中国人民銀行の会合とシャドーバンキングの規模

中国の短期金利が急騰し株価が下落する中、中国人民銀行の会合が行われました。

中国人民銀行

中国人民銀行の当局者は、「中国の流動性リスクは管理可能である」「期待を安定化させて市場金利を妥当な水準に誘導する」との見解を示しました
←やはり、市場金利に関する会合でした。

上海総合株価指数の終値は、終値は前日比3.52ポイント(0.18%)安の1959.51でした←かなり、下げ幅を縮小して大引けました。

中国人民銀行は、19時半前に「中国全体の流動性に不足はない」「金利の変動や信用収縮は徐々に収まる」「銀行システムの流動性管理のために様々な手段を利用する」「一時的に資金不足に陥った銀行に対しては必要なら資金供給する」「すでにいくつかの金融機関に資金を供給した」との見解を示しました←結構焦ってますね。

中国の複数銀行で週末からシステムの一時停止が相次ぐ。中国銀行、南京銀行、ICBCの3行は全て、サービスの一時停止はテクニカルな問題と発表

中国のシャドーバンキング規模

現在、シャドーバンキング市場は約350兆円規模に達するといわれている。ロイター

2012年9月末時点の残高は13.6兆元から24.4兆元の幅で推計されているとの見方がある一方、12年末で約28兆元(対GDP比54%強)にのぼるとの見方もある(以上、2012年12月5日、14日付金融時報中国語版、13年1月30日付経済参考報)。

IMFレポートは対GDP比40%と推計しており、一部中国国内では、これを上回る規模と見られていることがわかる。
華創証券によれば、2013年中に満期を迎える信託関連商品は3兆元を超える。アジアンインサイト

●中国の政府総債務残高の推移

政府総債務残高の推移 - 世界経済のネタ帳

●中国の実質GDPの推移

 実質GDPの推移 - 世界経済のネタ帳

2013年6月25日

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ