例として、1万ドルの事例で【取引手数料:10,000円(変動)】となっていますね。

A:損失時のリスク

1.100円でドル/円の買い取引を1万ドル行う。
2.97円で決済し、通常取引の場合、3万円の損失が発生するはず。
3.オフセット注文の場合、損失は手数料の1万円のみ

B:利益時の取引

1.100円でドル/円の買い取引を1万ドル行う。
2.103円で決済し、通常取引の場合、3万円の利益が発生するはず。
3.オフセット注文の場合、3万円-手数料1万円で、2万円の実質利益。

※スワップポイント・スプレッドは考慮せず。

 

手数料は、利益・損失どちらでも必ず取られるので、損益分岐点(手数料分)を超える値幅を期待できる局面で使う取引方法です。例えば雇用統計など重要なイベント時で大きな動きがある時などがチャンスでしょうか。もしかしたらその折はちょっと手数料が高くなるかもしれませんが。

★2014年2月現在、「オフセット注文」のサービスは改良のため休止中・・・2013年12月9日(月)午前7時より

外国為替証拠金取引の外為オンライン

外為オンラインのTV-CMで使用されているNot yetが歌うCMソング「次のピアス」が、「ヒリヒリの花」のカップリングとして9月25日に発売されることになったそうで、おめでとうございます。

発売を記念して、キャンペーン期間中に本口座を開設された方から、抽選で合計1,000名様に、Not yet「ヒリヒリの花」(通常盤Type-A)CD+DVD(初回プレス版)をプレゼントいたします。外為オンライン

ヒリヒリの花

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ