<スポンサーリンク>

年末に向けて8回目!のスプレッド縮小を行う

SBIFXトレードが、三か月間で8回目のスプレッド縮小です。来週の9月3日からスプレッド縮小を行うとのことで、ご紹介いたします。

FX業界、最高のスプレッドを目指すと事業を開始した時に宣言していた言葉通りに実行しています。

これだけ、スプレッドを縮小してくれるとは、文句なしにおススメできるFX会社です。

9月3日よりさらに縮まるSBIFXトレード

今回の変更は、ユーロ/円、豪ドル/円、ユーロ/ドルの3通貨ペアのスプレッド縮小です。

■変更内容:下記通貨ペア基準スプレッド(9月3日(月)オープンから)

■1~1万通貨注文
豪ドル/円:0.99(変更前)⇒0.89(変更後)
ユーロ/ドル:0.59(変更前)⇒0.49(変更後)
■1万1~5万通貨注文
ユーロ/円:0.79(変更前)⇒0.69(変更後)
■5万1~30万通貨注文
豪ドル/円:1.19(変更前)⇒1.09(変更後)
ユーロ/ドル:0.99(変更前)⇒0.59(変更後)

SBIFXトレードのスプレッド一覧表で他の通貨ペアも確認しましょう。

ユーロ相場が動く可能性:9月の為替イベント

本日、8月31日は、米FRB議長がジャクソンホールで講演を行います。前回のQE2(量的金融緩和)を行うことを示唆したのが、2010年のジャクソンホール講演でした。

そのため、可能性は薄いとはいえQE3の事を示唆するかどうかマーケットは注目しています。

さらに、8月の夏休みが終わり、9月はユーロ相場が動く可能性のある月です。

8/31:バーナンキジャクソンホール講演
9/6:ECB理事会、スペイン長期国債の入札:ユーロの利下げ、LTRO3、ECBによる債券直接購入などの可能性
9/7:雇用統計:悪化すればQE3の期待高まる。
9/12:ESM合憲判決:ドイツ裁判所次第ですが合憲の可能性は高い。
9/13:G20
9/14・15:EU財務省の非公式会合

8月後半に動きの止まっているユーロ相場がどう動くのか注目です。

SBIFXトレードのユーロ/円チャート

ユーロは、9月以降の為替に関するイベントの結果次第で動きそうです。チャートで見てみると8月後半以降動きが少なくなり、ユーロ高円安、ユーロ安円高のどちらにも動けそうな状態です。

SBIFXトレード

どのFX会社に口座を開こうか迷っている方にSBIFXトレードはおススメできます。口座開設は、上のバナーをクリックして公式サイトに進めば行えます。

オンラインでカンタンに無料で口座を持つことができますし、今なら口座開設で最大12,000円のキャッシュバックもあります。(2012年8月31日)

1ドルから取引できる点もおススメポイントの一つです。

SBIFXトレードの広がったスプレッド

2012年9月3日、取引システム内でスプレッドを確認すると、当たり前ですが、きちんと縮まっていました。

これから、年末にかけてFX相場を楽しみたい方・FX相場にチャレンジしたい方はSBIFXトレードをご覧ください。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ