メタトレーダー4(MT4)とはFXチャートが自慢の世界標準システム

メタトレーダーは、オンライントレードをプロに近い環境で取引するために開発されたチャートソフトで、世界中のFXトレーダーから高い評価を得ているチャートソフトです。

海外のFX会社は、独自の取引システムではなく、顧客にメタトレーダーを利用させる方法で事業を運営している会社が多くあります。代表的な例は、アルパリジャパン

メタトレーダーの魅力

メタトレーダーは、無料で使うことが出来る上に、日本語で取引できるソフトでいくつもの魅力(メリット)があります。チャートソフトとして非常に優秀なソフトです。

そのメリットを下記にあげておきます。

・高機能なチャートソフト
・独自のテクニカル指標をプログラム可能
・発注機能がある
・売買ルールをプログラムで自動売買可能
・売買システムの検証ができる
・テクニカル分析を自由に表示できる
・ヒストリカルデータをダウンロードできる
・デモ口座で仮想取引ができる

メタトレーダー4

メタトレーダーとEA

メタトレーダーの使い方としては、「高機能チャートソフト」と「自動売買」の二つがあります。自動売買は、「EA」と呼ぶ自動売買プログラム(ストラテジー)を利用することになります。

EAの入手

EAは、自分で作る事もできますが、作り方は少し複雑で、テクニカル分析とプログラムの両方についての知識が必要です。

そのため、誰かが作ったプログラム(EA)をお金を払って購入する形が一般的です。無料のEAもあります。

「メタトレーダー EA」で検索すると、様々なウェブサイトが見つかります。

FXメタトレーダー ベストインジケータパック (超トリセツシリーズ)

中古価格
¥1,560から
(2012/6/27 17:26時点)

メタトレーダーとEAのデメリット

FXトレーダーの中でもメタトレーダーの広まりは、まだまだ少ないと思います。

FXメタトレーダー実践プログラミング (現代の錬金術師シリーズ)

新品価格
¥2,940から
(2012/6/27 17:28時点)

システムトレードによる自動売買が増えるにつれて、人気は増していますが、完全に広がりきらない理由をあげておきます。

・使い方が難しく分かり難い
・EAは、誰もが作れるものではない。
・EA=自動売買は儲かるとは限らない。
・EA自体が有料のものが多い
・EAの選び方や購入場所が分からない
・FX会社がEAを提供することが行いにくい

FXメタトレーダー4 MQLプログラミング (ウィザードブックシリーズ)

新品価格
¥2,940から
(2012/6/27 17:27時点)

メタトレーダーを提供する業者

メタトレーダー自体がロシア製ということもあり、海外FXや外資系の会社が積極的にメタトレーダーを提供していました。最近は、日本の会社でもメタトレーダーを提供している会社が増えています。代表的な会社はフォレックス・ドットコムアルパリジャパンなど。

また、メタトレーダーとシステムトレード業界を二分しているのが、完全自動でストラテジーを選ぶだけのシステムトレード(自動売買)。代表的なシステムが、インヴァスト証券のシストレ24です。

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ